[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe^2: パルサースロットル アイドリングの調整
記事No7300   [関連記事]
投稿日: 2019/07/09(Tue) 19:40
投稿者おっちゃんNA8   <m1615r-ltd@ezweb.co.jp>
ご回答ありがとうございます。
無事調整出来ました。
この仕様、音といい、トルクといい、コストパフォーマンス以上のサイコーなものが得られました!

タイトルRe: パルサースロットル アイドリングの調整
記事No7299   [関連記事]
投稿日: 2019/07/02(Tue) 09:26
投稿者Mr,全噴   <4649@mecha-doc.com>
> おっちゃんNA8 さん

はじめまして。

N15スロットルにすると低回転からトルクがグンと立ち上がって気持ちイイですよね♪

確かにN15スロットルにはアイドルスクリューが付いていないので調整する仕組みが判り難いです。

エンジン制御が純正のままなら、ダイアグ端子を短絡してからバタフライのストッパーを調整して
スロットルを開けて調整する事になります。

もし、フルコン制御なら純正のISCVからアイドルスクリュー付きの物への変更をお薦めします。

お薦めパーツとしては日産RB20またはRB25用のAACバルブがお薦めです。

タイトルパルサースロットル アイドリングの調整
記事No7297   [関連記事]
投稿日: 2019/06/29(Sat) 09:08
投稿者おっちゃんNA8   <m1615r-ltd@ezweb.co.jp>
はじめまして。
数年前にパルサーN15スロットルを入手したのですが、アイドリングの調整方法がわからなく、特に今の時期から日中の暑さでは、回転が落ちてエンストする事が多々あります。
ノーマルの様にサービス端子をショートさせ、アイドルスクリューで調整しようとしましたが、スクリューが無いのでどうしたら良いかアドバイスを頂きたいと思います。
すみませんがよろしくお願い致します。

タイトルRe: 燃焼室フルスキッシュ加工について
記事No7296   [関連記事]
投稿日: 2019/06/19(Wed) 10:49
投稿者Mr,全噴   <4649@mecha-doc.com>
> kazuさん

はじめまして。
燃焼室スキッシュ加工についてのメリットとデメリットにしてのご質問ですね。

では説明して行きます。

殆どのDOHCエンジンの燃焼室形状はペントルーフ型という台形の立方形状です。

この形状がスキッシュエリアが一番多いので初爆からの燃焼が良く、
街乗りでの低中回転でトルクが出て乗り易いエンジンになります。

このペントルーフ形を保ったままNC切削加工する事を「フルスキッシュ形状」と言います。

メリットとしてはNCで切削する事で容積誤差が1cc以内で合わせられるので、各気筒の燃焼圧力が同じになりトルク、レスポンスが向上します。

デメリットとしては圧縮比を上げたり(11.0以上)、ブーストを上げる(1.0kg/cu以上)とノッキングやデトネーション(異常燃焼)が出易くなります。

圧縮比アップで11.0以上にするSHOPさんもありますが…
それでノッキングやデトネが起きないのは点火時期を落としているからです。
点火時期を落とす、という事は燃焼時間が短くなるのでピストンを押す力が弱くなります!
僕は点火時期や点火の閉角時間(コイルの充電時間)をいかに大きくして、
同じ排気量、同じ燃料噴射量でもピストンを押す力が強くなるように考えています。

しかし、チューナーさんそれぞれで考え方が違うので「これが正解」という物は無いですね。


次にヘミサークル形状について
これはIN側のスキッシュエリアを無くした形状です。

メリットはノッキングやデトネが発生し難くなるので点火時期を進められ、ブーストも上げられるようになります。
しかし、ヘミサークルでも限度はありますよ!(^^;

デメリットは低回転域でのトルクが細くなってしまいます。
更にセッティングでトルクを出そうとすると燃料を濃くするので街乗りでの燃費が悪くなります。

このヘミサークル形状にするのは燃費は気にせず中高回転でトルクとパワーを求める方にお薦めです。


最後にフルサークル形状についてですが
これはスキッシュエリアを全て切削した形状です。

メリットとして、この形状にすると圧縮比やブーストが極限まで上げられるようになります。

中高回転でのトルクとパワーが別物になります♪
排気音もガラっと変わりますよ♪

エンジンパーツが壊れないのを想定すれば圧縮比では13.0以上、ブースト圧では1.8kg/cu以上が可能になります。
ガソリンがレギュラーか、ハイオクか、レースガスか、にもよっても上げられる値には違いが出ますけどね!

燃費を気にせず「本気走り」をしたい方にしかお薦め出来ませんけどね!(^^;

ちなみに、昨今のエンジンは高圧縮で燃焼圧力+圧縮圧力でピストンを押す考えになっているので
異常燃焼を抑える為にスキッシュエリアを出来るだけ少なくしているようです。

NAで言うとND(少しスキッシュ有り)やホンダS2000が純正でこの形状ですね。
でもピストン側でスキッシュを作っている、と聞きましたが…
本当がどうかは定かでは有りません。(^^;

デメリットとしては街乗りでの燃費は5km/L以下になると思った方がイイかも!

フルサークル形状にするとパワーが出せるようになるので他にもやりたい事が出てくるので費用が重みます!

エンジンに200万円掛けても構わない、という熱い方でないとメリットよりデメリットが大きくなりますね。


以上、参考になれば幸いです。(^^)

タイトル燃焼室フルスキッシュ加工について
記事No7295   [関連記事]
投稿日: 2019/06/17(Mon) 11:19
投稿者kazu
はじめまして。
貴社のHPに記載されている燃焼室フルスキッシュ加工というものに
興味があるのですが、私がド素人であるが故、具体的にどんなメリット・デメリットがあるのかわかりません。自分なりに調べてみたものの、わからずにモヤモヤしておりました…
燃焼室に存在するスキッシュエリアを狭く?することで圧縮比をあげることが可能だということはわかったのですが、エンジンというものは非常に複雑で知れば知るほどに沼にハマってしまいます。。。
調べるとペントルーフ、フルサークル、ヘミサークルなど他の言葉も出てきて、なおさら混乱しております。
知り合いにあまり詳しい人間もおらず、また近くにショップなどもないことから、このような掲示板のあるメカドッグさんに投稿させていただきました。お手すきのときで構いませんので、ご回答お願いします。

タイトルRe: エンジンチューン ピストンの選定
記事No7294   [関連記事]
投稿日: 2019/06/01(Sat) 10:11
投稿者Mr,全噴   <4649@mecha-doc.com>
> IDAさん

はじめまして。
ピストンのご相談がメインそうですね。
メカドックでもピストンを扱っているのに他メーカーのピストンの相談をするとは大端な方ですね。

例えばTODAさんに「東名のカムはどうですか?」と聞いている事と同じですからね。(^^;

でも折角書き込んで頂いたのでアドバイス致しましょう。

純正の鋳造ピストンを使うか、鍛造ピストンを使うかはチューニングレベルによります。
ようはピストンスピードがどの位早くなっているのか、ですね。

パワーによっても耐久性は違いますが264度程度ならパワーは200馬力以下でしょうから鋳造でも十分持ちます。

が、200馬力以下でもフライホイールを軽くしたり、デフのギヤ比を低く(4.5以上)すると、ピストンの上下運動のスピードが早く成り過ぎてピストンのボス部が破損します。

そういう場合にはパワーが出て居なくても鍛造にした方が安全で耐久性も出ます。

判っていると思いますがパワーを出すと耐久性は落ちます。
年間3万キロ走行で3年持たせる、という事は9万キロ走行になりますね。

という事は新品エンジンでも9万キロ走行すれば各部の不具合が出るわけですから、
制作するエンジンは新品と堂々レベルまで仕上げた方が良いです。

カム、バルブ、バルブSP、バルブガイド、クランク、コンロッド、オイルポンプなど。
ヘッド、ブロックの側以外は全て新品にしないと壊れると思いますよ。

疲労した部品に更に負荷が掛るようになれば破損するまでの時間が短くなる!判りますよね。(^^;

ちなみにサーキット走行1回で約2万キロの負荷が掛かる、と言われています。
年間5回走行するとなると、1年で10万キロ走行の負荷がエンジンに掛る訳です。

となるとIDAさんは最低でも2年に1回はエンジンを開けてメンテナンスのOHが必要ですね。

壊れたらステップアップしてエンジンを作り直す、という考えなら壊れるまで使って良いと思います。

エンジンを自分で作るのか、ドコのSHOPさんで作るのか、判りませんが…

ただパワーが欲しいだけでは無く、まずは明確な目標値を決めないとパーツ選択が出来ませんよ!

ドコのサーキットで何秒出したいのか。
パワーは何馬力出したいのか。
レスポンス重視でコーナーからの立ち上がりを早くしたいのか。
パワーを上げてストレート区間での車速を伸ばしたいのか。

現状のサスペンション、ダウンンフォース、冷却効率、制動効率との絡みも有ります。

ご自分で制作するので有ればまずは目標値と車両の現状を教えてください。

SHOPさんで制作するのであれば、SHOPさん毎に考え方が違いますから依頼先とご相談される事をお薦めします。

タイトルエンジンチューン ピストンの選定
記事No7293   [関連記事]
投稿日: 2019/05/31(Fri) 10:33
投稿者IDA
はじめまして
IDAと申します。このたび愛車NA8のエンジンをOHするついでに
チューニングも視野にいれているのですがピストンをどうしようか
迷っておりました。

無難にNB後期のハイコンプピストン(圧縮比10.6)を使用するか
戸田の鍛造ハイコンプピストンを使用するかです。

他のメニューとしては、クランク延長や燃焼室フルスキッシュ加工
純正コンロッド軽量化、NB後期オイルパン&バッフル流用
戸田 強化オイルポンプ マルハ ビッグバルブ 
ピストンアキュールコートを予定しておりました。
現在はミクニ ヨシムラTMRキャブ
戸田インナーシムキット 戸田ハイカム IN/EX 264/264
軽量フライホイール 重量たしか3.7kg
ECUはLINKのプラグインタイプで点火のみ制御しております。
現在よりも高回転でのパワーと、欲をいえばある程度の耐久性もほしいです。エンジンは現在8000rpmまで常用しており、レブリミットは8500にしてあります。点火カットにしているとはいえあまりレブらせたくはないので、、、
また、通勤から峠、年に5回程度のサーキットまでこの一台で行っているので年間の走行距離は3万キロ程度です。
ある程度の耐久性というのは、2年か3年持てば良いと考えておりますが上記のメニューまでやって、純正流用のピストンで大丈夫なのか?と少々不安になってきました。。。価格に大きな差はありませんが、別途ボーリングの必要もあります。そう考えると気軽な変更はできないのですが、やはり戸田のピストンを使用した方が耐久性は上がるのでしょうか?

タイトル9123
記事No7292   [関連記事]
投稿日: 2019/05/12(Sun) 05:49
投稿者オメガ時計 コピー
参照先https://www.bagtojapan.com/clocks/omega/index.html
ブランドコピー時計(N級品)激安通販専門店
世界一流のブランドコピーブランド時計の卸売と小売を行っております。
業界でも高い知名度と好評度を持っております。
弊社は進んでいる生産設備成熟な技術と研究部門を持っており、コピー時計のパーツは直接にメーカーから買い、それを組み合わせます。
主な取り扱いブランド:ロレックス時計コピー,パネライ時計コピー,ウブロ時計コピー,ブライトリング時計コピー,IWC時計コピー,
フランクミュラー時計コピー,カルティエ時計コピー,ベル&ロス時計コピー,オメガ時計コピー,ショパール時計コピー,コルム時計コピー,
パテックフィリップ時計コピー,ヴァシュロンコンスタンタン時計コピー,オーデマピゲ時計コピー,ブルカリ時計コピー品を扱っております。
他にも各種ブランドのブランドコピー品多数、取り扱っております。
以上 宜しくお願い致します。(^0^)
広大な客を歓迎して買います!── (*^-^*)
■ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

タイトルRe^3: NA8の4スロ、フルコン化について
記事No7277   [関連記事]
投稿日: 2019/03/29(Fri) 08:50
投稿者Mr,全噴   <4649@mecha-doc.com>
工藤様

ゴルデンウィークは休日に関係無く、通常営業しております。
※月曜日が祝日なので7日火曜日がお休みです。

5月まで日が有りますからメールでのお話しでも構いませんよ。(^^)

僕も楽しみにしておりますので是非お越しください。

タイトルRe^2: NA8の4スロ、フルコン化について
記事No7276   [関連記事]
投稿日: 2019/03/28(Thu) 15:31
投稿者工藤
ありがとうございます。
そちらに行くとなると、5月のゴールデンウィークあたりになると思います。
そちらでゴールデンウイーク中に都合の悪い日や定休日があればそこを避けて行きますので、教えてください。
商談、楽しみにしております。よろしくお願いします。