Mecha-Doc Blog - メカドックが語る!そこまで言ってもホントにいいの?ぶっちゃけブログ!

[トップに戻る] [ワード検索] [Admin] -->

Date: 2018/06/22(Fri) soppyアルト、車検 D  
8858.jpg 早々に部品を手配して本日入荷予定。

その間にサポートも一緒に痛んだ耐熱塗料と錆を落として再塗装。

言葉では短いですが、5時間掛ってます!

午後からの赤ファミの作業が出来無くなってしまった!!

この車両もスンナリと終わらないですねぇ↓(−−;

Date: 2018/06/22(Fri) soppyアルト、車検 C  
8857.jpg キャリパーを取り外して分解。

ピストンやシリンダー内に傷は入って無い。

という事はオイル漏れの原因はシールの劣化。

しかし、前回の車検でオーバーホールしている!
それに600度対応の耐熱塗料も薄くなって少し錆が出て来てます。

この状態になる原因を推測すると…ブレーキ廻りの冷却不足?!

ローターもNA6を使って純正のソリッドからベンチレーテッドに変更してあります。

それでも高温になってしまうという事は、恐らくタイヤハウス内の空気が流れ難いんでしょうね!!

バンパーに穴を開けて空気が入るようにした方がイイかも。。。

Date: 2018/06/22(Fri) soppyアルト、車検 B  
8856.jpg オイル漏れの点検はブーツをめくって漏れが無いか?点検するんですが…

めくったらフロントキャリパー左右共にオイルが噴き出した!

ありゃりゃ!!

これはオーバーホールしてシールを交換しないとダメですね。。。

Date: 2018/06/22(Fri) soppyアルト、車検 A  
8855.jpg エンジン廻りの点検ではフロントカバーに結構なオイル汚れが出ていたので洗浄。

他には問題無し。

次に下廻りの点検。

ブレーキをバラしてタイヤとパット、ライニングの残量を点検測定。
フロントパットの残量が2mmしか無かったので、以前購入されて持っていたメカドックオリジナルのパットに交換。

このフロントキャリパーはNA6ロドスタ用を移植してます。

このキャリパーはロドスタでは小さ過ぎて役不足な一品。
ブレーキ制動にコダワル人はNA8(NB1)やNB2のキャリパーに交換しますよね。

しかし、ロドスタでは役不足な物でも、アルト&ミラに使うと最強のブレーキに激変します!

フルブレーキしたら4点ベルトを付けていないと危ないくらいに車速が急激に落ちます!!

先日、秩父峠でS15とバトルしたそうな。
その際にコーナーの進入のブレーキ区間だけで引き離したらしい!!

5車身くらい離れてブッチギリにしたそうな!!!

この流用はお薦めなんですが…問合せが一件もありません↓
メカドックで制作する物はコア過ぎるらしい。。。(^^;

点検作業の最後にブレーキオイルの漏れ点検をしたら…。

Date: 2018/06/22(Fri) soppyアルト、車検 @  
8854.jpg 今日は久し振りに日が射す位に晴天♪

こういう日は外での作業日和なんですが…

本日は朝から整備士講習で4時まで出掛けております。

昨日はsoppyさんのアルトの車検整備。

19日の火曜日の夜にお預り。
入庫前に自作業で一通り整備したそうなので、点検するだけで午前中に終わらせて赤ファミリアの補機類を取付ける予定。

だったんですが…。

Date: 2018/06/21(Thu) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉜  
8853.jpg 赤ファミにデフはオーバーホールに使う部品の入荷待ち。

昨日、7Mのクランクが歪み修正から上がってきました♪

土曜日までに赤ファミを終わらせたいのでチトこちらを優先させて頂きます。m(_ _)m

エンジン廻りの補機類を取付けていて2回自然に抜けたEVCに繋がるシリコンホース。

間に入っているフィルターにオイル溜まりが!

シリコンホースは耐久性が短いのでオイルを吸い込んで「抜け癖」が付いてしまってます!!

峠アタック中にホースが抜けたら危ないので、ホースとフィルターは新品に交換して置きましょう。

本日、エンジンに火が入る予定です。

Date: 2018/06/21(Thu) 工具メンテ 寝板 終  
8852.jpg 工具に老舗、モノタロで購入した新品のキャスター。

1個約700円。

これを6個¥4,530−で購入。

この価格だと安い寝板が買えちゃう!!

でも、お客さんが「使ってくれ」と折角置いて行ってくれたんだから大切に扱わないとね♪

大事に使わせて頂きます。(^^)

Date: 2018/06/21(Thu) 工具メンテ 寝板 A  
8851.jpg キャスターの軸部が割れてます。

4年も使ってこの寝板に寝てミッションを降ろして、人間の体重+ミッションの重量も掛れば割れますよね!(^^;

Date: 2018/06/21(Thu) 工具メンテ 寝板 @  
8850.jpg 昨日は雨!
結構強く降った所もあったみたいですね!!

工場は雨が入り込んでしまう感じだったのでシャッターを2/3締めてました。

作業で使っている寝板。

お客さんのsoppyさんが置いて行った物で、使い始めて4年かな!

車(キャスター)部分がひび割れてきたのでメンテしました。

Date: 2018/06/20(Wed) 山岸板金、ライフ 車検整備 終  
8849.jpg 今朝から雨!

東北、関西と地震が続き、緩んだ地盤で被害が拡大しないか心配ですね!!

昨日は「車検あるある」で不合格だった山岸板金のライフを朝一で再検査をしに所沢陸事へ。

タイロッドエンドブーツの点検確認だけなので直ぐに合格。
やっと車検が終わりました!(−−;

工場に戻って赤ファミリアのエンジン補機類の取付作業。

赤ファミのオーナーさんがデフの件でご相談をしにご来店。
最初は歯当たり調整をして修理する方向でしたが、部品取り車のファミリアのギヤを使う事に変更となりました。

このギヤが使えるのかどうか、はバラして組み立ててみないと判りません。

今度はスンナリ行く事を願うばかり。。。(^^;

Date: 2018/06/19(Tue) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉛  
8848.jpg 日曜日の朝からブログを見たお客さんが二人ほどエンジン搭載のお手伝いに来てくれました♪

やはり手が多い方が楽♪

本当にありがとう御座いました。m(_ _)m


問屋に問い合わせていたファイナルギヤの納期回答。

月曜日の夜に自宅から工場へ戻って来て、返信のFAXを見たら…

予想していた通りの「廃盤」という文字。。。

ですよねぇぇぇ↓↓(T。T;;

Date: 2018/06/19(Tue) 中華料理 酔仙楼 「中華丼」  
8847.jpg 日曜日の食べ歩きは5人のお客様と酔仙楼へ。

今回注文したのは中華丼。

アンは丁度良い濃さでチョイ甘なのでご飯が進むお味♪

具はサッと炒めた程度で素材の味がしっかりとして美味い♪

これもチトハマりそう。(^^)

Date: 2018/06/17(Sun) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉚  
8846.jpg バックラッシュ調整が済んだ後、光明丹を塗って歯当たりの最終確認。

すると…

奥側半分しか噛んでいない「トー当たり」という状態!

これはギヤの摩耗が進んで噛む位置が奥にズレていっているのでギヤの交換、もしくは調整が必要。

調整はピニオンギヤをリングギヤから遠ざけるようにするのですが…
それにはピニオン下側にあるスペーサーをベアリングを壊して抜いて薄い物に交換。

ベアリングも新品に交換して、また組み立てて歯当たりを確認します。が…

大概1回では歯当たりが出ず、2〜3回組み直しが必要!
つまり、、、工賃+ベアリング+スペーサーの費用が組み直し分掛る事になります!!

25年間で16万キロ、スポーツ走行でも使ったギヤが減るのは当たり前ですね。

オーナーさんと連絡を取り相談して、リングギヤがまだ出るならギヤを交換。
廃盤なら歯当たり調整をする方向で再見積もりを提示する予定。

問屋に問い合わせた納期回答を火曜日に見るのが怖い!!!(−−;

Date: 2018/06/17(Sun) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉙  
8845.jpg バックラッシュをダイヤルゲージで計測しながら0.05〜0.10mm以内になるように調整。

リングギヤを回しながら計測した際に

「外す時も回り方が重たかったけど、、、重いままだなぁ!」

と感じていて何か嫌な予感がしてました。。。

Date: 2018/06/17(Sun) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉘  
8844.jpg エンジン搭載はお客さんの手を借りながら行う予定。

準備が出来た後、デフにLSDを組み込む作業を開始。

塗装の為に抜いたピニオンギヤを組み込んで、LSDにリングギヤを付けてデフに取付。

Date: 2018/06/17(Sun) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉗  
8843.jpg 昨日は「寒の戻り」って感じで寒かった!

長袖のツナギにしましたが、それでも寒くてドカジャンを着込みましたね!!

老人はこういう気温変化に付いて行けません↓(^^;

さて、赤ファミリアは来週の土曜日には完成させたい。

エンジンとミッションをパイルダーオンさせてクラッチのレリーズフォークの遊びシロを確認。

すると…んっ!遊びが多い!! なんで??

もう一度ミッションを外して流用レリーズカラーを確認してみたら…
純正形状クラッチ用にワンオフ制作したレリーズカラーだった!(><;

ATSのカーボンクラッチは純正レリーズベアリングを使うタイプ。

対してOS技研、ORC(オグラクラッチ)のクラッチはカバーのSPプレートの位置が純正カバーの位置より奥になっているのでKIT付属の専用レリーズを使います。

なのでレリーズベアリングの位置が奥になるように設計して流用レリーズカラーを作っていたのですが…

この赤ファミリアは製品を切削加工して短くしてあったんでした!(><;

OS技研、ORC(オグラクラッチ)のクラッチに使える商品の在庫は有ったので交換して、再度ミッションをパイルダーオン。
※焦って急いでいたので画像は撮り忘れ!!(^^;

レリーズフォークの遊びシロを確認してOK。

エンジン搭載の準備をして明日に備えました。
搭載前に交換出来て良かった!(^^;

Date: 2018/06/16(Sat) 山岸板金、ライフ 車検整備 F  
8842.jpg 以前ブログで書き込みましたが、メカドックではブーツ破れの際にはピロボールの劣化も考慮してタイロッドASSYで交換します。

このタイロッドのピロも抵抗無くスコスコ動いてしまう!

ピロがもうヘタっている状態ですね。。。
でも、これは代車。。。

山岸社長も「安く上げて♪」とのご依頼なのでブーツのみを交換。

問屋が急いで持って来てくれたブーツを打ち込んで交換作業終了。

火曜日に再検査で持込ます。

何でこんなにスンナリと終わらないんだろうか?!(−−;

Date: 2018/06/16(Sat) 山岸板金、ライフ 車検整備 E  
8841.jpg 陸事から戻る前に問屋に在庫確認の問合せをし、在庫アリとの事だったので早々に発注。

工場に戻り確認してみると…

ブーツから飛び出した、ホコリや砂が付いて居ないグリスがタイロッドに付着してました。

やはり点検後に破れたようです↓(−−;

Date: 2018/06/16(Sat) 山岸板金、ライフ 車検整備 D  
8840.jpg 昨日から雨が続きますね!

環境や農作物には雨は必要ですが、工場は外も作業場なので余り嬉しく無い↓

その雨の中、山岸板金のライフを所沢軽陸事に車検の持込に行って来ました。

タペット調整をしたのでエンジンが調子良くなって気持ち良く回ります♪

しかし…
下廻りの検査でタイロッドエンドのブーツが破れているのが発覚!
不合格となりました!!

点検で確認した際にブーツは破れて居なかったのに!!!!

点検時では切れて無かった電球が検査時に切れてしまった、と言う事がしばしば起こります。

今回はそれと同じパターンですね。(><;

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉖  
8839.jpg イニシャルトルクが指定通りになっているのかもチェック。

計測したらキチンと設定されてました♪

本日、このLSDを組み込んでデフを組立ます。

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉕  
8838.jpg 早々に箱から出してチェック。

前のLSDはケースから出さないとリングが見えませんでしたが、今回の物はサービスホールから見えます。

矢印の部分に若干の角度が付いているので1.5WAYですね。

でも…もうチト角度を付けてもイイと思うんですが…

その辺はメーカーさんの考え方ですね。

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉔  
8837.jpg ATSに発注してから1週間!

イニシャルトルク指定のLSDもやっと入荷しました。

お待ちしておりました♪

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉓  
8836.jpg パイピングを制作しながら合間にデフカバーの塗装。

またbeforの画像を撮るのを忘れていました!

マジでブロガーのセンスが無いと実感↓(^^;

オイル汚れと白サビで汚かったので洗浄して綺麗にしました。
洗浄の際と塗装の際にJB23Wジムニーのオーナーさんが来ていたんですが

「そこ見えませんから!」

と言われて飽きられてましたが…
見えない所だからこそ綺麗に仕上げたい!!

見える所だけ綺麗にして、見えない所はそのまま。。。
それって「手抜き」に思えてしまうんですよねぇ↓

塗装すればしばらくは錆も発生しないし。

見た目はイケメンでカッコ良くても、脱いだらくたびれてボロボロのパンツを履いているのと同じじゃないですかね!!

そんなヤツに僕は魅力を感じません。

僕はヨレヨレのパンツを履いてますけどね。(^^;

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、ABS廃止 ㉑  
8835.jpg 1日掛りで出来あがったパイピング。

右フロントのパイプは付いていたパイプを曲げて加工+長さ調整切断加工しました。

PバルブはABS無しと同じ部品だったのでそのまま使用しました。

センスが無い割には綺麗に仕上がったと思います。(^^;

シリンダー下に来るダイナモのベルト調整も出来るようにもパイピングの配置を考えて整備性も考慮してあります。

後はマスターバックのワンウェイバルブ入りのバキュームホースの問題が!

ABS無しのホースを使えばボルトオンで簡単に終わるんですが…廃盤!!

使えそうなRX-8のホースを問い合わせたら「納期未定」との回答。。。

さて、どうするか?!
マジですんなりと行かない。。。(−−;

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、ABS廃止 S  
8834.jpg パイプベンダーは2種類持っていて、鋭角に曲げる時と緩やかに曲げたい際で使い分けてます。

曲げる際に角度だけでは無く向きも関係して来るので、曲げては確認し、また曲げての繰り返し。

言葉では簡単で短いんですが…

パイピングのイメージをして、曲げて、微調整して、、、
結構時間が掛るんですよ!

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、ABS廃止 R  
8833.jpg 先端を広げたらNA6パイプから抜き取ったフレアナットを入れて当たり面を確認します。

しっかりと確認しないとオイル漏れの原因になりますからね!

そしてパイプベンダーでパイプを曲げて行きます。

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、ABS廃止 Q  
8832.jpg 各部に使う配管の長さは計測しているので、その長さでパイプをカット。

フレアナットが付けられるように先端をパイプフレアという工具で広げます。

広げると先端が割れたり、ヒビが入る事があるので工具の先端にグリスを付けるのが綺麗に仕上げるコツ。

グリスはオイルに混ざっても大丈夫なラバーグリスを使います。

Date: 2018/06/15(Fri) 赤ファミリア、ABS廃止 P  
8831.jpg キノクニから届いたブレーキパイプの部材。

特注ブレーキホースで繋ごうとも思いましたが、1本約¥10,000−。

それを4本とホースを繋げるジョイントの部品代価格は約¥57,000−。

これに工賃を入れると…結構高くなる!

「パイプで作るとどうなる?」と思い再見積もりを取ったら部品代は¥2万円ちょっと!!

それでパイプで制作する事に変更して取り寄せました。

見た目も純正っぽくなって綺麗になると思います♪
でもパイピングの取回しはセンスが必要ですけどね。。。(^^;

長い巻きのパイプがキノクニ製。

真ん中のパイプはロドスタNA6用のパイプで、付いているフレアナットだけを使う為に取り寄せました。

キノクニでもフレアナットは販売してますが、値段が¥1,500/1個とお高い!

NA6用パイプは1本に2個付いていて¥1,130−。
純正品の方が精度も良いし、安いなら純正が一番ですからね♪

同じ物を作るなら耐久性が有って漏れの心配の無い物の方がイイですよね。(^^)

Date: 2018/06/14(Thu) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉒  
8830.jpg タンクの固定は丁度イイ所にVProの圧力センサーを止めるステーが有ったので、それを共有して取付。

イイ感じに付きました♪

昨日、キノクニからブレーキパイプ制作の部材が届いたのでこれから作業。

配線の制作と取回しは得意なんですが…パイピングは今一自信が無い↓↓

人それぞれに得意不得意が有るし、センスの有る無いがありますからねぇ!

綺麗なパイピングの取回しをイメージして頑張ります。(^^;

Date: 2018/06/14(Thu) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH ㉑  
8829.jpg ブレーキのタンクを加工して差し込み口を作るのは怖い!

漏れの原因にも成りますからね!!

「無い物は作る」の発想でバイク用のオイルタンクを使い、クラッチ専用のオイルタンクを増設します。

これはブレンボ製なんですが、送料の方が高い位で以外に安かった♪

Date: 2018/06/14(Thu) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH S  
8828.jpg でもパイプに繋がる向きが純正よりチト斜目なのですが、これはパイプを曲げれば簡単に付きます。(^^)

ホースも付いているので通常ならホースをブレーキのタンクに繋げたら終わりなんですが…

今回、ABS廃止で使うブレーキのタンクにはホースの差し込み口が無い!

Date: 2018/06/14(Thu) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH R  
8827.jpg 赤ファミリアのLSDが入荷するまでの間に出来る作業を進めます。

ミッション保護の為にメーカーが採用しているワンウェイバルブが内蔵されているクラッチのマスターシリンダー。

このワンウェイはクラッチを踏んだ際にはオイルがダイレクトに流れて、離した際に抵抗が掛ってオイルがゆっくり戻るので、クラッチミート時のギヤへの衝撃を緩和させています。

このワンウェイバルブも一生物では無く、定期的な交換が必要!
しかし…バルブどころかシリンダーASSYは「廃盤」↓↓

純正のNBターボにも同じワンウェイのクラッチシリンダーでしたが、現在では廃盤!

白ファミリアで使った今でも手に入るシリンダーを使い交換します。

Date: 2018/06/14(Thu) 山岸板金、ライフ 車検整備 C  
8826.jpg プラグホールからのオイル漏れ修理で部品待ちをしている山岸板金のライフ。

入荷待ちの間に、折角ヘッドカバーを外しているんだからタペットクリアランスを調整して上げようと一手間。

4年前、エンジンを載せ替えた際に調整しましたが、4年経過すればクリアランスは広がりますからね!

タペット式でクリアランス調整をしていないエンジンは調整するとガラっと調子良くなりますよ♪

GC110ケンメリのオーナーさんはマメに調整しているのかなぁ?(^^;

Date: 2018/06/14(Thu) ローター内径拡大加工  
8825.jpg テクニカルBBSにてご依頼を受けたローターの内径拡大加工。

68φ→72φに拡大しました。

切削作業は研磨屋に外注で出したんですが、昨日上がって来て仕上げのバリ取りして完成。

メカドックではこういう加工のみの依頼も承っております。

Date: 2018/06/13(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH Q  
8824.jpg 錆止め剤入りの黒スプレーを下地に塗って、二度噴き目でシャシブラックを塗装。

んんん、綺麗になりましたね♪

これで当分の間、錆は出ないでしょう♪

早く来い来いL・S・D♪(^^)

Date: 2018/06/13(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH P  
8823.jpg そうそう、LSD入荷待ちの赤ファミリアのデフケース。

折角バラしてるんだから錆だらけの状態で組むのも何か気に入らない!

そこで、今回購入したジェットタガネで錆を綺麗に落として塗装します。

Date: 2018/06/13(Wed) 山岸板金、ライフ 車検整備 B  
8822.jpg プラグを外したら…

オイルが垂れてオイルまみれに!

記録簿をみたら40,000km使用しているし、3本共にリークも始まっていたのでプラグも交換する事に。

この車両も部品待ちとなりました↓(−−;

Date: 2018/06/13(Wed) 山岸板金、ライフ 車検整備 A  
8821.jpg まずはエンジン廻りから点検。

プラグを取り外すのにダイレクトIGNを外したら3番気筒のプラグホール内にオイルの池が!

これもすんなりと終わらんのかい!!(><;

Date: 2018/06/13(Wed) 山岸板金、ライフ 車検整備 @  
8820.jpg 昨日の作業は

・白楽天ND5 アライメント調整回送引取
・JB23Wジムニー ユーザー車検代行
・山岸板金ライフ 車検整備、部品出し
・7Mエンジン クランク組込

と、何ともドタバタでした!(><;

ちなみに赤ファミリアはブレーキ移植に使う部品とLSDの入荷待ちです。

このライフは以前、山岸会長の足車でしたが、今は山岸板金の代車になってます。

何事も無い事を祈りつつ車検整備を開始。

Date: 2018/06/12(Tue) 頂き物  
8819.jpg 梅雨入りしてからどんよりした日が続きますねぇ!

昨日はTシャツ1枚ではチト寒いくらいでした!!

以前修理したゼロクラウンのオーナーさんが日曜日にご来店。

キッチリと治したお礼に、とタオルとずんだ饅頭を頂きました♪

僕は普通の事をした(DENSOに依頼した)だけなんですけどね!
でも、、、マジで嬉しい♪♪(^^;

納車後はバッテリーも上がらないようになって調子が良いとの事。

感謝して頂ける事もあれば、信用が無くなる事もある!
まあ商売をやっていれば好き嫌いに別れる客が居て当たり前ですよ。

僕も万人に受けが良いような事はしませんしね!!

これからも、数あるSHOPの中からメカドックを選んで頂いたお客様の要望に「愛情とコダワリの作業」を手を抜かずにするだけです。(^^;

今週は作業が重なっているので、ちとバタバタするかも!
でも…天候がヤバそう!!!!(><;

Date: 2018/06/10(Sun) 赤ファミリア、ABS廃止 O  
8818.jpg 上回りの塗装が乾いたのでマスターバックとシリンダーを取付。

当たり前ですが、ABSに付くパイプの向きが全く合わない!

BG8ZのABS無しのパイプが部品で出れば楽なんですが…

勿論、廃盤になってます↓(−−;

なのでパイプを制作する事になります。

特注のホースで行くか? パイプを曲げて作るか? 思案中。。。

Date: 2018/06/10(Sun) 赤ファミリア、ABS廃止 N  
8817.jpg 錆を落とした後、塗装して終了。

メンバーにはシャシブラックでは無く、錆止め剤入りの塗料で塗りました。

綺麗になるのは気持ちがイイ♪(^^)

Date: 2018/06/10(Sun) 赤ファミリア、ABS廃止 M  
8816.jpg ジェットタガネで落とした後、ワイヤーブラシを掛けると…

綺麗に錆が落ちました♪

まだ凹の部分に錆は残っていますが、これを取るにはサンダーで削る事になります。が…

ココの部分は強度が必要なので余り削りたくない!
補強を入れるなら話しは別ですが…。

今回はココまで!

Date: 2018/06/10(Sun) 赤ファミリア、ABS廃止 L  
8815.jpg どのように使うのか?というと

先端の棒を錆の部分に当てて引き金を引くと、棒が細かく動いて錆を叩きます。

ダダダダダダダダダダダ!
と結構な衝撃と音!!

見る見る内に錆と痛んだ塗装が落ちて行きます!!

これは楽だぁぁぁ♪

しかし…この工具は結構重いので、これをズッと持って作業すると間違い無く「腱鞘炎(けんしょうえん)」になりますね!(^^;

Date: 2018/06/10(Sun) 赤ファミリア、ABS廃止 K  
8814.jpg 錆や古い塗装を剥離するエアーツール
「ジェットタガネ」

前々から欲しかった工具。

でもそんなに必要として居なかったので買わなかったんですが…

今回、デフを降ろした際に錆が酷かったので、デフの錆落としにも使いたくて購入♪

Date: 2018/06/10(Sun) 赤ファミリア、ABS廃止 J  
8813.jpg 浮いた錆を落とすのに今までは小ハンマーで叩いて落としてました。

マフラーフランジのこびり付いたガスケットや錆を落とすのもこの方法。

しかし、世の中には便利な物があるもんで…

Date: 2018/06/10(Sun) 赤ファミリア、ABS廃止 I  
8812.jpg BG8Zのロアアームが付くメンバー周りには錆が出易い!

恐らく水ハケが悪いんでしょうえねぇ。

まあ平成5年式で25年も経過すれば錆も出て当たり前ですけど!!(^^;

エンジンを降ろして中に入ってやり易い。

何をやる?

上側を綺麗にしたんだから、ココもやるでしょう♪(^^;

Date: 2018/06/10(Sun) 見習い、アルバイト募集  
8811.jpg 今日は昨晩から降り始めた雨!

外で行おうと思っていた作業が出来ないか?!

こういう時ってもう少し広い工場が欲しくなりますねぇ↓

でも…今の売上の損益分岐点からすると…チト無理↓↓

僕が動く作業売上には限界があるので、部品が売れてくれるか、従業員が入って稼働率が上がればイケるんですが…

人手が(手が2本)欲しいので募集広告を!

こういう業種は給料が安いですが、「知識は財産」という事で一つ。(^^;

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 H  
8810.jpg サッシュブラックで塗装して綺麗になりました♪

我ながら塗装が上手いな♪(^^)

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 G  
8809.jpg 次にスコッチ・ブライトで錆を綺麗に落とします。

錆は人間のガン細胞と同じで、少しでも残っていると再発するので、出来るだけ綺麗に削り落とします。

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 F  
8808.jpg ブレーキマスターからオイル漏れを起すと、オイルがマスターバックに垂れて塗装を剥離し、錆も発生します。

このまま組むといつまた再発したのか判断が難しいので、メカドックでは綺麗に再塗装して置くようにしています。

まずは剥離して劣化した塗装をワイヤーブラシで落とします。

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 E  
8807.jpg 流用するシリンダーはオイル漏れを起していたのでオーバーホール。

全バラしして綺麗に洗浄、各部の傷、劣化の点検を行います。

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 D  
8806.jpg 黒い汚れはオイル汚れ。

まずはガソリンで洗い流して、パーツクリーナーで脱脂。

塗装が剥がれて下地も出ている箇所が有ったので…。

丁度、赤い缶スプレーが有ったので塗装しちゃいました♪

それでチトbefor and after をやってみた。

んんん、やはり綺麗なのは気持ちがイイ♪(^^)

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 C  
8805.jpg ABSを取外してエンジンルームも何かスッキリした感じ♪

しかし…

赤いボディに黒い汚れ!
何か汚いなぁ!!!!

うずうずうず…。(−−;

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 B  
8804.jpg 取り外した「ABSパワーアシストユニット」。

25年間、お疲れっした♪(^^)

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 A  
8803.jpg ファミリアBG8ZにはABSナシの設定もあるので、それを使えば簡単なんですが…廃盤↓

H17年式の物も既に廃盤で他車種の物を流用するしかない!

いろいろ調べて、部品取り車に合わせて、やっと見つけたマスターバック&シリンダー。

シリンダー径は15/16でファミリア純正より大きいからブレーキ制動も良くなるかも♪

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、ABS廃止 @  
8802.jpg ファミリアのABSは「パワーアシスト式」と言ってブレーキマスターにABSがくっ付いている形状の物。

スポーツ走行をするとこれがネックでフェードを起してしまう!

しかも年式が古いのでF右、F左、リヤの3チャンネル。

解析速度にも難があり、ABSが効き過ぎてしまいコーナーでブレーキ制動距離が伸びてしまう有り様↓

この車両は峠アタックをメインに走行しているんですが、ABSの作動を切った方がコーナーに突っ込めるらしい。

現状では廃盤だし、補修部品も出ないので「無用の長物」。

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH O  
8801.jpg ファミリアとロードスターのBPエンジンは同じなのでクラッチはボルトオンで着きます。が…

ミッション側のレリーズフォークの形状が違い、クラッチカバーを押すレリーズベアリングの位置も違います。

この事で組んでクラッチを踏んでもクラッチが切れない状態になります。

この「ファミリアBG8Z、レリーズBGカラー」を作ってカバーを押せるようにしました。

しかし、ファミリアユーザーさんには必要無いみたいで全く売れなかったので廃盤にしました。

これはズルズルに滑ったATS装着時に取付けていたので再使用します。

Date: 2018/06/09(Sat) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH N  
8800.jpg 来週は作業予約が重なりチト忙しい週になりそう!

・ジムニー車検代行
・山岸BPライフ車検
・白楽天ND5 アライメント調整
・白ファミリア MTオイル交換

これに7Mエンジン組立と赤ファミリアも並行しての作業!!

人手が欲しい…(T。T

昨日、メーカーオーダーだった部品が入荷したので赤ファミリアのエンジンに組込んでクラッチを取付。

このクラッチは白ファミリアGTXにも使ったオグラクラッチのメタル。
カタログでは360馬力まで対応との事なので十分使えます。

でも、これはファミリア用では無くロードスター用。

Date: 2018/06/08(Fri) MA70スープラ、ブロック制作 2−㉟  
8799.jpg ピストンも確認で計測。

クリアランスはメーカー指定の0.085mm。

各気筒で多少の誤差はある物の、精度的には問題なし♪

さて、クランクを組もう…と思ったら、、、

部品が見付からない!

1時間探してやっと見付けましたが、何でこんな所にあるの!!
という所にあった↓

木曜日は「おふろの王様」に行く残業が出来ない日!

記憶力の低下率がヤバイっす!!!!(><;

Date: 2018/06/08(Fri) MA70スープラ、ブロック制作 2−㉞  
8798.jpg 青NBターボ号が完成し、赤ファミリアは部品待ちなので7Mエンジンを作業。

やっとクリアランスの問題が解決したので組めます♪

クランクを組む前にエンジンに錆止めで塗ったオイルやホコリを脱脂しながらエアブローをして除去。

ブロックが内燃機屋から上がって来た際(4月末)に点検で測定はしていますが、時間が経過しているので再度確認で測定。

気温差が10度以上違いますからね!

Date: 2018/06/08(Fri) 青NBターボ号、車検整備 終  
8797.jpg 次にマイクロスコープでピストンTOPの状態を確認。

デトネの痕跡も無く、綺麗にカーボンが付いてました!

オイルを掻き落とした筋は見えますが…
僕にはシリンダーの傷は見えませんけどね。。。(^^;

良くカーボンが付着していると「エンジンの調子が悪い」と判断される方もいますが…

カーボンが付かないエンジンなんて有る訳が無い!!

排ガスが出るんだからカーボンが出てピストンに付着するのは当たり前です。
カーボン付着で問題なのは付着した量と全体の付着具合なんです。

IN側、EX側で片側だけ全く付着していなかったり、付着量が極端に違ったりだとデトネの可能性が大!

全体的に付着量が多く、プラグ穴からドライバー等でTOPを引っ掻いて、ボロボロと簡単に剥がれるようなら点火系がおかしいか、オイル上がりか下がりが始まっている!!

TOPを引っ掻いて見たらカーボンが取れる。
白煙は出ていない。
という事は…点火系かなぁ

このように「何かおかしい」時には何か原因があります。

それを探し出すのが中々手間だし、判らない時もあります。

全て完璧に1発で判る技術があったら、こんな街工場でSHOPなんかしてないですよ!(^^;
上には上がいますからね。

僕は手を抜かずにコダワリを持ってお客様の要望にお応えして綺麗に仕上げるだけです。(^^;

エンジン不調に関しての診断はダイレクト化を検討されているようなので今回はココまで。

シーケンシャルユニットのアンプ…作りたかったなぁ↓(−−;

Date: 2018/06/08(Fri) 青NBターボ号、車検整備 H  
8796.jpg 所沢陸事の検査前にテスター屋でCO/HCの調整を行うんですが、その際に気になる事が!

GF-の型式の車両は排ガスをCO:1.0%以下、HC:300ppm以下が合格ラインなので、VProで燃料を絞ったら、エンスト寸前な状態になってしまう!!

これは何かがおかしい…と思ってました。

エンジンを暖機してからエンジンチェックの基本である「コンプレッション圧力」を測定。

すると…全気筒が揃って1100kpa=11.2kg/cuで綺麗に揃っていて問題無し!

Date: 2018/06/08(Fri) 青NBターボ号、車検整備 G  
8795.jpg EXのパイプを取付時、錆が結構出ていたフロントパイプ。

ターボ車だから排気温度が高く、パイプはスチールなので錆易い!

でも…気になる!!

折角、外しているんだから…

はい、愛情作業をやっちゃいました↓(><;

錆を落として → 足付けして → 脱脂して → 塗装を2度塗りして
→ 1時間後…何という事でしょう♪ 綺麗になりました。(^^;

before and after の画像があれば差が判るんですけど…
そんなに余裕は無いし、ブロガーでは無いのでご容赦を!!(−−;

Date: 2018/06/08(Fri) 青NBターボ号、車検整備 F  
8794.jpg 車検の青NBターボ号。

水曜日に所沢陸事で検査を受けて1発で合格♪

昨日、納車整備をと追加作業を行いました。

Date: 2018/06/08(Fri) 工具もメンテナンスが必要  
8793.jpg いよいよ梅雨入りですねぇ!

雨は外で作業が出来ないし、洗濯物も室内干しになってしまうから余り好きでは有りません↓

作業スペースが小さいSHOPさんは同じ悩みを抱えてるんじゃないかな!!(^^;

メカドック開業当時から使っているリジットラック。
3セットありますが、その内の1セットのパッドがボロボロになって来た!

まだ使えなくわ無いですが…
溝に入れるステップ部分を傷付ける事もあるので早目の交換。

工具もメンテナンスをしないとね♪(^^)

Date: 2018/06/07(Thu) BCNR33、エンジン不調 終  
8792.jpg RB26のO2センサー交換はフロント側タービンのインテークパイプを外さないと工具が入らないのでチト手間が掛ります!

付いていたセンサーを外したら…

んっ?先端の穴の形状が違うし、BOSCHって刻印が!!

純正ってBOSCHだっけ??

調べたらやはり社外品でメチャクチャ安い!

この穴形状だと排気ガスがセンサーに入っても抜け難いですよねぇ。

センサーは純正が一番信用性が高いんですが…
1本¥40,400−×2本 と結構なお値段!!(@@;

オーナーさんはまだ学生さんなので、もう少しランクを落とした社外品を検討。

お薦めはNGKの子会社NTK製がイイんですが…設定なし↓

調べたらDENSOが¥25,000−(送料含む)で出していて、形状も純正と同じだし、日本製だからコチラを使う事に。

交換後、CPUのメモリー(学習データ)をリセットしてエンジンを暖機。

試運転後、マフラーからの排ガス臭は感じ無くなったし不調も感じられませんでした。

やはり原因はO2センサーだったようです。(^^)

価格が安い商品=原価も安い部品を使っている

精度が必要な所に安価なパーツを使う際には「一時しのぎ」と考えた方が宜しいかと!!(^^;

Date: 2018/06/07(Thu) BCNR33、エンジン不調 @  
8791.jpg もう修理は済んで納車したBCNR33GT-R。

「エンジンの調子が悪くてマフラーの後ろに立つと目が痛くなる」

という事で入庫。

一般的に目が痛くなるのは排ガスが濃いのが原因。

O2センサーのカプラーを抜いて診断してみると…排ガスが臭くなくなる!

こりゃO2センサーがおかしくなったかな?!

Date: 2018/06/07(Thu) 中華料理 酔仙楼 「ソース焼きそば」  
8790.jpg 日曜日にバッシーさん、黒HCR32オーナーさんとまた酔仙楼に行ってきました。

今回頼んだのはソース焼きそば。

メニューに「懐かしい味」と書かれていたので気になってたんです。

入っていたキャベツが芯ばかりだったのが気に入りませんが、お味は…

これも美味い♪
確かに懐かしいお味♪♪

昔の縁日の露店を思いだしますね。
若い方は知らないだろうけど、昔の露店の焼きそばはメチャ美味しかったんですよ♪

今の露店の味はコスト削減で、昔の味より数段落ちてますからね!

たま食べたくなる一品です。(^^)

Date: 2018/06/06(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH M  
8789.jpg ATSクラッチを外したらリヤクランクシールからオイル漏れをしていたので急遽発注。

しかし、メーカーオーダーになって6/8(金)の入荷予定。

おいおい、オイルシールくらい在庫して置いて欲しいなぁ!

オイルシールが来るまで新規のクラッチを組めないので、その間に他の作業。

今回、タイミングベルトも交換の依頼。

フロントカバーを外したら、カムシール、フロントクランクシールからもオイル漏れ!

こんなに漏れが始まっている…という事はしばらくエンジンを掛けない時間が長かったのか?

オーナーさんに中間見積もりを提示した際に聞いたら、、、
やはり長期放置してたらしい!

長期間エンジンを回さないと古い輪ゴムが物にくっ付いて、剥がすときれてしまうのと同じ事が起きて、内側のシール部き細かい亀裂が入ったり、剥がれてしまう事が有ります。

たまにエンジンを回した方がイイと言われるのはオイル下がりだけでは無く、オイルシールの保護の為でもあるんですよ!!

オイル漏れでフロントカバー内がオイルだらけだったので綺麗に洗浄。

カバーのゴムラバーはふやけて使えないので交換で発注。

しかし、ラバーも在庫が無くメーカーオーダー・・・。

スンナリと行かん。。。(−−;

Date: 2018/06/06(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH L  
8788.jpg クラッチディスクの残量は段差があるのでまだ残ってます。

この状態で滑る原因を推定すると…

やはり圧着不足でしょうね!

でも純正形状のメタルクラッチ(圧着690kgf)でも滑らないんだから1tなら不足とは考えられない!!

という事は…圧着力がヘタって下がっているのかも?!

Date: 2018/06/06(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH K  
8787.jpg 対してクラッチカバーのプレッシャープレートにヒートスポットが数箇所有るだけ!

フライホイールとカバーはボルトで止められていて一緒に回っているのに!!

Date: 2018/06/06(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH J  
8786.jpg フライホイールのフェース面には無数のヒートスポットが発生してます!

こりゃ歪んでるな!!

Date: 2018/06/06(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH I  
8785.jpg 滑ってしまって使えないんだから調べても意味が無いんですが…

気になるので状態を点検確認。

Date: 2018/06/06(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH H  
8784.jpg 2014年に組んだATSのカーボンクラッチ。

しかし、組んで早々にブーストが掛ると滑ってしまってました!

300馬力程度しか出ていないのに!!

このクラッチ…本当に圧着力1t有るのかね?

ターボ車には使えないクラッチ。。。

Date: 2018/06/06(Wed) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH G  
8783.jpg 昨日はお客さんのお友達のYUTA君が赤ファミリアのエンジン+MT降ろしの手伝いに来てくれました♪

下廻りの部品を取り外してから降ろしましたが、午前中には降りましたからね。

やはり手が4本の方が作業が早い!

見習いでもイイからどなたか来てくれませんかねぇ!!(^^;

Date: 2018/06/06(Wed) パソコンがら出て来た羽根!  
8782.jpg 月曜日の休みに父親の付き添いで2箇所の病院廻りをして、夜工場に戻ったらパソコンのファンが壊れました!

工場を再開する前に買った中古品なので良く持った方かな!!(^^;

でも仕事に支障が出てしまうので、いつもパソコンではお世話になっているsoppyさんに

「FANの羽がパソコンから出て来た!」と、画像を送って連絡。

いろいろ探し回ってくれて中古パソコンを探して下さり、昨晩持って来てくれて、環境設定までやってくれました♪

メカドックは本当にお客様に支えられております。

マジで助かった!(^^;

Date: 2018/06/03(Sun) MA70スープラ、ブロック制作 2−㉝  
8781.jpg ジャーナル部を計測していて忘れていた事に気が付いた!

それはリヤクランクシールが当たる部分の凹みの修理方法の検討。

ここまで凹んでいるとオイルがジワジワと漏れるのは確実!!

オーナーさんにも相談していましたが、ジャーナルブの修理でお互いに検討するのを忘れてました。。。(^^;

キチンと治すなら同外径のカラーを制作して、カラーの内径に合わせてクランクを切削研磨してカラーを打ち込むんですが…

オーナーさんとお話しをしたら、チト予算的にきつく成って来たそうな。。。

ならば凹み部分に当たらないようにオイルシールの位置をズラせばいい。

ココはプライベーター技で対処しましょうかね♪(^^)

Date: 2018/06/03(Sun) MA70スープラ、ブロック制作 2−㉜  
8780.jpg 右側の図面がコート屋に提示した膜厚指定表。

左はお客様個別に作るカルテ帳。

ココに測定値やクリアランス値などを書き込んで管理するデータ帳です。

計測数値を書き込んでクリアランス値を計算。

今度はバッチリと数値が出ました♪
これでやっと組立作業が進められます。

しかし、3月にエンジンを降ろして分解して、ココまで来るのに3ヶ月。。。
長かったぁぁぁ!(@@;

良くお客さんから
「コダワリが強い(過ぎる)」「職人魂の塊」とか言われますが…

僕等SHOPが触る車は年間、何十台、何百台中の1台。
しかし、お客さんに取っては1台っきり。

僕らには何台も行う修理でも、お客様は1回限りなのが殆ど!

だから1台も手を抜きたく無い!

メカドックでは時間を掛けてでもキッチリ仕上げます。
それが原因で作業待ちのお客様を更に待たせる事になっても謝罪してお待ち頂きます。

もし、自分の車が時間優先で手を抜かれたら嫌ですよね!!

ネジ山がおかしい時は治す。
錆が酷い所は綺麗にする。
ボルトが錆て古いようなら交換する。
現状より良くなるなら一手間、二手間を掛ける。
次の整備性や段取りを考えて組み立てる。
仕上がりを綺麗にする。

これらは僕がプライベーター時代にSHOPさんに対して
「何でやってくれないんだろう!」と思っていた事です。

同じ金額を支払うならこれらをやって置いてくれた方が嬉しいですよね♪

「待たされるのは嫌だけど自分のはキチンとやって欲しい」
という自己中な方は…待たなくていいんじゃないですかね。

こういうのを「塩対応」というのかな?(^^;

Date: 2018/06/03(Sun) MA70スープラ、ブロック制作 2−㉛  
8779.jpg ジャーナル部をキッチンペーパーで脱脂しながらエアブローしてチリ、ホコリを除去してから計測。

1ジャーナルにつき3箇所計測して楕円度も同時に見ます。

Date: 2018/06/03(Sun) MA70スープラ、ブロック制作 2−㉚  
8778.jpg 納品検査にはマイクロゲージを使いますが、測定時には必ず校正をします。

気温、湿度によって熱膨張して計測値が変化してしまいますからね!

Date: 2018/06/03(Sun) MA70スープラ、ブロック制作 2−㉙  
8777.jpg 再コートで上がって来た7Mクランク。

親子のジャーナル部をブラストで剥離して再コートしたそうな!

全体的には前回よりも黒くなった気がする!!

でも…クロモリ鍛造品っぽくてカッコイイ♪(^^)

Date: 2018/06/03(Sun) MA70スープラ、ブロック制作 2−㉘  
8776.jpg 昨日、コート屋に再コートを依頼していたクランクが届きました。

依頼してから1週間ちょっとでしたが…
腰が治ってから戻って来て良かった。

7Mのクランクって92mmストロークだから結構重いんですよ!(^^;

Date: 2018/06/03(Sun) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH F  
8775.jpg 陽気が大分過ごし易くなりましたね♪

寝る時(いつも午前1時くらい)はTシャツ一枚なんですが、朝方寒くて目が覚めます!

しかし、トレーナーを着込むと寝る時に暑い。。。

体調管理が難しい!(−−;

赤ファミリアのデフはオーナーさんと話して、新品のLSDに交換する方向で見積もりを提示して連絡待ち。

その間にクラッチ交換の作業を進めます。

作業前の画像を撮り忘れたんですが、エンジンルームには自作業で引き込んだ追加配線が所狭しにギッシリと張り巡ってました!

どれがどの配線なのかラベルも貼られて無い!!

まずは追加配線を外す前にラベルやマーキングをして取外し。
これが結構手間が掛ります。。。

ちなみにこういう作業は追加請求となります。

1日(夜7時まで)でココまでしか進まんかった↓
下廻りがまだ…(−−;

Date: 2018/06/02(Sat) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH E  
8774.jpg ケース内を点検して見ると…

プレートが入る溝に段付きが出来てしまっています!

段付きがあるとプレートがカジって固定されたりするのでイニシャルトルクが不安定になります!!

削って修理する事もありますが…これは結構深い!!

長年ノーメンテで使った付けが回りましたね↓↓
これは競技で使うにはアウト。。。

リペアKIT+リング+ケース+組立工賃>新規LSD 新品を買った方が安いです。

ちとオーナーさんとご相談ですね。
最初の作業からスンナリと行かない↓↓(−−;

Date: 2018/06/02(Sat) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH D  
8773.jpg LSDをバラしてみたら…

おや!1WAY!!

メカドックでは街乗り仕様では1WAYを薦めますが、スポーツ走行を行う車両に1WAYは選択しません!

プレッシャーリングを1.5WAYに変更すね。(^^;

Date: 2018/06/02(Sat) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH C  
8772.jpg イニシャルトルクを上げる為のリペアKITを注文する前に、ピニオンギヤやケース内に段付きが出来ていないかをデフ玉を取り出して分解診断。

Date: 2018/06/02(Sat) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH B  
8771.jpg 昨日は赤ファミリアのデフを降ろして診断。

峠アタックに参戦再開を見越しての車両メントとセットアップを行います。

デフを分解する前に現状のイニシャルトルクを測定。

大丈夫であればこのまま使う予定でしたが…
測定数値は 2.0kgf。。。

足廻りには勝負脚を入れる予定なので、兼ね合いを含めてエレメントスポーツさんにご相談。

サスペンションとタイヤ、走行ステージによってイニシャルトルクは変わりますからね!

「足が伸びてグリップさせるサスペンションとHiグリップタイヤで凹凸の激しい峠を走るなら8〜10kgfが狙い目では無いか!」

とのご指導を頂いたので、残念ですがこのままでは使えません↓↓

Date: 2018/06/01(Fri) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH A  
8770.jpg 作業のご依頼内容は

・タイミングベルト交換
・クラッチ交換
・クラッチマスター交換
・ブレーキマスター、ABS廃止
・デフOH、イニシャルトルク調整

と、結構な重作業。。。

取り外した部品の置き場(部品棚)の確保の為に、白ファミリアが終わってからにして貰っていたので入庫日が伸びてしまった↓

お待たせして申し訳無いとは思ってますが…
僕も「みんカラ」は拝見していて、コメントの書き込みもチェックしています。

愛車紹介を見れば誰だかは判りますので…(^^)

ファミリアのクラッチ交換ではエンジンを降ろしてから行います。

4年前に塗装したヘッドカバーがまだ綺麗なのが嬉しくて撮影♪

Date: 2018/06/01(Fri) 赤ファミリア、クラッチ&デフOH @  
8769.jpg 車検整備を終わらせた青NBターボ号を工場から出して赤ファミリアを入庫。

オーナーさんからは1月からご予約頂いていたんですが…

延び延びになってしまい申し訳無く思います。m(_ _)m

ココまで待って頂けるお客様達には本当に感謝しかありません。

しっかりと組んで綺麗に仕上げますからね♪
でも…それをやると納期が伸びてしまう!
悪循環なんですけどねぇぇぇ↓↓

判っちゃあいるけど、、、辞められない!!(^^;

Date: 2018/06/01(Fri) 青NBターボ号、車検整備 E  
8768.jpg ブーツが破れてしまったタイロッドエンド。

純正部品はブーツのみならまだ出ますが、NA用、NB用の全てのタイロッドは廃盤!

こんなんでメーカーのレストアサービスが出来るんでしょうかね!!

そこで他の車種のタイロッドを探索し、半日掛けて見つけ出したタイロッドを取り寄せて昨日入荷。

ピロ部の厚みと長さが若干違いますがステアリングロッドに入るネジ山とナックルに入るボルト径が同じなので取付可能。

仕入れに送料が掛ってしまうので純正部品よりお高いですが…
無い物が手に入るんだから仕方が無い!(^^;

欲しい方はメール、またはFAXにてお問い合わせください。

Date: 2018/06/01(Fri) 青NBターボ号、車検整備 D  
8767.jpg 2日間で終わる予定だった青NBターボ号の車検整備。

いろいろと問題が出たり、発注した部品がメーカーオーダーで火曜日入荷になったり!

マジでメカドックに入庫する車両はスンナリと終わってくれません↓

でも、不具合箇所を見付けてしまう!!というのが大きな原因なんですけどね。(^^;

しかし、そういう整備をしているからこそ、オーナーさんの安心、安全を守れていると思ってます。

作業が延び延びになって納車が遅れる。
故に予約された車両の入庫待ちが伸びる。

この連鎖は必ず起きてしまいます。
少しでも早期に終わらせるべく急いではいるんですが…

営業から依頼企画検討、商品探索、実作業、経理を全て一人でやっているので。

前回も書き込みましたが、急いでいる方、早く仕上げて欲しい方は社員さんがいる店をお薦めします。

僕は妥協が出来ない性格なので、自分が納得する仕上げにしないと完成させませんから、通常お預かりした時点での納期は未定です!

今回のような車検ではやる事は決まっているので完成まで「3日間」が通常なんですが…

このように大概スンナリと終わりません↓(−−;
ご理解頂ける方だけご依頼ください。

さて、急いで発送をお願いしていたセンサーアタッチメントが昨日入荷。

早々に取付けてオイルを注入してエンジンを始動。
オイル漏れをチェックして、持ち込まれた新品センサーの交換は終了。

Date: 2018/05/31(Thu) 青NBターボ号、車検整備 C  
8766.jpg 油圧センサーのネジ山は同じ1/8PTでした。

が、油温センサーが付いていたのはM12X1.25のボルト形式。

新しいセンサーは1/8PTなのでネジ山が合わない!

穴が大きいので加工は無理!!

センサーが入るアタッチメントを発注して本日入荷予定。

車検整備は終了したので部品待ちの間にタイロッドを探しましょうかね。(^^;

Date: 2018/05/31(Thu) 青NBターボ号、車検整備 B  
8765.jpg 昨日は車検整備をしつつ廃盤で手に入らないタイロッドエンドを探索。

ロドスタ用で無いなら他の車種のタイロッドを探せばイイ。

と、言葉で言うのは簡単ですが…

探索って結構手間が掛るんですよ!

探索している時間の工賃は貰えないしね!!(−−;

オーナーさんから車検整備以外の作業で追加メーターのセンサー交換もご依頼。

センサーが付いている場所が狭過ぎて、手持ち工具が入らなかった見たい!

Date: 2018/05/30(Wed) 青NBターボ号、車検整備 A  
8764.jpg 車検の規定は検査の際に合格すれば良いのです。

例えばパットの残量が少なくて2年(次回の車検まで)持たなくても、制動試験に合格すればOKなんです。

ベルトやブーツ関係も検査時に切れてなければOK。

しかし…パットの残量や亀裂を頻繁に見たり、気にしたりするオーナーさんは早々居ませんよね!

メカドックではオーナーさんが次の車検までに安心して乗れるように各部の点検、整備を行います。

なので他の店より時間が掛ります。
最低でも整備だけで2日間かな!!

人の命を2年間守れるように心がけて整備をします。

今回の点検で見付けた右タイロッドエンドブーツの亀裂!
亀裂が入ったら車検には不合格なのでブーツを交換すればOKなんですが…

経年劣化でブーツが硬くなってしまった事もありますが「亀裂が入る」という事はそれだけ動いた!という事。

ブーツ内に入っているピロ(ベアリング)も動いて摩耗している!!という事です。
ブーツを新品にしてもピロは使い続ける訳です。

走行距離は7万キロ。という事は次にブーツに亀裂が入るのは14万キロという事。

そこまでピロが持ちますかね!

なのでメカドックではブーツ交換では無く、ピロ部パーツの部品をASSYで交換します。

しかし、タイロッドエンドASSYを問屋に見積もり依頼をしたら…廃盤!
互換性のあるNA#、NB#も問合せましたが全て「廃盤」。。。

マジか!!!!(@@;

使える他の車種のタイロッドを探さないとダメか…。
またスンナリと行かないのかぁぁぁ。(T。T

Date: 2018/05/30(Wed) 青NBターボ号、車検整備 @  
8763.jpg 日曜日に赤ファミリアと青ターボ号が入庫。

赤ファミリアは「足廻りの事でエレメントスポーツさんと相談したい」との事なので先に青ターボ号を作業。

ご依頼内容は車検整備。

Date: 2018/05/30(Wed) 中華料理「酔仙楼」 チャーハン  
8762.jpg マーボー丼を食べた翌日の昼飯で、気になって居たもう一品を食しにまた行ってしまった!

それはチャーハン。

画像でも判るように綺麗な黄金色なので気になってたんですよ♪

食べて見ると…

口の中に入れるとサッパリしたお味なんですが後から深い味わいが口に広がりメチャクチャ上手い♪

これは刻みチャーシューが効いているのか?

このチャーハンもマジに上手い♪(^^)

Date: 2018/05/30(Wed) 中華料理「酔仙楼」 マーボー丼  
8761.jpg 日曜、火曜と朝からお客さんがご来店してブログの更新が出来ませんでした。

チトみなさんにご紹介したい事をアップしようと思います。

新たに見付けた上手い中華料理店の「酔仙楼」。

前回、肉野菜炒めを食べましたが、今回は気になっていたマーボー丼を食べに行って来ました。

お味は…僕好みの濃い目の味付けで、ピリ辛で非常にGOOD♪

入っている豆腐も何か普通とは違うお味で上手かった♪

この店…ちとハマりそう。(^^)

Date: 2018/05/26(Sat) 山岸BP出張修理 オデッセイ 終  
8760.jpg ネジ山を切った後、リコイルを専用工具で入れてネジ山の修理は完成。

後は外したアームとどかした部品を組み直して作業終了。

ちなみにリコイルでネジ山を修理できるのは何か部品を止めて置く所ならOK。

エンジンマウントや足廻りのアーム類などの負荷が掛り、締付トルクが8kgfを超える所にはNGです!

Date: 2018/05/26(Sat) 山岸BP出張修理 オデッセイ F  
8759.jpg 延長レンチのお陰でネジ山を切るのがメッチャ楽♪

この工具は取って置く事にします♪(^^)




Copyright(C)2002 Mecha-Doc. All rights reserved. [Admin]
Based on - KENT -