Mecha-Doc Blog - メカドックが語る!そこまで言ってもホントにいいの?ぶっちゃけブログ!

[トップに戻る] [ワード検索] [Admin] -->

Date: 2018/01/20(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−G  
8439.jpg TODAレーシングのヘッドガスケットを当ててみると…

シリンダーより大きくて内径は81.5mm。

B6ピストンはブロック上面から突き出さないので、今までは80.5mmでも当たらなかったんでしょうね!

しかし…シリンダーより小さいガスケットは良くありません!

シリンダーに飛び出した部分の先端が燃焼温度で「ヒートスポット」になりプラグ効果を起こしてしまうからです!!

つまりデトネーション(異常燃焼)が起きやすくなってしまうんですよねぇ。

セッティングで点火時期も入らなくなるし!

「ガスケットの内径はシリンダー径より大きくする」 これは常識!
型を治そうとせず問題ある物を売り続ける…

その姿勢と考えが僕には理解できませんね↓↓(−−;

Date: 2018/01/20(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−F  
8438.jpg ピストンを下げて指で触って確認してみると…

ガスケットが飛び出してる!

ノギスで計測してみると80.5mm。

ピストンはブロックより突き出すように設計したので、ガスケット0.5mmの小さくて当たってしまっていました↓↓

HPでは「メタルガスケット 内径81mm」って書いてあるんですが…!!

81mmのピストンを入れたいのに80.5mm、これって設計ミスですよねぇ、
と電話して確認したら、

「制作型を治せないので他のメーカーのガスケットをお使いください」
との回答。。。

オイオイ、販売元としてそんな回答で良いのでしょうか?(−−;

Date: 2018/01/20(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−E  
8437.jpg 隼ピストンを使って組み上がったエンジン。

タイミングベルトを付けようとクランクを回して1番上死点を出そうと思ったら何かに当たってる!

気になったのでヘッドを降ろして確認してみると、ピストンとヘッドガスケットがくっ付いた所でピストンが止まってました。

まさか…

Date: 2018/01/20(Sat) ロドスタ 「本物の人馬一体レストア」メニュー検討中  
8436.jpg 今月からマツダの「NAロードスターレストアサービス」の受付が開始されます。

しかし、書類審査、現車確認があり、純正以外はNG!

聞く所によるとエアクリ、マフラーでも純正でないとダメとか!!

車好きなら吸排気系だけは純正より性能の良い物に変更ますよね。

「やりたいけど出来ない」という方も多いハズ!
そこでメカドック流のレストアメニューを検討中です。

コンセプトは“本物の人馬一体レストア”

純正パーツ以外にも社外品を多用してコスパを重視。
※例:純正カム¥45,900− TODAカム¥36,000−

古い型の8bitCPUは16bitCPUに変更、バタフライ式エアフロ(NA6)はホットワイヤー式に変更など、性能向上をしつつも低燃費になるよう検討しています。

性能アップでドコに何を使うか!
予算をどう抑えるか!!

メーカーには出来ない、他SHOPとの格差、相違性も考えてメニューを考えています。

ボディ廻りに関しては新車以上の仕上がりになるよう、山岸板金さんと検討中。
色変更、錆防止対策、各部補強をしつつコスパを検討して貰ってます。

特に良く潰れるジャッキアップポイント(サイドステップ廻り)、リヤパネル(フェンダー)は交換しつつ、修理補強を行います。

この作業は他では出来ないやり方で作業して貰う予定♪

マツダではリヤパネルは錆や穴が開いていても交換せずにパテ修理のみらしい!
※リヤパネル廻りは「保障対象外」…だそうな!!(^^;

メカドックが行うレストアは予定では予約制にして納期3カ月、2年で10台限定になりそう。

この時期は確定申告の準備で忙しいんですが…

毎日午前2時まで作業してメニューを制作中です。(@@;眠い

Date: 2018/01/17(Wed) B6、隼ピストン仕様 2−D  
8435.jpg soppyシルバー号は4年間放置状態だったので、工場内に入れてエンジンを載せる前に点検整備。

まずは洗車とエンジンルームの洗浄。

燃料ポンプユニットを外して錆の点検。

ブレーキローターの錆落とし。

車検に備えてフロントバンパーに付いているアンダーパネルとカナードを取外し。

ヘッドライト、コンビランプも純正に変えないとなぁ!

車検代も結構行きそう!!(^^;

Date: 2018/01/16(Tue) 車両入替  
8434.jpg soppyシルバー号に載せるエンジンの完成目途が経ったので車両を工場内へ移動。

黒HCR32オーナーさん、バッシーさん、山さんに手伝って貰って車両の入替。

ついでに部品庫ステップワゴン、サーキッドデモカー、ドラッグデモカーも移動。

しかし、車検が切れているので走行が出来ないからセッティングはまだ先になりそう!(^^;

Date: 2018/01/16(Tue) 金プロ3.24  
8433.jpg 昨日の休日は新居の引っ越しの片付けをしようと思っていたのですが…

父親から

「お母さん(妻)の見舞に行きたいから連れて行ってくれ」

との連絡が!

タクシーで行けるだろ!!と思いつつ、午後から実家へ向かう俺↓(−−;

それから父親の買い物に付き添って、帰宅したのが夜7時半↓↓

そして休日が終わった。。。(−−;;

日曜日は病み上りの黒HCR32オーナーさんがヤフオクで落としたVProを持参してご来店。

RB25のデータ入りらしいので、まずはプロテクトが掛っていないか!後日点検。

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル M  
8432.jpg 形状修正後、スロットルを組立。

お手伝いの山さんは4スロに興味深々だったので分解、洗浄、切削、組立、リンク調整のやり方を教えながら作業して貰いました。

組立後、リンク調整をしている際に
「4スロ付けたいと思います?」と聞いたら

面倒だから付けないかな!とのご回答。(^^;

街乗りならシングル+サージタンク。
レスポンス+パワー重視なら多連スロットル(ターボ車除く)ですね。

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル L  
8431.jpg 超硬バーでの粗出しの後は#120ペーパーで整形、#240ペーパーで仕上げて完成。

#240では砥ぎ目が粗い感じがしますよね!

でもね!以前のブログでも書き込みましたが、
キャブ(大容量インジェクター含む)のように噴射されたガスの粒が大きいようならポートをツルツル(鏡面)にして滑るようにした方が良いんです。

しかし、インジェクター噴射のガスの粒は小さいので、ポートが鏡面になって居てもヘバリ付くんですよ!

ガラスに霧吹きを吹くとヘバリ付いて、粒が大きくなってから流れるのと同じ!!

この大きな粒が燃焼室に入った時に燃調が狂います。

霧化率の良いインジェクターの場合には研磨目は粗くして表面積を増やし、付着した燃料を気化させて大きな粒に成らないようにした方が良いんです。

この考え方はチューナーさんによって違うとは思いますが…

L型で有名なSHOPさんが加工に出していた内燃機屋さんから教わった事なので、間違いでは無い…と思う!(^^;

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル K  
8430.jpg ケガいた線からハミ出さないように、且つ、形状を想像しなから超硬バーで切削。

ついでに段付き部も切削。

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル J  
8429.jpg ケガキ線に沿ってポート内を削る線をマジックで書き込み。

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル I  
8428.jpg マジックでケガクと奥まで線が掛けません!

千枚通しなら奥まで先が入り込むのでガスケット形状にピッタリとケガケます。

ケガいた山形状の部分がインジェクター噴射口の目の前にそびえる壁!

ポート外周も少し段付きが有るのが判りますよね!!

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル H  
8427.jpg ATTのポート廻りをマジックで黒く塗り、インマニGKを当てて千枚通しでケガキ線を入れます。

ポートの段付きもあったので、ついでにやっちゃいましょうかね!

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル G  
8426.jpg 年明けから始めた確定申告の事務処理。
毎年嫌になります↓

時間と手間が掛って利益にならない作業↓↓(−−;

みんカラを閲覧してたら赤ファミリアのオーナーさんから夏頃に依頼されていたパーツ制作を忘れていたのを思い出した!

物忘れをする事はしばしば有るんですが…

物忘れが激しくなって来た自分が嫌になります!!(><;

物忘れをしなくなる薬って無いもんですかぇ↓↓


AE111スロットルの錆取りが済み、今度はインマニATTの加工。

付いていたATTは何処ぞのオリジナル商品らしいんですが、インジェクターの噴射口を塞ぐように壁になってしまってました!

このままでは霧化効率が非常に悪いので壁となっている部分を切削加工します。

Date: 2018/01/12(Fri) AE111、スロットル F  
8425.jpg グリースサットルで洗浄した金属パーツ。

新品のような輝きです♪

ここまでは依頼されていないんですが…

仕上がりは綺麗な方が気持ちが良いですもんね。(^^;

Date: 2018/01/12(Fri) AE111、スロットル E  
8424.jpg パイプやリンクなどの金属パーツは現在では廃盤のグリースサットルで洗浄。

サンエスK1よりも汚れやカーボンが直ぐに落ちて、この洗浄液が一番良かったんですけどねぇ↓

また探さないと!(−−;

Date: 2018/01/12(Fri) AE111、スロットル D  
8423.jpg バタフライに引っ掛かりが有ったのでスロットル内径を触ってみたら段付きが有った!

段付きが出てしまったら本来はボーリングして拡大加工して修正するんですが…

今回は予算を抑えたい!

余り削り過ぎてしまうと隙間が出来てしまうので段差を緩やかにする程度にサンドスポンジで研磨して修正。

Date: 2018/01/12(Fri) AE111、スロットル C  
8422.jpg サンドブラストを掛けて錆を落としたパーツ。

砂が入ってしまっては不味い部分はガムテープでメクラをして行ってますよ。

本来はこの後、表面処理をしたり塗装したりするんですが…
オーナーさんの依頼でこのまま。。。

Date: 2018/01/11(Thu) 使いパシリ!  
8421.jpg ブラックラインさんにお邪魔している際に父親から電話が!

「電子レンジが壊れたから買って来て」

とのご依頼!(@@;

今朝8時に工場を出て自宅へ!

電子レンジを見て見るとドアのカバーが脱落!!

これじゃ開けられないよね。。。

カバーの内側を見るとカバーを止める爪が4箇所の内3箇所が折れてる…(−−;

こりゃ買い換えるしか無い。

壊れた電子レンジを持ってヤマダ電機へ行って、新しいレンジを購入。

急いで工場に戻って作業開始。

年始4日に退院した母親が6日に緊急入院もしたり。。。

何か年始からドタバタとしてるなぁ↓(−−;

Date: 2018/01/11(Thu) AE111、スロットル B  
8420.jpg スロットルとインマニを分解して、いつもお世話になっているブラックラインさんへ。

ちと相談事もあり、メカドックでは持っていないサンドブラストをお借りして来ました。

ブラックラインの社長に相談に乗って貰っている間に、お手伝いの「山さん」がブラスト作業。

サビは直ぐに落ちたんですが、放置期間が長かったのか中々錆の模様が取れ無かった!

インマニ2分割、スロットル4個、ATTの全てを綺麗にするのに1時間も掛った!!(**;

Date: 2018/01/11(Thu) AE111、スロットル A  
8419.jpg AE86のエンジンはAE92後期型の4AGに載せ替えているらしい。

同じエンジン形式の4AGでもインマニ形状が違ので、取付けるにはATT(アタッチメント)が必要。

そのATTは付いていました。

Date: 2018/01/11(Thu) AE111、スロットル @  
8418.jpg 去年の暮にAE86のオーナーさんが飛び込みでご来店。

10年前に掛り付けのSHOPさんが閉店して以来、新規のSHOPを探していたとの事。

現状の車両の状態やチューンされた経緯をお聞きして今後のメンテメニューやアドバイスをした所、気に入って下さったようで何度かご来店されてお話しをしていました。

年明けに僕が薦めたAE111のスロットルを持って来て
「これを付けて欲しい」とのご依頼。

見てみると「何と見事なサビ!」(@@;

スロットルのリンクを調べてみたら問題は無かったし、バタフライも変形していないようなので一安心♪

しかし…このままは付けたくないですよねぇ!!(^^;

Date: 2018/01/08(Mon) NA6速ミッション改、NC5速スワップ ㉔  
8417.jpg 今日は成人式。

次女が来年なので親としてはドキドキする日ですよね!

昨日はラジエター交換+オイルクーラー取付に引き続きNC5速を流用したミッションに交換。

すんなりと作業が進めば4時間で終わるんですが…

EXマニを外すのにエンジンを持ち上げたり、
当日入荷した中古ペラシャが不良品で問合せを入れたり、、
ミッションを載せる際にクラッチ板のセンターがズレたり(2回も!)、、、
メインハーネスのブラケットが変に邪魔して入らなかったり、、、、

10時から始めて終わったのが6時だから7時間も掛ってしまった↓

素人じゃないんだからこんなに時間が掛る事は滅多に無いんですけどねぇ↓↓

載せ終わった後、作動を確認。
シフトフィールも確認しましたが、左右方向のシフトにカッチリ感が出ましたね♪

これはコントロールケースを交換したからでしょう。

しかし、左右に比べて前後方向のシフトに遊びが!
これはコントロールロッドとシフトエンドを以前の部品を使用しているので摩耗しているからでしょう!!

NC流用の際にはコントロールケース、コントロールロッド、シフトエンド、シフトレバーを新品に交換した方が前後左右のシフト感が良くなりますね。

しかし、ココまでやると他のSHOPさんで行っている総費用20万円では・・・納まらないですねぇ↓

気になる方はお問い合わせください。

Date: 2018/01/07(Sun) NA6、ライジエター交換+オイルクーラー取付 終  
8416.jpg ラジエター交換後、乾いたブラケットでオイルクーラーを固定。

バンパーを取付けてオイルと冷却水を注入。

エンジンを暖機してエア抜きを行いましたが…
中々ラジエターFANが回らない!

この時の工場内温度は5度。。。

30分近くアイドルしてもFANが回らないので、エンジン回転数を上げてやっとFANが回った。。。

HONDAのコアの放熱効果だけで冷えてるみたい!!(^^;

作業が終了したのは夜10時…。

一旦納車して、本日再入庫して貰いミッションの載せ替えを行います。

Date: 2018/01/07(Sun) NA6、ライジエター交換+オイルクーラー取付 E  
8415.jpg マルハラジエターが付いていましたが、HONDAのコアを使ったMDラジエターに交換。

比べて見ると、MDラジエター(HONDA)のコアの方がピッチが細かくてパイプ数が多かった。

恐らくアルミの素材も違うと思いますね。

Date: 2018/01/07(Sun) NA6、ライジエター交換+オイルクーラー取付 D  
8414.jpg コアを固定するブラケットを制作したらコダワリの塗装。

塗料が乾く間にラジエターを交換。

Date: 2018/01/07(Sun) ゴチになります♪  
8413.jpg オイルクーラー取付の途中でお昼休憩。

オーナーさんと一緒に志木駅近くにある「長崎亭」で皿うどんを食べました。

「愛情とコダワリ作業」のお礼にゴチしてくれました♪

ご馳走様でした。(^^)

Date: 2018/01/07(Sun) NA6、ライジエター交換+オイルクーラー取付 C  
8412.jpg ブラケットでの固定は3箇所。

向かって左上も制作しました。

いつもの如く「愛情とコダワリの作業」でブラケットのバリ取り、ミッチャクロン+サビ止め塗装もして制作してあります♪



Date: 2018/01/07(Sun) NA6、ライジエター交換+オイルクーラー取付 B  
8411.jpg 汎用品ですからオイルクーラーのコアを固定するブラケットは制作して取付になります。

Date: 2018/01/07(Sun) NA6、ライジエター交換+オイルクーラー取付 A  
8410.jpg まずは時間の掛るオイルクーラーの取付から作業開始。

使うのはHKS製の汎用オイルクーラー(15段)KIT。

オイルクーラーもいろいろ試しましたが、HKSが性能も良く、コスパが一番良い。

昔はロドスタ用の設定が有ったんですが…現在は無し!

Date: 2018/01/07(Sun) NA6、ライジエター交換+オイルクーラー取付 @  
8409.jpg 今日は風が強いですね!

シャッターを閉めないと冷たい風が工場内に入り込んで寒いの南野!!(><;

早く温かくならんかねぇ↓

昨日はNC5速流用ミッションの依頼のお客様が入庫。

ミッション交換の他にメカドックオリジナルのMDラジエター交換とオイルクーラー取付&の依頼もされていたので、先にそちらの作業を待ちで行いました。

Date: 2018/01/06(Sat) チタンマフラー溶接修理 終  
8408.jpg 本来は溶接棒で肉盛りをして強度を上げた方が長持ちするんですが…

チタンの溶接棒なんぞは持っていないので、本体を溶かして付ける「なめし溶接」で修理しました。

まずは点付け溶接でアルゴン噴出量、溶接電流、アフター電流などを調整。

綺麗に溶ける具合を覚えてから本溶接。

その仕上がりがコチラ!

初めてにしてはまあまあの出来栄えでは無いかと♪

この仕上がりならお客さんも納得してくれますよね?!(^^;

Date: 2018/01/06(Sat) チタンマフラー溶接修理 A  
8407.jpg 亀裂が入った部分はサイレンサー制作時の溶接部では無く、プレスで折り曲げて薄くなっている部分。

赤矢印の所に亀裂が入っているのが判りますよね。

最近、やっとTIG溶接機が使えるようになったばかりで、まだ慣れて居ませんが…

何事もチャレンジ!

Date: 2018/01/06(Sat) チタンマフラー溶接修理 @  
8406.jpg 昨日は年末に店を閉めたSHOPさんから貰って来た部品(衣装ケース2個)を品番から検索して整理。

結構な数だったので棚卸みたいな作業で1日が終わった!(^^;

年末12/30に納めた青NBターボ号で、初めてチタン溶接修理をしたんですが、我ながら綺麗に出来たのでアップします。(^^)

青NBターボ号には以前販売していたチタンマフラー75φが付いています。

サイレンサー部が全てチタンで制作してあり、12年目にして亀裂が入りました。

市販マフラーで12年持てば合格でしょう!
メカドックの商品は耐久性にもコダワってますから♪(^^)

亀裂が入った部分を真鍮ブラシで綺麗に掃除して脱脂。

綺麗な溶接をするには徹底した掃除と脱脂が基本!!

Date: 2018/01/05(Fri) 2018年 除夜の鐘 終  
8405.jpg 除夜の鐘は108の煩悩を払う意味があるので、打つと厄除けにもなるらしい。

子供達にも一度は経験させたかったので連れて行きました。

10時から並んだお陰で3番目に突けた♪

子供達も「寒い!寒い!!」と文句を言ってましたが、鐘を突いた後おみくじを引いてニコニコ笑ってました♪

これで少しは皆の厄が落とせたかな!(^^;

長男は高校時代、写真部だったので撮って貰ったんですが…
ベストショットでは無いなぁ↓(−−;

Date: 2018/01/05(Fri) 2018年 除夜の鐘 A  
8404.jpg ネットで調べたら夜の10時半までに並べば108回目までに間に合う!と書かれていたので、子供3人を連れて10時から並びました。

いや〜〜〜、2時間外でジッと待つのは寒かった!!(><;

体を少しでも温めようと露天の甘酒を200円出して購入。
紙コップに半分しか入っていなかったですが、期待して飲んだら…

メチャクチャ不味い↓↓

売れればどんな味でも良いのか?!(−−;

11時45分、ゴレンジャーのような出で立ちの住職達が登場♪

お経を唱えた後、住職が最初に打ち鳴らし。

Date: 2018/01/05(Fri) 2018年 除夜の鐘 @  
8403.jpg 皆様、新年明けましておめでとうございます。
m(_ _)m

昨年はあっ!っという間に過ぎた1年でした。

今年も忙しくなるとイイなぁ♪(^^)

その思いも含めて中野区にある新井薬師で「除夜の鐘」を打って来ました。

Date: 2017/12/30(Sat) 年末年始のお休み期間  
8402.jpg 今年もいろいろな方々が来られて楽しい1年でもあり、

両親の介護や付き添いで苦労もした1年でした。

まあ両親の付き添いは来年もまだまだ続きますが、、、

生きている内に「親孝行」をしないとね。(^^;

仕事では新メニューを検討していますが、来年早々には準備をし始めないと!

ご依頼を頂いたお客様、本当にありがとうございました。m(_ _)m

来年もご愛好のほど、よろしくお願い致します。

それでは皆様、良いお年を。

Date: 2017/12/30(Sat) NA6速ミッション改、NC5速スワップ ㉓  
8401.jpg 世間一般の方々はもうお休みですよね!

メカドックの営業も今日まで。

ホントに1年が早い!
歳ですね!!(^^;

昨日やっとNC5速ミッションの流用加工が終わりました。

一応、誰が見ても判り易いようにセンターケースに「NC5」とマーカーペンで表記して置きました。

初めてでデータ取りも行い、発注部品がB/Oだったので時間が掛りましたが勉強に成りました♪

来年年明けに車両を入庫して貰い載せ替えです。

Date: 2017/12/29(Fri) ドア、キーシリンダー破損 終  
8400.jpg キープレートを組み込んでキーを差し込み確認。

シリンダーとプレートが綺麗に平らになっているのでOK。

これで安心して年が越せますね♪

良かった良かった♪(^^)

でも…ミッションの完成が伸びた。。。(−−;

Date: 2017/12/29(Fri) ドア、キーシリンダー破損 B  
8399.jpg 壊れたキーシリンダーを分解してキープレートの番号を確認。

中古のキーシリンダーを分解して同じ番号の新品プレートを組込ます。

Date: 2017/12/29(Fri) ドア、キーシリンダー破損 A  
8398.jpg シリンダーの割れた跡を見てみると、どうやら前から亀裂が入っていた汚れを発見。

今回外す際にコジった事で完全に割れたみたい!

シリンダーが割れたなら再使用が出来ない。。。
しかし、マツダ部販はもう休み。。。
しかし、治さないとドアをロック出来ない。。。

さて、どうした物か…と考えていた時に

「中古のキーシリンダーが有ったような気が…」

探してみたら、、、有りましたよぉ♪
たまたま在庫で持ってました。

この中古のキーシリンダーを使えば治せます♪(^^)

Date: 2017/12/29(Fri) ドア、キーシリンダー破損 @  
8397.jpg 昨日の午前中は両親が入院の為、付き添いで休みました。

午後1時には工場に戻る予定でしたが…

アレが無いから買って来て!
荷物の中から探してくれ!!

などと余計な雑用をさせられて、戻ったのが3時過ぎ…。(−−;

NC流用ミッションの部品が来ていたので急いで組立。

作業の最中、5時くらいにNB6の先生がご来店し

「右ドアのキーが引っ掛かってたまに動かない」との事。

自作業でキーシリンダーを外して貰いましたが、その時に

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ! と先生が絶叫!!

その原因がコレ…

シリンダー後部が割れてロッドが取れた!

こりゃ、ヤバイ!!!!!!(@@;

Date: 2017/12/27(Wed) BRZ、BILSTEIN車高調 終  
8396.jpg リヤを覗き込んで見ると…

こちらは少しバンザイしてます!

しかし…これでリヤの車高を上げるとフロントに荷重が掛り易くなって、更にバンプタッチし易くなってしまいます!!

取り敢えず車高はイジらずに試運転。

乗り心地はバンプタッチによる突き上げ感は思った程なくて、少し硬い感じがする程度。

バンプラバーが柔らかいんでしょうね!

ローリングして車体を振ってみると…バップタッチしている性で直ぐにタイヤがブレイクします!!

更に急ブレーキを試して見ると…
フロントが少し沈んだ、と思ったら直ぐにロックしてABSがバンバン効きます!

こりゃ、危ないわ!!

バンプ量1.0cmでアームが地面と殆ど平行なんだから性能重視するならショックのケース長やロッド長の寸法を変更しないとダメですね!

でも、そうなると大掛かりな事になり予算も上がってしまうのでショック自体を他の物に変更した方が良いかも!!

オーナーさんに状況と注意点(ブレーキには気を付けて)を説明したら
「やはりプロに相談してから買えば良かった↓」

と肩を落とされてました。。。

いやいや、僕等だって全ての商品の善し悪しを知っている訳では有りません!
何事も勉強ですよ。(^^;

Date: 2017/12/27(Wed) BRZ、BILSTEIN車高調 M  
8395.jpg 測定後、車両を降ろして前後に動かし、車高を落ち着かせた後、アームの角度を確認。

画像では少しバンザイしているように見えますが、実際には地面と殆ど平行なのでベスト♪

Date: 2017/12/27(Wed) BRZ、BILSTEIN車高調 L  
8394.jpg リヤの計測をして見ると…

バンプ量は0.9cm。

という事はリバンプ量は6.6cm。。。

2cmのプリロードを掛けているにも関わらず、前後共に伸び側のストローク量が多過ぎですね!

何でメーカーはこんな設定にしたんだろう…(@@??
わからん!!

Date: 2017/12/27(Wed) BRZ、BILSTEIN車高調 K  
8393.jpg 僕が交換、計測が終わってもオーナーさん担当のシヤショックはまだ取外しも出来てない状態。

これがプロとの差ですよね!(^^;

二人で作業してショック交換と同時にアーム取付ボルトを緩まして、1Gを掛けて本締め。

Date: 2017/12/27(Wed) BRZ、BILSTEIN車高調 J  
8392.jpg アーム、ショックの取付ボルトを締めた後、ロッドに巻いたタイラップの位置を計測。

リバンプ(伸び側)量は7.5cm。

んっ! 
有効ストロークが8.5cmだからバンプ(沈み込み)量が1.0cmしかない事になります!!

スプリングレートは5.0k…こりゃ直ぐにバンプタッチするでしょ…(−−;

Date: 2017/12/27(Wed) BRZ、BILSTEIN車高調 I  
8391.jpg オーナーさんにはリヤ側を担当してもらい、トランク内の荷物を降ろして内張りを剥がして貰いました。

その間に僕はフロントを交換。

1Gを掛けてアーム取付ボルトを本締め。

Date: 2017/12/27(Wed) BRZ、BILSTEIN車高調 H  
8390.jpg 付いているショックは純正。

取付方法はフロントがファミリアBG8Z、リヤはロドスタNDと同じ方式でしたね。

Date: 2017/12/27(Wed) BRZ、BILSTEIN車高調 G  
8389.jpg もうすぐ正月ですねぇ!

全く実感が湧きません!!

来年は新サービスを検討しておりまして、仕事に専念したいと思ってるんですが…

できないかなぁ↓(−−;

明日は午前中だけ、両親の入院で付き添うので店を閉めてます。
なお年末年始のお休みは12/31〜1/3までを予定しております。

さて、BILSTEIN車高調取付でBRZを入庫して貰いました。

オーナーさんも、手伝いたい!との事で一緒に作業。

Date: 2017/12/26(Tue) 青NBターボ、燃欠原因 M  
8388.jpg 降ろしたNBの燃料タンク。

大きさはNAと変わりませんが、燃料ポンプユニットやパイピングが異なります。

外観は全く錆て無いのに…ね!

Date: 2017/12/26(Tue) 青NBターボ、燃欠原因 L  
8387.jpg リヤメンバーを降ろした後に燃料タンクを取外し。

ガソリンを抜いてあるのでそんなには重たくは無いんです。



Date: 2017/12/26(Tue) 青NBターボ、燃欠原因 K  
8386.jpg 日曜日はお手伝いの山さんと富士SPW帰りのMA70スープラのオーナーさんが来てくれて、リヤメンバー取外し→燃料タンク取外しまで手伝ってくれました。

メンバーはデフ+足廻りが付いた状態で降ろしたので非常に重い!

ガレージジャッキで降ろす際に斜目になると危ないので非常に助かりました。

ありがとう御座いました。m(_ _)m

Date: 2017/12/26(Tue) クリぼっち  
8385.jpg 皆様、クリスマスは楽しく過ごされましたか?!

僕はイブもクリスマスも夜は「クリぼっち」でした↓

家族が居るのに…保護しているネコさえも寄り添ってくれず↓↓

喰っちゃ寝ばかりしやがって!
たまには俺を癒せよ!(><;

伸びをしているあなたですよ! あなた!!

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 J  
8384.jpg 固まったグリスをシリンダバフで落として綺麗に洗浄。

別のグリスを検討してみようと思います。

こういうのが店ごとに違うノウハウになりますからね。(^^)

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 I  
8383.jpg キャリパー側の穴びブツブツした物が見えますが…

これも錆では無く固まったグリス!

グリスにはゴダワっていて、いろいろ試して今のグリスを選んでいるんですが…。

サーキット走行では固まらないが峠だと車速も乗らないし、コーナーの感覚が短いのでブレーキ温度が上がってしまうのか?!

とにかく今使っているグリスでは固まってしまう事が判明。

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 H  
8382.jpg やっと外れました!

スライドピンに付いている茶色いのは錆では無くグリス。

拭き取ったらピンは全く錆ていませんでした。

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 G  
8381.jpg 仕方なくブレーキホースを外して万力に固定し、銅ハンマーで

打つべし!打つべし!!

叩く事10分後。。。

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 F  
8380.jpg キャリパー側をヒートガンで熱膨張させてから叩いても見ましたが…

全く動かず↓

またスンナリと行かない↓↓(T。T

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 E  
8379.jpg 燃料タンクを外すにはリヤメンバーを取外します。

足廻りごと外した方が楽なのでキャリパーを外そうと思ったら…

右リヤのキャリパーがスライドピン部で完全固着してます!(@@;

ドライバーでコジって持ち上げてプラハンで叩いてみましたが…微動だにせず!!


Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 D  
8378.jpg 燃料タンクを外すのでまずは燃料の抜き取り。

燃料フィルターのホースを外してペール缶に燃料を移します。

洗濯ハサミで止めているのはゴミが入らないようにする為のフィルターを固定する為。

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 C  
8377.jpg 燃料ユニットを外した穴からタンク内を覗き込んで見ると…

ありゃりゃ!

タンク内も錆だらけです!!

でも鳥取ファミリアの以前のタンクよりかは錆は少ないかな?!(^^;

この車両は放置はしておらず、常に燃料は入った状態だったんですが…
それなのにこんなに錆が発生するとは。。。

僕が考えるに、良くガソリンスタンドで薦められる「水抜き剤」のせいではないかと!

あれって殆どがアルコール成分。

ガソリンと水は混合しませんが、アルコールと水は混合します。
そしてアルコールとガソリンもまた混合する。
それでタンク内の水を抜く事ができる訳なんですが…。

タンク内は「錆止め表面処理」が施されています。

この錆止め被膜をアルコールが溶かして剥がしてしまうのでは無いかと!

アルコールが入っても直ぐには被膜は溶けないと思うので、直ぐに使いきってしまえば問題は無いと思います。

しかし、長期間アルコールが入ったままだと…溶かしてしまうのでは無いか?!

まあ、検証した訳では無いので水抜き剤が原因なのかは断言できませんけどね!!(^^;

鳥取ファミリアはワコーズの「ピカタンZ」で錆を落としましたが、NBのタンクは部品がまだ出るので新品に交換する事に!

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 B  
8376.jpg 燃料ポンプも錆だらけ!

フィルター内には黒い物(錆?!)が蓄積しています!!

恐らくフィルターの目より細かい錆を吸い込んで、それが蓄積した事で横Gが掛った際に吸い込める所が限られてしまった…のかも?!


Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 A  
8375.jpg 確認の為、燃料ポンプユニットを外してみると…

あちゃ〜〜!

メッキが剥がれて錆だらけ!!

Date: 2017/12/24(Sun) 青NBターボ、燃欠原因 @  
8374.jpg 10月に不調を訴えていた青NBターボ号。

きついコーナーリングの時だけエンジンがたまに息付きを起こすらしい!

症状を聞くと、どうやら燃欠っぽい!!

ロドスタの燃料タンクは上手く出来ていて、コーナーリングの横Gが掛って燃料の片寄りが起きても燃欠を起こさない形状で出来ています。

他メーカー車ではコレクタータンクを付けないと燃料が吸えなくなって燃欠を起こす車両は結構ありますよね!!

走行時、燃料は半分以上入っている。との事なので片寄りでの燃欠は考え難い。。。

ポンプのフィルターが詰まっているのか?! それともフィルターが外れたのか?!

Date: 2017/12/24(Sun) 朝の寝泊まり小屋は「氷点下」  
8373.jpg どんどん気温が低くなりますねぇ↓

朝7時に起きてファンヒーターのスイッチを押そうと思ったら…

室内温度の表示が「0度」!

おいおい、凍っちゃうよ!!(@@;

これから防寒ツナギを着て寝ないとダメですね。。。

Date: 2017/12/23(Sat) BRZ、BILSTEIN車高調 F  
8372.jpg このストローク量と軸重から計算して最低でもF:9k、R:7kのレートに初期設定したい所!

計算方法は…企業秘密♪

って言っても知ったら簡単なんですけどね!
僕も最初は知らなかったんですが、知ったら

「なるほど!簡単じゃん!!」

と思いましたから。(^^;


初期設定のレートになるようにSPにプリを掛けるんですが…
SPシートを一番下にしてもSPを縮めないと組めない!

おいおい!O(ゼロ)プリでセットできないじゃん!!

もう一回バラしてSP+SPシート+ヘルパーSPの全長を計測。
また組み込んでロアシートを回してプリを掛けて行くんですが…

んっ!ロアシートを回す際に左右同じ力で回せない!!

もしかしたら回す力が弱い方のSPがヘタってるのかも?!

んんん…テスターに掛けてレートを測定(500円/1本+送料)したい所ですが…
予算に限りもあるし…(−−;;

今回はこのまま組み上げる事にしました。

後は26日(火)に車両を持ち込んで貰い、取付けて1Gでセットしてバンプ側&リバンプ側のストローク量の確認です。

Date: 2017/12/23(Sat) BRZ、BILSTEIN車高調 E  
8371.jpg リヤショックは正立式。

シャフト径は15φでさすがに太い!

ラバー長とストローク量を計測して有効ストロークは7.5cmだと判りました。

僕は通常、バンプラバーをカットして有効ストローク量を多く取るセットをするんですが…

フロントのラバーがカット出来ないし、リヤだけ長くしても意味が無いので今回はこのままにします。

リヤのロッドにもタイラップを巻いて組立。

Date: 2017/12/23(Sat) BRZ、BILSTEIN車高調 D  
8370.jpg 取り敢えずバンプラバーに当たるまでのストローク量を計測したら8.5cm。

んっ!そんなに長くない!!

スカイラインやシルビアは15cm有りますからね。

でも、ロドスタの5cmよりかは長いですね。(^^;

車両に取付けて5.0kのSPレートで1G掛けた際にどのくらい沈み込むのか?!

タイラップを巻いて、判り易いようにカバーを外した状態で組み立てます。

Date: 2017/12/23(Sat) BRZ、BILSTEIN車高調 C  
8369.jpg 倒立なのでロッド先端は下に付いています。

ロッドを固定しているナットを外して抜くんですが…
抜けない!(−−;んっ

プラハンで叩いても…
抜けない!!(@@;;んんんっ

プレスに掛けて見ても…
抜けない!!!!(><;;固着してんじゃん!!!

フロントの2本共に外れないので、もしかしたら非分解品なのか?!


いずれにしろバンプラバーの寸法と正確なストローク量が計測できません↓

Date: 2017/12/23(Sat) BRZ、BILSTEIN車高調 B  
8368.jpg まずは計測。

フロントショックのカバーを外したら…

倒立じゃん!

良いショックを買いましたねぇ♪

という事はバンプラバーはケースの中に入っているので分解しないと計測出来ない!

Date: 2017/12/23(Sat) BRZ、BILSTEIN車高調 A  
8367.jpg フロント、リヤ共にアッパーマウントが無い状態。

SPレートはF:5.0k、R:5.25k。

んっ?!
ロドスタよりも軸重が重いのにこのレート?

余程ストロークが長いのか??

Date: 2017/12/23(Sat) BRZ、BILSTEIN車高調 @  
8366.jpg 数年振りに懐かしいお客様から

「中古で購入したBILSTEIN車高調をメカドック理論でセットして欲しい」

とのご依頼。

僕は良く「足廻りの事は判らない」と言うんですが、それは僕の考え方とお客様、他のSHOPさんと違うから!

それにオーナーさんそれぞれにドライビングが違います。
という事はセットするやり方も10人10色で当たり前!!

「このセットが正解」という物は無い、と思っているからです。

僕の持論は説明すると長〜〜〜くなるので端折りますが、一番重要なのは「動く脚」です。

乗り心地と性能重視、という考えなので車高短にしたい人には合わない店です。(^^;キッパリ!


持ち込まれた車高調は非調整でヘルパーSP付きのタイプ。

ヘルパーが付いてるとセットが出し難いんですよねぇ↓(−−;

Date: 2017/12/23(Sat) NA6速ミッション改、NC5速スワップ ㉒  
8365.jpg 各部のチェック、計測や移植部品検出に時間が掛りましたが、要領が判ったので交換部品が無ければ1日で終わりますね。

しかし…

メカドック流の「愛情とコダワリの作業」だと2日間は掛るかも!

各部の点検チェックと仕上がりにコダワッてしまいますから…(^^;


ホコリが入らないように部品を被せて置いてコントロールケースの部品待ち。

Date: 2017/12/23(Sat) NA6速ミッション改、NC5速スワップ ㉑  
8364.jpg 各部の計測、移植を済ませてからパッキン剥がし。

ギヤ側に落ちないように気を付けて剥がします。

最後にエアを吹いてカスを飛ばして脱脂。

Date: 2017/12/23(Sat) NA6速ミッション改、NC5速スワップ S  
8363.jpg NCミッションには車速センサーが付いていません!

でもシャフトにはセンンサーギヤが取り付けられる所があるので、NA用を移植して取付ます。

Date: 2017/12/23(Sat) NA6速ミッション改、NC5速スワップ R  
8362.jpg これがNC用のメンドラ。

歯数が同じなので外径は同じ。

長さは13.0cmと5mm長い!

シャフト先端にはパイロットベアリングが付くんですが、NA用のシャフトの痕跡を見ると1cmほど余裕があるみたい!!

5mmくらいならパイロットからシャフト先端が出てもクランクには当たらずに済みそうですね♪

Date: 2017/12/23(Sat) NA6速ミッション改、NC5速スワップ Q  
8361.jpg NAミッション流用にあたり、一番気になって居たメンドラの形状とサイズ。

NA用のメンドラの長さは12.5cm。

Date: 2017/12/23(Sat) NA6速ミッション改、NC5速スワップ P  
8360.jpg NCミッション流用加工は現在部品待ちで止まってますが、これまでの作業経過をアップ。

シフトロッド・エンドも含めた各部パーツの長さ、太さを計測。

寸法は殆ど同じですが、形状が異なる物もあります。

流用できる事に気付いた人も同じように計測したんでしょうね!(^^;

Date: 2017/12/23(Sat) 凍結防止対策 終  
8359.jpg 7時の目覚ましで起きて、トレーナーを外して蛇口を捻ってみると…

隊長、出ました♪

最初はチョロチョロとでしたが、水を出している内に通常に出るようになった♪

やはり「餅屋は餅屋」ですね!(^^;

もう少し厚手の物で巻けば安心かも♪
これで朝一番の寒い作業をしなくて済みます。

KITADA氏のご助言、感謝します。m(_ _)m

Date: 2017/12/23(Sat) 凍結防止対策  
8358.jpg 今朝も寒い!

外の車両は半分上が凍ってる、というか氷が張ってます!!(@@;

昨晩「ブログをみました」と北海道へ引っ越されたKITADA氏からラインが。

「タオルを巻いて置くとイイ」とのご助言。

それで早々にやってみた。

蛇口+分配ユニットを覆う程のタオルが無かったので、ボロボロになって捨てようと思っていたトレーナーを巻いてみました。

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ O  
8357.jpg そしてこれがNAのエンドの形状。

似ているように見えますが…

長さを測ってみると違う!

これも流用が効かないので移植ですね。

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ N  
8356.jpg ギヤを動かすシフトロッドのエンドの長さも違うハズ!

これはNCのシフトロッド・エンドの形状。

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ M  
8355.jpg NCとNAの互換性を見ながら作業。

これはコントロールレバーなんですが、ロッド長が違うし、エンド部分の長さも違う!

リヤケースはNA用を使いますからコントロールレバーはNA用を使う事になりますね。

という事は…

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ L  
8354.jpg これはNCミッションのコントロールケース。

良くみるとオイルを抜く所が無い!

NA用はケース下のフタを外して斜目にすると全部抜けるんですが…

NCは斜目にしても無理そう!!

さすがMAZDA品質。。。メンテの事を考えておりません。(−−;
これでは鉄粉が溜まりそうですねぇ…。

NCはミッションオイル交換時にコントロールケースのオイルも交換した方がいいかも!!

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ K  
8353.jpg カラーを調べた際に気付いた不良箇所!

NA用のカバーでシフトレバーが入る(赤線)部分が削れて凹んでます!!

かなり削れているのでガタが出ますねぇ↓

カラーも削れているし…

折角ギヤが新品になるんだから、シフト廻りも交換しましょう。

部販に問い合わせたら「メーカー在庫あり」だったので注文。
25日の入荷予定です。

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ J  
8352.jpg ピンを抜き取って比べてみたら…

外径は同じなんですが、高さ(厚さ)が違いました!

これでは隙間が出来てガタが出てしまうので流用できませんね↓

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ I  
8351.jpg これはシフトレバーが付くコントロールケースのカバー。

形状は全く違いますね!

中に使われているカラーがNA用が痛んで擦り減っていたので使えるなら移植しようかなと♪

しかし…

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ H  
8350.jpg オイルが抜けた後、いよいよ分解。

NCミッションをバラすのは初めてなのでワクワク♪

Date: 2017/12/22(Fri) NA6速ミッション改、NC5速スワップ G  
8349.jpg NCミッションの流用加工も進めてます。

NAミッションのベルハウジングを綺麗にしている間にNCミッションのオイルを抜いて置きます。

下のドレンから抜いても、まだ結構なオイルが中に残ってるんですよね!

フロントカバーを外してこうやって立てかけて置くと殆どのオイルが抜けます。

Date: 2017/12/22(Fri) ガレージジャッキ修理 F  
8348.jpg OHしたエアポンプとオイルタンクを取付けて給油。

ジャッキオイルなんて物は持っていないのでATオイルを入れてみた!

オイルを入れた後、何回かエア抜きしてエアを繋いでボタンを押すと…

動きましたよ♪

でもオイルが硬いのか、動作が遅い↓

CVTオイルの方が良かったか?!(−−;

まずは一安心ですが…車を持ち上げてみないとまだ判りませんね!

後、どのくらい持つのかも!!!

Date: 2017/12/22(Fri) ガレージジャッキ修理 E  
8347.jpg 分解する際に撮影した画像とパーツリストの図面を見ながら組立。

各部のバリ取りやグリスアップも行いました。

慣れてたら15分で出来そうな作業ですが、初めてで手探りでの組立だったので2時間も掛った!(^^;

Date: 2017/12/22(Fri) ガレージジャッキ修理 D  
8346.jpg 注文していたガレージジャッキのOリングがやっと入荷。

汎用品では無いだけあって時間が掛りましたねぇ。。。

でも、これで治るのか?(−−;

Date: 2017/12/22(Fri) 起きて朝一番の作業 終  
8345.jpg ドラムコードで電源を引っ張って、ヒートガンで蛇口とパイプ、分配ユニットを温めます。

寒い中、15分くらい温めてやっと水がチョロチョロと!

これが毎日の朝一番の作業!!(^^;

Date: 2017/12/22(Fri) 起きて朝一番の作業  
8344.jpg 皆様、お寒う御座います。

また朝一番でやらないと行けない時期になりました!

それは…

歯磨きの前に水道の凍結を溶かす作業!!

朝7時に起きるのですが…蛇口が凍って回りません↓(@@;

Date: 2017/12/20(Wed) NA6速ミッション改、NC5速スワップ F  
8343.jpg 我慢できずにやってしまった!

アルミ用バフで錆を落として、リブ部のバフが入らない所はワイヤーブラシを掛けて、ついでに砂のバリをベルトサンダーで綺麗に削り取り、サンドスポンジで研磨目を綺麗に仕上げ。

午後5時から始めて終わったのが12時半!!

7時間の愛情作業…こりゃ儲からんわな。。。(^^;

Date: 2017/12/20(Wed) NA6速ミッション改、NC5速スワップ E  
8342.jpg 洗浄してエアで乾かすと…

何かベルハウジングだけ綺麗じゃない!

強力洗剤のグリスサットルで洗っても綺麗にならない!!

こりゃサビかな?!

サビだらけ…そのまま組む…仕上がりが綺麗じゃない…

んんんんんんんん!!!!

Date: 2017/12/20(Wed) NA6速ミッション改、NC5速スワップ D  
8341.jpg 次にオイルで汚れている物も含めてスワップに使う部品を洗浄。

シフトレバーのコントロールケースが鉄粉だらけだったのでバラして綺麗にしました。

Date: 2017/12/20(Wed) NA6速ミッション改、NC5速スワップ C  
8340.jpg フロントとリヤのケースを取り外した状態。

センターケースにギヤが着いた状態でNC用と交換するのでこれでバラシは終了。




Copyright(C)2002 Mecha-Doc. All rights reserved. [Admin]
Based on - KENT -