Mecha-Doc Blog - メカドックが語る!そこまで言ってもホントにいいの?ぶっちゃけブログ!

[トップに戻る] [ワード検索] [Admin] -->

Date: 2018/12/16(Sun) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 終  
9428.jpg ガラスの廻りのランチャンネルにはシリコングリスを、レギュレーターの作動部にはスプレーグリスを塗布。

給油後何度も上下させてグリスを馴染ませるとウィンドウの動きが良くなりました。

恐らくレギュレーターの作動部(レール)内に塗布されているグリスが硬化して硬くなってしまっているんでしょうね!

本来はレギュレーターを外して硬化したグリスを除去し、洗浄後に新しいグリスを塗布して上げるのが良いでんすが…

予算が一杯なので次回(車検)の時に行った方がイイかも!!(^^;

この車両もスンナリと終わらなかったですが、廃盤でも何とかして、ちゃんと治すのがプロってもんですよね。

Date: 2018/12/16(Sun) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交 換 ㉜  
9427.jpg クラッチ交換の他に左ウィンドウの動きが遅いのも修理のご依頼。

作動させてみるとチト遅い!

内張りを外して動かして見ると何かガラスが斜めになってレギュレーターからギシギシと音が!!

油膜切れか?

Date: 2018/12/16(Sun) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交 換 ㉛  
9426.jpg いや〜寒いですねぇ!

今朝、起きて歯磨きをしようとしたら…

ありゃ!水道が凍っていて水が出ない!!(@@;

寝泊り小屋のヒーターを付けたら室内温度が2度の表示。。。
もうそんな時期になったんですねぇ↓↓

冷蔵庫が「冷蔵」では無く「保温室」変わりになる時期になりました。

さて、その寒い中、黒ファミリアの仕上げ。

エンジンの補機類を取付けてミッションオイルとクラッチオイルを注入。
冷却水も入れてエア抜きを行いながらクラッチの繋がりを確認点検。

同時にメチャクチャ汚れていたパワステオイルの交換も行いました。

やはりエンジンやミッション、補機類が綺麗だと見ていても気持ちがイイですね♪

Date: 2018/12/14(Fri) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉚  
9425.jpg マウントをボディに取付けてエンジン+ミッションを搭載。

これで作業が進められます♪

エンジンマウントがひび割れていて交換したい方が居ましたらご連絡ください。

5人以上居る場合は本格的に動きますが、居ない場合はこちらも動きませんので「廃盤」のままですね!(^^;

Date: 2018/12/14(Fri) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉙  
9424.jpg 上がって来た状態で車両に仮付けしてみたら、ラバー部がボディに当たってしまう事が判明!

そのまま付けるとエンジンが動いた際に擦れ音がする可能性がある!!

一手間掛けて異音が出ないようにラバーを研磨してボディと干渉しないようにしました。

Date: 2018/12/14(Fri) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉘  
9423.jpg 部品待ちだった黒ファミリアのエンジンマウント。

純正部品は廃盤!

使えそうなマウントも2個取り寄せて見ましたが外径が5mm大きくてNG!!

チューニングパーツを取り扱う問屋さんが来た際にマウントを見せたら
「作れますよ」と言われたのでマウントを渡して入荷待ちしてました。

そのマウントが昨日入荷。しかし…

どうやら「作る」というより「ラバーを流し込んで治す」形状で上がって来ました!

それに何か仕上がりが汚い…。(−−;

他にジュラコンを流し込んで強化にしてくれるSHOPさんも見付けたんですが…

ジュラコンやウレタンは経年劣化すると痩せてくるので外れてしまう。
それに価格も¥24,000−以上掛るみたい。。。

今回は初めてという事で¥20,000−掛りましたが、、、次は無いなぁ!(^^;

Date: 2018/12/14(Fri) Z33前期、クラッチ交換 C  
9422.jpg ミッションをジャッキで後方へズラしてこの位のスペースが出来たらモッションは降ろしません。

このスペースでクラッチの交換は十分に出来ますから。

しかし…純正タイプの強化が入っていると思っていたらエグゼディのツインクラッチだった!

エンジンはドノーマルなのに!! 要らんわなぁ。。。

前オーナーさんはSHOPさんの売上に貢献したんですね。(^^;

交換するのに取り寄せた純正クラッチがこのままでは付かないので、フライホイールをどうするか?

オーナーさんと相談して回答待ちです。

Date: 2018/12/14(Fri) Z33前期、クラッチ交換 B  
9421.jpg 漏れた冷却水を辿って行くと…

冷却水の気泡を除去する後付けリーザーブタンクのホース接続部から漏れてました!

この症状はホース内径とニップル径が合って無いのかも!!

ステーがタワーバーに溶接されているからドコかのSHOPさんで取付けたようですが…
お漏らしはイカンですねぇ!(^^;

バスコークを塗布して補修して置きましょう。

Date: 2018/12/14(Fri) Z33前期、クラッチ交換 A  
9420.jpg 車両を工場内に入れてボンネットを開けた際にラジエター漏れの匂いがして居たので気になってたんですが…

クラッチ交換でアンダカバーを外したら冷却水が!

やっぱりドコかで漏れますねぇ!!

Date: 2018/12/14(Fri) Z33前期、クラッチ交換 @  
9419.jpg しばらくHPの更新は1週間ぶり!

部品待ちやオーナーさんからの回答待ちなどでネタが無く、更新を疎かにしておりました!!(^^;

作業が進められない間に来年の「確定申告」の事務処理を早目に始めました。

事務処理はマジで性に合わないです。。。

パソコンに向き合う事自体、部品を調べたり、セッティングでデータを打ち込んだり、趣味のエロサイトを見る意外には向き合いたく無い!

でも確定申告はやらないと怖〜〜い税務署さんに目を付けられちゃいますからね!!

さて、先週土曜日に入庫したZ33。

青NBターボ号のオーナーさんの職場仲間の方で以前にメカドックのパットに交換した車両。

その際に「そろそろクラッチが滑るよ」と指示したんですが、とうとう滑り始めたのでクラッチ交換での入庫。

Date: 2018/12/06(Thu) 黒NA6ターボ、車検整備 E  
9418.jpg 今日は久し振りの雨。。。

昨日から黒NA6のボディ磨きをしていて日に当てて傷の確認をしたかったのに…。

車検整備が終わり、昨日、所沢陸事に持ち込んで車検は終了。

帰って来てから最後のご依頼のボディ磨き。
2年前は山岸板金さんにお願いしたので今回もお願いしに行ったら…

「自分で出来るでしょ♪」
と工具と溶剤を渡されました!(−−;

どうも話しを聞くと磨きをやって時間が無いみたい!!

磨き作業って意外に時間が掛るんですよ。
電動バフをずっと持って作業するので腕も辛いしね!(^^;

黒NA6ターボのボディには木の樹脂とボディシートの防水溶剤?がシートから溶け出してボディに付着してしまっていました。

この付着した溶剤の除去と磨きの作業。

まずは前半分に付着している木の樹脂を水洗いで除去。
次にボディ全体に付着した溶剤をパーツクリーナー3本使って拭き取り除去。

その際に驚いたのが鉄粉や砂が塗装に喰い込んで無くてツルツル!
このボディには2年前に山岸板金さんでガラスコーティングを掛けて貰いました。

通常なら半年くらいで鉄粉などで表面がザラザラになるんですが…
ガラスコートの効果なのか、それが全く無い!! 
これには驚きましたね。(@@;

お陰で次の工程の「ねんど掛け(鉄粉&異物落とし)」の工程をやらずに済みました♪

そしてお借りした(強制貸出?)工具で細かい傷を研磨。
これが時間が掛って腕が辛くなるので休み休み行い、昨日は前半分で終了。

本日はドアから後ろを磨き研磨して、その後カラー(色染め)ワックスを掛け、仕上げでコーティング補修材を塗布して終了の予定。

今日1日はこれで終わるな!(^^;

Date: 2018/12/04(Tue) 糖尿病&うつ病 発症 終  
9417.jpg 医師から

「まだ重度の糖尿病では無いので食事療法で様子を見ましょう」と言われました。

1日1食を辞めて5食取るように言われ、朝は米を通常の半分、昼は食パン1枚、夜は蕎麦。

朝昼夕の間におかずだけを間食して5食にするよう指示されました。

歳を取ると病気の話しが多くなる…という事に自分も参加してきた感じ!(^^;

Date: 2018/12/04(Tue) 糖尿病&うつ病 発症 @  
9416.jpg 月曜日は父親の病院への付き添い。

前回の付き添いの際に、最近体調不良が続いていたので一緒に診察して貰い検査をしていました。

その結果が昨日言い渡されたんですが…

糖尿病とうつ病との診断。。。(@@;
まあ甘い物好きなので予感はしていましたが…

でも僕の糖尿は父親の遺伝らしい!
糖尿病が遺伝するとは知らなかった!! 

自宅に帰って子供達に
「お前らも遺伝で糖尿病になる可能性が高いから気を付けた方が良い!」
と伝えました。(^^;

しかし…うつ病の自覚は無いんですが…
血液検査の数値、症状からして「うつ病」らしい!!

最近ことごとくスンナリと行かない事が多かったのは事実。。。
家庭内の事もチト悩みがあるのも事実。。。

まさか自分がそうなるとはねぇ!!!!(^^;

そんで処方された薬の量が凄い!
何じゃこの量は!!(@@;

薬代だけで¥3,700−。。。牛丼10杯分。。。。

Date: 2018/12/04(Tue) 黒NA6ターボ、車検整備 D  
9415.jpg ついでにボス裏側のプレートにもグリスを塗布。

出来たら金属の粉が入っているグリスが最適ですね。

ちなみにこれはパットに使うパットグリス。

パットグリスは放熱効果を出す為に金属粉が入ってます。

Date: 2018/12/04(Tue) 黒NA6ターボ、車検整備 C  
9414.jpg 修理方法は簡単で、鋭角になった端子先端をヤスリで丸く研磨。

真ん中の穴の部分にグリスを注入すればOK。

これで擦れるような「シュルシュル」音は止まります。

Date: 2018/12/04(Tue) 黒NA6ターボ、車検整備 B  
9413.jpg 車検整備以外にオーナーさんからの依頼の不具合を修理。

ハンドルを回すと「シュルシュル」と何かが擦れるような音がするそうな!

点検してみると軽い金属同士がすれるような音。。。

これはアレだ!と直ぐに判ってハンドルを取外し。

アレとは…

ステアリングボスの裏側には金属が貼り付けてあり、レバースイッチASSYから出ている端子がソコに接触しています。

この端子が削れて四角くなってしまって音が出ているんですね。

ブレーキパットも角が鋭角になると「パット鳴き」するのと同じ。

Date: 2018/12/04(Tue) 黒NA6ターボ、車検整備 A  
9412.jpg 見た目で変更したのが判るのはエアフロ。

NA6はバタフライ式ですが、NA8はホットワイヤー式。

これに変更するだけでも吸入抵抗が低減しますからね♪

パワーUP、レスポンスUPしても燃費は純正のまま。

しかもボアアップして1,722ccにしても、I/JをBP用にすればそのままでOK。

僕にはこのメニューが流行らない理由が判らん!(^^;

Date: 2018/12/04(Tue) 黒NA6ターボ、車検整備 @  
9411.jpg ご予約を頂いていた黒NA6ターボ仕様が土曜日の夜に車検で入庫。

日曜日に点検と部品出しを行いました。

オーナーさんは街乗り+峠を楽しむくらいの走りなので下からのトルクUPと気持ちレスポンスUP程度の仕様。

HKSのボルトンターボキットを装着し、ブーストは純正値(0.4kg/cu)のままです。

ブーストUPしたりタービンを大きくするとインタークーラーやサブコンまたはフルコンが必要になってくるのでコストが掛ってしまいますからね!

エンジンは未開封で264ポンカムに交換のみ。

CPUは純正の8bitからNA8Sr2の16bitに変更してレスポンスを向上させてます。

この「CPUスワップ」は街乗り仕様のNA6にはお薦め。

スロポジセンサーがスイッチ式からリニア式になる事で加速補正が綺麗に入るようになるし、解析速度も上がるのでキッチリと燃料が追いついてパワーとレスポンスが格段に上がります。

開発テストでKITADA号に取付けた際には10馬力上がりました♪
レスポンスも「軽量したの?」って位に良くなった♪

Date: 2018/12/04(Tue) みんなで食べ歩き「Egg Moon CAFE」 終  
9410.jpg 皆さんはカレー、ドリア、パスタと普通の昼食を注文。

僕は折角なんだから評判のパンケーキで数種類ある中からイチゴソースパンケーキとアイスをトッピング、飲み物はホットチョコレートで注文。

メッチャ血糖値が上がりそうな組み合わせ。。。(^^;

画像では判り難いですが、パンケーキは結構な量で、2枚でお腹が一杯になるくらいでした!

お味は中々美味しく、甘さもひつこくない♪

女子にはウケそうなお味でした。

Date: 2018/12/04(Tue) みんなで食べ歩き「Egg Moon CAFE」 @  
9409.jpg 日曜日は新規開拓でふじみ野市鶴ケ岡にある「エッグムーンカフェ」という所にバッシーさん、黒HCR32オーナーさん、先生氏と4人で食べ歩きい行きました。

店内におじさん4人、内ツナギ姿のおっさんが居るのが似合わないようなカワイイ雰囲気の店内。

この店はパンケーキが美味いらしい♪との事で言って見ました。

Date: 2018/12/02(Sun) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉗  
9408.jpg B/Oだったスタビブッシュのブラケットが入荷。

改めて並べて比較してみると、ブラケットが付く位置も違う事に気が付いた!

代替品(後期型)の方がブラケットの取付位置が外側に成ってます。

何か意味があるんでしょうねぇ。。。(きっと!)

エンジン前側に付くエンジンマウントの対策が出来ていないのでまだ搭載はできません。

ちなみに今回取り寄せたマウントは使えそうも無かった!

他のマウントを手配中で12/4の入荷予定。
今度は使える物で有って欲しい!!(−−;

Date: 2018/12/02(Sun) Mr,T氏 A/Fセンサー&オイル交換 終  
9407.jpg 使っているA/F計は海外NGK製品の「AFX」。

今まで使った市販A/F計の中で一番正確で解析速度が速い物でお気に入りの機械。

ですが…現在は廃盤となってしまってます↓

NGKの子会社で「NTK」から代替品を出しているそうなんですが…
まだ使ってないのでどんな物なのか判らないんですよねぇ!

チト気になっているA/F計ではあります。(^^;

話しを戻して、、、左がAFX用のセンサー。
右が今回取り寄せたセンサーなんですが…形が違う!!

問屋に問い合わせたら、AFXが廃盤になってNTKの代替品のセンサーだそうな!

「性能も以前と変わらないので問題ない」との回答。

NTKは結構大きい会社だし、詐欺まがいな商品を出す事は無いとは思いますが…
ココは信用するしか無いですね。(^^;

センサーを交換後、A/F計の校正を掛けてフィードバックを掛けているVPro側もA/F計の表示値に合うように微調整。

排気音もイイ感じになり、空燃比も設定値になったので大丈夫だと思います。

Date: 2018/12/02(Sun) Mr,T氏 A/Fセンサー&オイル交換 @  
9406.jpg また寒が戻りましたね!

吐く息が白いから10度を下回っていると思われます!!(><;

足先と指先が冷たい。。。

9月にアイドリング不調でA/F計の校正を行ったMr,T氏のNB2。

A/F計からの信号をVProへ入力してフィードバックを掛けてるんですが、最近、空燃比が薄くなり放しとの事!

調べたらA/F計を取付けたのは6年と半年前。

使っているセンサー内部に汚れやカーボンが蓄積しても可笑しく無い時期ですね!!

という事でA/Fセンサーの交換と、同時にオイル交換もご依頼。

Date: 2018/12/01(Sat) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉖  
9405.jpg クロスメンバーが治っても部品が来ないと取付出来ないので部品を洗浄。

インテークパイプやマウント、ホースなど汚れている部品を綺麗に洗浄しました。

他のSHOPさんはココまではやらんはな!(^^;

でもね…完成した際に綺麗になっていると、見た目もカッコイイもんですよ♪

Date: 2018/12/01(Sat) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉕  
9404.jpg 当て木をして大ハンマーでぶっ叩きます。

これも強過ぎると逆に歪みが出てしまうので、徐々に力を強くして行く感じで叩きました。

さすがに新品のように真っ直ぐにはなりませんでしたが、取り付けられるくらいには伸びて治りました♪

でも、、、重いハンマーを何回も叩き続けて1時間…
星飛雄馬のダイリーグボール3号の時のように…「あああ、腕がぁぁぁ!」

本日チト筋肉痛です。。。(><;

Date: 2018/12/01(Sat) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉔  
9403.jpg 鋭角に曲がってる部分を油圧プレスで粗方伸ばしました。

まだ全体的な歪みがあるので叩いて伸ばします。

硬い所に置いて叩くと他に歪みが出てしまうので、ゴム付きのリジットラックにクロスメンバーを置いて、、、

Date: 2018/12/01(Sat) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉓  
9402.jpg クロスメンバーの鉄板の厚みは3.5mm。

しかもリブが入っているのでちょっとやそっとでは曲がりません!

治るかどうか?!

まずはやって見ましょうかね。。。

マーキングした曲がりが酷い部分を油圧プレスで戻します。

本当は横向きにしてプレスしたいんですが…
プレス機の横幅が足りなくて入らないので縦向き↓↓

余り圧力を掛けると凹んでしまうので少しずつゆっくりと!!

Date: 2018/12/01(Sat) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉒  
9401.jpg BG8Zはスタビブッシュのブラケットの部品入荷待ちでしたが、本日入荷したので進めます。

部品待ちしている間に出来る事を進めてました。

5cmも歪んで曲がっていたクロスメンバー。

本来は交換なんですが…廃盤!

白ファミリアの時(今年6月)にはまだメーカー在庫で有ったのに…。
ちなみに今後の再販予定も無いそうです↓(−−;

無い物は作るか、治すしか無いのでオーナーさんとご相談して治す事に。

まずは定規を当てて一番曲がっている部分にマーキング。

Date: 2018/11/29(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 ㉑  
9400.jpg エンジンの方のタービン廻りのオイル汚れをガソリンで綺麗に洗浄。

洗浄後、クラッチを取付けてミッションをパイルダーオン♪

これでエンジン側の搭載準備は完了。

エンジン前側のオイル漏れ(多分フロント、クランクシール)も気に成りますが…

予算もそろそろ一杯なので、エンジンOHやタイミングベルト交換の際に行う事をお薦めします。(^^;

Date: 2018/11/29(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 S  
9399.jpg ブラケット交換で取り外したロアアーム。

塗装が剥がれて錆が発生し始めていたので洗浄、錆落としをしてから「錆止め剤入り塗料」で塗装。

綺麗にすると気持ちが良い♪(^^)

Date: 2018/11/29(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 R  
9398.jpg シャシブラックを塗装、乾燥後に入荷したブラケットを取付ようとしたら…

アレ?スタビのブラケットが付けられない!

ブラケットはボルト1本止めなんですが、入荷した物は2本止め。。。

品番を確認したら注文した番号じゃない!!

注文した品番の下番は-820E なんですが、来た物は-820F。

問屋に調べて貰ったら代替部品で付属でスタビブッシュ+ブラケットの交換が必要だそうな!

ROUさんが遊びに来た際に「前期と後期で違うハズ」と言ってのがこれか!!

至急注文を掛けましたがB/Oで12/1の入荷予定。。。(−−;

Date: 2018/11/29(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 Q  
9397.jpg BG8Zの錆が発生し易いロアアームブラケットとボディの接触部分。

赤いファミリアや鳥取ファミリアでも錆が酷かった!

錆は人間で言う「癌」と同じでどんどん広がって行きます!!

地球に空気がある以上、錆の原因である酸化を止める事は出来ません↓

しかし、酸化の進行を遅らせる方法は色々あります。
Youtubeでも様々な動画が投稿されてますよね。

僕も参考に時々見ますが、錆(癌)を取り除いて出来るだけ酸素に触れさせないのが一番だと思ってます。

エンジンルーム内を洗浄した後、パーツクリーナーで脱脂してシャシブラックを塗装。

シャシブラックにも色々種類がありますが、経験では速乾、水性では無く乾燥に丸一日掛るタイプが錆が出難いですね。

塗装後、翌日まで触れない不便性は有りますが…
同じ料金で長持ちする方がお客様も嬉しいですよね♪

画像で点々と錆のような模様はカメラのフラッシュで茶色く見えてしまっているだけですよ。(^^;

Date: 2018/11/28(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 P  
9396.jpg 今日も温かい陽気で嬉しい♪

何かドライブにでも行きたくなりますネ♪

体調は少し良くなりましたが、ストレス発散で温泉にでも行きたいなぁ。。。(^^;

さて、昨日の黒ファミリアの作業はエンジンルーム内の洗浄とスピードセンサーのオイル漏れ修理。

センサーには外側だけでなく内側にもシールが入ってます。

この内側のシールが抜くのに一苦労!

引っ掛かる所が無いので中々抜け居ないんです!!

毎度の事ながら細長いマイナスドライバーを駆使してやっと外せました。

外した内側のオイルシールは案の定カチカチに硬くなってたので、ココからのオイル漏れで間違い無いでしょうね!

今日も廃盤部品を探索しながら作業を進めないと。(^^;

Date: 2018/11/27(Tue) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 O  
9395.jpg 今日は温かいですね♪

これくらいの陽気で冬が終わってくれたら良いのに!

さて、日曜日はOHしたエンジンを搭載したNB6の初期当たり出しで1日中アイドリングで回して全ての作業が終了。

同時に黒ファミリアのオイルで汚れたミッションの洗浄作業。

まずは灯油でオイル汚れを落とします。

その後、工業用洗剤で油分を落として、最後に重曹ブラストでグリス状に固まったオイル汚れと錆を落としました。

仕上がりはこのようにピカピカ♪

よ〜く見ると光沢がまだらなんですが…
塗装しているわけでは無いのでそれは仕方が無い!

でも最初の状態よりかなり綺麗になりましたよ。

状況確認に来て頂いたオーナーさんに判って貰えればイイです。

ちなみにミッションの洗浄には2時間以上掛ってます!!(^^;



Date: 2018/11/25(Sun) NB6、エンジンOH 終  
9394.jpg 9月にお預かりしたNB6のエンジンOH。

通常なら1ヵ月で終わるんですが…

INバルブが廃盤で手に入らず、現状のバルブ径に合わせてガイドを制作したりで色々と時間が掛ってしまいました。。。

まあ、メカドックに入庫される車両でスンナリと行かない車は滅多に無いですからね!

僕が見付けてしまう!! という事も有りますが…(^^;

作業はエンジン廻りのダイナモ、セルモーター、EXマニなどの補機類、ハーネス取付、ラジエター廻りを取付けて、いよいよ大詰め。

まずはオイルを注入してクランキングし、油圧上昇を確認したらオイル漏れの点検。

次に冷却水を入れてエンジンを始動。
今回は1発で掛ってくれました♪

エア抜きを行いつつ、再度オイル漏れの点検と水漏れを点検。

オーナーさんから火曜日に取りに来る連絡を頂いたので本日、1日中アイドリングで回して「初期当たり出し」を行い火曜日に納車です。

Date: 2018/11/24(Sat) NB6、エンジンOH ㉛  
9393.jpg 黒錆処理をしつつエンジンを車両に搭載。

黒ファミリアのオーナーさんが状況説明の為にご来店されて、このエンジンを見て一言…

「新品のように全部がメチャクチャ綺麗ですね!」

と嬉しいお言葉を頂きました♪

この言葉を聞きたい(言わさせたい)からコダワッてしまうんですよねぇ。(^^;

本日、エンジン廻りの補機類やハーネスを取付て、エンジンに火が入ったら初期慣らしで回す予定。

Date: 2018/11/24(Sat) NB6、エンジンOH ㉚  
9392.jpg 溶液に付けると直ぐに黒く変色します。

変色したら直ぐに取り出して5分ほど放置。

その後、もう一度溶液に漬けて5分放置後、水道水で洗浄してエアで速乾させます。

そのままだと茶色いサビが出て来てしまうのでシリコンスプレーを吹き掛けて黒錆に染み込ませたら処理が完成。

この黒サビ処理は僕のコダワリなんで費用は貰ってません!(^^;

分解、整備した箇所が綺麗になっていると何か嬉しいじゃないですか♪

ボルト、ナットも黒サビ色よりメッキの方が綺麗なんですが…
さすがにソコまではサービスで手間を掛けるのは無理があるので。。。

Date: 2018/11/24(Sat) NB6、エンジンOH ㉙  
9391.jpg 昨日はバッシーさん、ROUさん、先生氏がご来店。

何でこんなに来るんだろう?

と思ったら…勤労感謝の祝日だったんですね!

祝日に出掛ける事が無く、仕事ばかりだと気に成らない普通の日なんですよねぇ↓(^^;

お客さんと話しながらも少し作業を進めました。

作業で取り外したサビだらけのボルトやナットは綺麗にします。
これはメカドックのコダワリ!

200円以下の安いボルト、ナットは交換しますが、300円以上する物は黒サビ処理します。

まずはグリスサットルに2時間ほど漬け込んでサビと劣化したメッキを落とします。

水道水で洗浄して残っているサビをワイヤバフで落とし、パーツクリーナーで脱脂。

指の油が付かないようにピンセットで摘まんで溶液に浸して処理します。

Date: 2018/11/23(Fri) NB6、エンジンOH ㉘  
9390.jpg エンジン廻りの補機類も取付けて、車両をジャッキアップして搭載準備が完了。

本日、車両に搭載します。

火が入るまで進めば日曜日に納車出来るかな♪(^^)

Date: 2018/11/23(Fri) NB6、エンジンOH ㉗  
9389.jpg クレーンでスタンドからエンジンを外してクラッチ廻りを取付。

フライホイールは13%軽量加工してあります。

サーキット走行やスポーツ走行をする方なら20〜25%の軽量を行いますが、、、

オーナーさんは街乗りメインなのでそこまでやると坂道発進時やバックする際にエンストを起し易くなるので15%以下を狙いました。

「オーナーさんに合わせたパーツ選択」ですね。

Date: 2018/11/23(Fri) NB6、エンジンOH ㉖  
9388.jpg マジで寒くなりましたね!

とうとう防寒着のインナースーツを着込むようになりました。

外見がダルマさんのように丸くなる季節です!(^^;

さて、黒ファミリアの部品出しと見積もり提示が終わったので本格的にNB6エンジン組立を再開。

急げや急げ、で作業していたのでパーツ洗浄、磨きなどの画像は撮り忘れ!
まあ毎度の事なのでご勘弁くださいマシ。(^^;

洗浄したのは殆ど全てのパーツ。 
ステー、ブラケット、プーリー、ボルト1本までグリスサットルで綺麗に洗浄してます。

なので他より時間が掛るんですよ。。。
レストアエンジンに近い状態(それ以上?)ですね!

昨日の午前中にエンジン本体の組立が終了。

Date: 2018/11/22(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 N  
9387.jpg クロスメンバーが5cmも曲がっていたので、他に弊害が無いか!をきになったので点検。

エンジンとミッションが降ろしているからエンジンルームに入って各部を点検していると…やはり不具合箇所を発見!!

左のロアアームの根元に付いているブラケットが歪んでました。。。

更にセンターメンバーを外す際に工具が斜めになったのが気になって点検して見ると…

センターメンバーが付くボルトが中に喰い込む感じで斜めに曲がってます!!

ありゃ、やっぱり…(@@;

これは交換しないと治らないですねぇ。。。

中間見積もりを作成してオーナーさんに提示。
土日にご来店して貰い、現状確認をしながらご相談する予定。

Date: 2018/11/22(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 M  
9386.jpg ベルハウジング内はオイル汚れで真っ黒!

でもオイルでテカっているのは手前側のみ。

メンドラもクラッチもオイルは付いて居ない。

という事は…メンドラのオイルシールからでは無く、リヤクランクのオイルシールからのオイル漏れですね。

この汚れを洗浄するの…結構大変なんですよねぇ。。。(^^;

Date: 2018/11/22(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 L  
9385.jpg パイロットが入るメンドラ先端を点検すると…

やはり焼けて変色してます。

これは焼き入れみたいに熱が入った証拠。

でも削れた跡は無かったので良かった♪

もし削れてたら…ミッションを分解してメンドラの交換でしたね!
しかも、部品が出るのかどうか!!

Date: 2018/11/22(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 K  
9384.jpg エンジンからミッションを分離。

クラッチカバー、ディスクを外して見ると…

ありゃ!パイロットが壊れてる!!

ベアリング外側のカバーが脱落して、ベアリングの玉が2個無くなって焼き付いて固着してます。

これで良く異音がして無かったですね!!

Date: 2018/11/22(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 J  
9383.jpg スピードセンサーからのオイル漏れも発見。

一瞬、ドラシャが入るオイルシールかな?とも思いましたが、オイルシールから漏れていたのならドラシャでオイルが廻りに飛び散りますが、オイルでベチャベチャになっているのはトランスファー部分だけ!

恐らくスポードセンサー内部のオイルシールからも漏れてますね。

Date: 2018/11/22(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 I  
9382.jpg まず気付いたのがタービン、アウトレット(過給側)廻りの汚れ。

これはガスケットからエア(過給)漏れを起してますね!

要ガスケット交換です。

Date: 2018/11/22(Thu) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 H  
9381.jpg 最近タバコの本数が増えてしまっています!

前までは1日2箱だったのが最近では3箱!!

吸い終わって1分くらいしたらまた点けてる感じ。。。

体には良く無いのは判っているんですが…(−−;

黒ファミリアのクラッチ交換は通常では1日で降ろせるんですが…降りませんでした!

夜10時まで頑張ったんですけどね。 寒くて足が凍えて限界に!!(><;痛い

2日目の昨日、エンジン+ミッションの状態で降ろし。

作業中にやはり色々と問題点を発見!
オーナーさんに判り易いように画像をアップして置きます。

Date: 2018/11/21(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 G  
9380.jpg エンジン+ミッションの状態で降ろすのでドライブシャフトを抜くんですが…

ドラシャとバブを止めているロックナットが完全に固着!

固着している所は大体ナットの皿の部分で、サビて相手側とくっ付いてしまっているんです。

こういう場合は叩き棒やタガネでナットの皿部分を叩いて変形させます。

変形させる事で喰い付いている部分が浮いて隙間が出来る訳ですね。

そこにCRCなのど潤滑剤を塗布して、「打つべし、打つべし」と再度叩く!

今回はこれで回って外れましたが、叩いても回らない場合は…

ベルトサンダーやリューターで薄皮一枚まで削って、叩いて割るしかありません。

そうなると工賃もそれなりに掛る事になりますね。(^^;

Date: 2018/11/21(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 F  
9379.jpg 反り具合を定規を当てて計測したら

何と5cmも曲がってました!

こりゃ治せるレベルじゃないですね!!

先日、白ファミリアでクロスメンバーの問合せをしていて「廃盤」なのは判ってましたが、再度問い合わせたら…やはり廃盤↓

白ファミリアに使ったメンバーと同じ物にするしか無いか!!!

この車両もスンナリと終わりそうも有りません↓↓(−−;

Date: 2018/11/21(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 E  
9378.jpg ボルトの頭を削って取り外したクロスメンバー。

ボルトを外す際にメンバーが反って来た!

んっ?何かおかしい!!

Date: 2018/11/21(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 D  
9377.jpg エンジン下側に付いているクロスメンバーを止めるボルトの頭が左右共に削れてしまって工具が入らない!

車高を結構落としているので強く擦ったんでしょうね。

車高短にしている車両ではのアルアルですね!!

こういう場合はリューターで頭を整形して工具が入るようにします。

言うのは簡単ですが、寝ながらの作業なので顔に鉄粉が飛んで来てチト痛い作業!(^^;

Date: 2018/11/21(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 C  
9376.jpg エンジンからパワステポンプを取り外す際にホースを外すので少しオイルを抜くんですが、抜いて見たらメチャクチャ汚れてました!

今まで一度も交換していなかった感じですかね!!

オイルタンクの底には沈殿物(鉄粉)が溜まっていたので今回交換した方が良いかも。。。

Date: 2018/11/21(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 B  
9375.jpg エンジン補機類を外している時に気が付いたエンジンマウントの亀裂!

これはエンジン前側(車両右側)を支えているマウント。

FFベース形式はココのマウントに結構負荷が掛る所。

嫌な予感がして先に問屋へ在庫を問い合わせたら、案の定「廃盤」!!

このままだとエンジンが動いて危ないし…
使える部品を探すか!!!(−−;

Date: 2018/11/21(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 A  
9374.jpg この車両は平成4年式。

26年経過しているとゴム廻りやプラスチック類が硬化していてパキパキ割れます!

出来るだけ亀裂や破損をしないように外す前にヒートガンで温めて柔らかくしてから外すようにしてます。

が…各部ホースは硬くなって外し難いし、配線を覆っているコルゲートは割れるし、デスビのカプラーの爪はポッキリと、、、折れた!(><;

Date: 2018/11/21(Wed) 一元さん黒ファミリア、クラッチ交換 @  
9373.jpg 今朝も6時半に起きましたが…

まだ暗くてメッチャ寒い!

7時半まで待って仕事を始めました。

後、1ヵ月と11日で1月なんですよねぇ!!

さて、MA70スープラを納車した日に入替で入庫された黒ファミリア。

黒いファミリアは2人方のお客様が居ますが、こちらは初めてのお客様。

一度、エンジン不調でご来店されて、その場で直ぐに不調原因と思われる箇所を手直ししたら治って、次にクラッチ交換のご依頼を頂きました。

Date: 2018/11/20(Tue) NB6、エンジンOH ㉕  
9372.jpg メカドックで設定するバルタイは
IN=110度
EX=115度
を基本(初期)でセットします。

更にパワーやレスポンスを重視したい方は試走しながら前後4〜5度振って、調子を見ながら調整します。

でもメカドックに来るオーナーさんは差ほど過激な方は居ないので、大体基本値で満足されますね。(^^;

オーバーラップを広げる方向に振る方やSHOPさんも居ますが…
車検対応マフラーでやっても排圧が詰まるだけ!

低回転でダルく回って高回転で少し吹けても、排圧が溜まったらエンジンが重たくなり車速が伸び無くなります!!

それなら低回転からトルクを出して初期の車速の伸びを出して上げた方がエンジンは気持ち良く回るし、シフトアップして踏んだらグングン車が前に出るように成りますからね♪

レース用マフラーや直管マフラーでは話しは別になりますけど…(^^;

吸排気効率にエンジン特性を合わせるか、
エンジン特性に吸排気を合わせるか、ですね。

Date: 2018/11/20(Tue) NB6、エンジンOH ㉔  
9371.jpg MA70スープラを納車後、急いでNB6エンジンの組立。

ヘッド下面、ブロック上面に液体ガスケットを塗布してパイルダーオン♪

カムプーリー、タイベルなどの補機類を付けてバルタイを調整。

Date: 2018/11/20(Tue) MA70スープラ、VProセッティング 終  
9370.jpg ブラックラインさんからお借りしたGTR用燃料ポンプが壊れてしまったので、今度はZ32用の燃料ポンプをお貸ししてくれました。

いろいろご協力頂いており、マジに感謝です。m(_ _)m

再度降ろした燃料タンクのポンプユニットを外してZ32ポンプに交換しようと思ったら、オーナーさんから「作業一旦中止」のご依頼。

行く行くはエンジンを2JZに交換して、その際にコレクターを追加しようと思っているそうで、その際に全ての見直しをしたい、との事。

燃料ポンプはSARDポンプに戻して、念の為1.5kg/cu、1.0kg/cu、ノーマル値の0.6kg/cuと試走して燃圧を確認したら、ノーマルブーストだと3.5kg/cuで安定してドロップしない事を確認。

しばらくこのままで走るそうで、急遽納車となりました。

でも最後に試走したこの症状…
SARDさんで点検して頂きましたが…ポンプのような気がします。。。(−−;

Date: 2018/11/20(Tue) MA70スープラ、VProセッティング ㉑  
9369.jpg 日曜日、朝8時にMA70スープラのオーナーさんがご来店。

ご自分でフェール・ストレーナーを交換したい、との事。

その間に僕は毎朝の洗濯とブログの更新をしていたんですが、

「アレ〜!」という声が!!

どうしたのか?と声を掛けると

「ストレーナーの車両側テーパーネジが締まってません!」

画像赤枠の部分のネジが緩んでいたそうな!!

前回、SARDポンプに交換する際に反対側はバンジョウに交換して触りましたが、こっちは触ってません。。。

もしココからリーク(燃料漏れ)してたなら燃圧ドロップの症状は納得なんですが…でも…

もし、ココから燃料が漏れてたら路上がビチャビチャになるし、エンジン停止状態でエア圧を掛けて燃圧4.5kg/cuにして点検した際に漏れているハズ!

不安要素を取り除く為にストレーナー交換後、IN側&OUT側にタッチペンを塗って、試走後点検して見る事に。

Date: 2018/11/18(Sun) MA70スープラ、VProセッティング S  
9368.jpg 一応確認の為にGTRポンプ単体をバッ直で繋いで作動点検。

やはり「ビン」と一回音がして動かず↓

また違うポンプに交換するしか無いか?!(−−;

Date: 2018/11/18(Sun) MA70スープラ、VProセッティング R  
9367.jpg 工場近くの富士見高校当たりで止まってしまったので、山岸会長にヘルプを要請。

牽引で引っ張って貰って工場に戻りました。

燃料を抜くのにポンプが回らないので給油口からエアを送り、リターンホースからガソリンを抜き取りました。

そしてまたタンクを降ろして…繰り返しの作業。。。(−−;

Date: 2018/11/18(Sun) MA70スープラ、VProセッティング Q  
9366.jpg 走行中にエンジンSTOP!

なんで?????

一瞬「エンジンが逝ったか?」と思いましたが…

イグニッションキーを入れ直してみたらポンプの作動音がしない!

ヒューズを点検したら…飛んで無い!!

トランク内から触れる、ポンプに繋がるカプラーを抜き差ししてみたら
「ビン」と音がするが回らない。。。

燃圧は0.2kg/cuから動かず…これはポンプが逝きましたね!(><;;

お借りしたのが中古ポンプなので仕方ないんですが。。。

何でスンナリと行かないんだろう??

Date: 2018/11/18(Sun) MA70スープラ、VProセッティング P  
9365.jpg ポンプユニットにGTRポンプを取付。

電源配線はSARD(DENSO)製ポンプはカプラー接続ですが、GTRやニスモポンプはギボシ端子接続。

接続方法が違うので配線を制作して取付ました。

ポンプをタンクに取付け、タンクを車両に搭載。

搭載後、暖機して直ぐに試走。

結果は…

Date: 2018/11/18(Sun) MA70スープラ、VProセッティング O  
9364.jpg SARDポンプは295L/h。

GTR純正ポンプは195L/h。

SARDポンプは前回、次のステップUPを考慮して大きいポンプに交換しているので、ブースト1.0kg/cuくらになら足りる容量。

Date: 2018/11/18(Sun) MA70スープラ、VProセッティング N  
9363.jpg ブラックラインさんから借りて来たGTR用燃料ポンプに交換する為に再度タンクを取外し。

3回目で慣れて来たので1時間で降ろせました。

Date: 2018/11/18(Sun) NB6、エンジンOH ㉓  
9362.jpg 朝晩の気温が寒くなりましたね!

工場内の温度は10〜12度くらい。

冷蔵庫になって来ました!!

そろそろ防寒着を出して置こうかな。(^^;

バックオーダーだったNB6に使うTOYOTAのシムが入荷しました。

合わなかった箇所と入れ替えて、研磨調整して今度はバッチリとクリアランスが出ました♪

エンジン性能はヘッド廻りで決まりますから手は抜けません!

まあ他も手は抜かないんですけどね。(^^;

やっと作業が進められるので急いで組みます!!

Date: 2018/11/17(Sat) 白ファミリアGT-X、5MT慣らし終了 終  
9361.jpg これが抜いたオイル。

初回の抜いたオイルに比べると削れたギヤのメタリック色が飛躍的に少なく、通常のオイル交換時よりも鉄粉が少なくなってました。

当たりが出ましたね♪

後はサーキット走行して壊れないか!
走行後、オイルを抜いてどのくらい鉄粉が出るのか!!

ですね。(^^;

さて、昨日行う予定だったMA70スープラの燃料ポンプを交換しないと!

急げや急げ!!!!!

Date: 2018/11/17(Sat) 白ファミリアGT-X、5MT慣らし終了 @  
9360.jpg 最近ダルさが酷くなってる感じ!

月曜日に病院で診察して貰ったら「ストレス」と言われ安定剤も処方されましたが…

体調が全く変わらない↓
本当にストレスが原因なのか?

6月に3&4速のギヤを他車から流用してクロス化した白ファミリアがご来店。

6月末に1回目のオイル交換を行い、今回は慣らしが終った後のオイル交換。

Date: 2018/11/16(Fri) MA70スープラ、VProセッティング M  
9359.jpg 再度、SARDさんと鈴木社長と三人で頭を悩まして…

迷路に入り込んだら初心に帰るのが一番という事もある!

検査では問題無い結果でしたが、もう一度ポンプを交換してみよう!という事に。

このポンプはR32かR33GT-Rの純正ポンプ。
吐出量は195L/h。

ブラックラインさんにGTRポンプの中古が有るそうなので昨晩お借りして来ました。

ブースト1.5kg/cuでは足りませんが、1.0kg/cuなら使えそうなので交換して試走してみる事に。

さて、どうなるか?!

Date: 2018/11/16(Fri) MA70スープラ、VProセッティング L  
9358.jpg レース用レギュレーターに交換して試走して見たら…

何と…

症状は変わらずに燃圧が低下↓↓

何でやねん!!(>O<;;;

次はドコを疑えばイイ??

Date: 2018/11/16(Fri) MA70スープラ、VProセッティング K  
9357.jpg 純正のプレッシャーレギュレーターを外して以前付けられていたレース用レギュレーターに交換。

このレギュレーターは不具合が出てていて、燃料ポンプが止まると「0kg/cu」になってしって燃圧が保持できないので純正に交換した物。

でも、点検には使えるのでこれを付けて診断してみる事に!

Date: 2018/11/16(Fri) MA70スープラ、VProセッティング J  
9356.jpg 燃圧低下の不具合で止まっていた実走行セッティング。

まずは確認で試走したら…

症状が変わらず燃圧がドロップする!

えええええええ、何で??

何か迷路にハマりそうな予感!!
自分としては燃料ポンプの不具合なような気がするんですが…

「三人寄れば文殊の知恵」とも言いますからSARDさんとブラックラインの鈴木社長にご相談。

次はプレッシャーレギュレーターを疑ってみる事に。

レギュレーターはエンジン停止後、燃圧を保持していれば故障していないと判断するのが通常。

この純正レギュレーターは燃圧を保持しているので大丈夫だとは思ってるんですが…

故障診断は一つ一つ潰して行く作業なので一応交換して見る事に!

Date: 2018/11/15(Thu) NB6、エンジンOH ㉒  
9355.jpg 昨日1日掛けて塗装したヘッドカバー。

元の状態が鋳物のバリや波模様が出ていて酷い状態でした!

そのまま塗装するとそのまま残って浮き出てしまう!!

なのでまずバリをヤスリで落とした後、スコッチで研磨。

ミッチャクロン→白サフェを吹いてから#800に耐水ペーパーで面研。

まだ波模様が消えて無かったのでプラス2回白サフェと研磨を繰り返して下地を作りました。

夜5時から本塗装を始めて本塗り4回、仕上げのクリアは3回塗装して完成。

手間を掛けたのでメチャクチャ綺麗に仕上がりました♪

バリも波模様も消えて納得の仕上がりです♪

でも…お金が貰えない作業にこんなに時間を掛けてしまう俺って…
付くずく馬鹿だな!経営者じゃないな!!と思います。(^^;

Date: 2018/11/15(Thu) NB6、エンジンOH ㉑  
9354.jpg ブロックにヘッドを載せて、先日クリアランス測定をして注文した必要なシムは入荷していたので組付け。

アウターシムを触った事がある方なら「アレ?」と思いますよね。

そう、このシムはロドスタ用では無くトヨタ車用。

ロドスタのシムは部品の厚み設定幅が0.05mm間隔で広すぎるから研磨調整する手間が結構掛るんです!

対してこのトヨタ車用シムは0.025mm間隔で細かく設定されているので研磨に掛る時間が少なくて済むんです。

しかもロドスタシムより硬いので寿命も長い♪

こういう部品でメーカーの品質へのコダワリの差が判りますね。(^^;

カムを取付けてクリアランスを確認したら、、、んっ?狭い!

16箇所中、設定クリアランスになったのは2箇所のみで、後は0.015mm狭くなってしまっている!!

通常の工場やSHOPさんなら気にしない範囲なんでしょうが…

メカドックはヘッド廻りにはコダワッているので(ヘッドだけでは無いですが…)±0.01mm以上だとアウト。

再度、計測値から算出して必要シムを注文です。

Date: 2018/11/15(Thu) NB6、エンジンOH S  
9353.jpg いや〜寒くなりましたねぇ!

今朝は吐く息が白くなってました!!

体調の方は今一。。。

月曜日に父親の介護で病院付き添いに行きがてら検診して貰いました。

問診、血液と尿の検査をして貰い、出た診断は…ストレス!らしい!!

本人的にはストレスなんて感じて無いんですけどねぇ。。。

そうそう、診察で驚いた事があって、血圧を測ったら180/100だったんですよ。

高血圧なので「いつもこのくらいです」と言ったんですが、医師から10秒間ほど深呼吸をするように促されて、その後血圧を再計測したら…

なんと127/72と平常値になった!
こんな数値久し振りに見た!!って感じ。(@@;

そして処方されたのが人生で初めてのビタミン剤+精神安定剤。。。

一段落したらリフレッシュしにドコか行こうかなぁ。。。(^^;


さて、日曜日から更新が疎かになってますが、作業は進めてます。

OHしているNB6のオイルパンの汚れ落としに半日、ヘッドカバーの塗装下地作りに3日と時間が掛ってました!

オーナーさんは車両を綺麗にする方でエンジンルームまでメッチャ綺麗。

エンジンを降ろしている間にメンバーにコンパインドを掛けて綺麗にする位の綺麗好きな方!!

なのでエンジンも徹底して綺麗に仕上げてます。(^^;

昨日、綺麗に洗浄したオイルパンを取付けてブロック側の組立が終了。
画像で見てもオイルパンが綺麗でしょ♪

Date: 2018/11/11(Sun) MA70スープラ、VProセッティング I  
9352.jpg 燃料タンクを降ろす前に抜き取ったガソリン約40Lを給油。

給油後、エンジンを掛けて油圧とリークの点検をして作業終了。

やっとVProセッティングの再開です。(^^;

Date: 2018/11/11(Sun) MA70スープラ、VProセッティング H  
9351.jpg 燃料ポンプユニットをタンクに取付けて車両に搭載。

念には念を入れて、ユニットから車両側パイプに繋がるホースも交換して、ホースを止めていたクリップバンドもネジ込み式に交換しました。

これでリーク対策は万全…なハズ!!(^^;

Date: 2018/11/11(Sun) MA70スープラ、VProセッティング G  
9350.jpg GTR用のホースを止めるのはクリップからネジ込み式のバンドに交換。

まあnismoポンプでさえクリップ止めなのでクリップでも大丈夫なんでしょうが…

不安要素を潰したいのでネジ込み式にしました!

Date: 2018/11/11(Sun) MA70スープラ、VProセッティング F  
9349.jpg 燃料ポンプをSARDに送って点検の依頼をしているMA70スープラ。

昨日、SARDさんから納品されました。

検査結果は…

「燃料ポンプ本体は異常ナシ」
「ポンプに付くホースからのリーク」

という回答でした。

前回、海外製のポンプからSARD製のポンプに交換した際に、ホースは痛んでいなかったからそのまま再使用したんですよ。

ホースを止めるのも純正のクリップのまま。。。

少しでも費用を抑えて欲しい、との依頼だったので「使える物は使う」でやったのがイケなかったのかもね!

リークの原因はホースが劣化して縮んでしまい、クリップの締付が燃圧に耐えられずに漏れていたそうな!!

今度からは押さえる所はちゃんと押さえて交換しようと思います!!

劣化したホースは勿論交換。
使うホースは定評の高いGTR用の燃料ホース。

2mの補修用ホースは値段が高いんですが、ガソリンタンク内に使う純正ホースは55cmで1,620円とロドスタの燃料ホース(¥3,810)より安い!

Date: 2018/11/11(Sun) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか 終  
9348.jpg コッコの所、体調不良が続いてますが、昨日も具合は良く無い↓

目が腫れぼったくて、頭が重くて、鼻が詰まって、集中力が続かない。。。

昨日、NB6の先生氏が遊びに来てくれて話しをしたら

「その症状、花粉じゃないですか!」

と言われました。

んんん、確かに症状は花粉症の症状かも!!(@@;
でも、クシャミは出て無いんですよねぇ!!!

明日、病院に行ってみるかな。。。

昨日の作業は一元さんのNA8でスパークプラグを交換しての試運転。

走ってみたらコホコホ音がハッキリと聞こえるよに成りました。

このコホコホ音の原因は…
排気効率が良くなった際に起きる軽いアフターファイヤーの音でした。

サーキット走行していると良く聞くんですが、エンジンブレーキを掛けてコーナーに進入する際に、マフラー音が大きい車両は「パンパンパン」とか「ポンポンポン」とマフラーから音がしますよね。

これは燃焼室に残った未燃ガスが効率良く排気されてマフラーで燃焼して出る音。

装着されているマフラーは「サクラム製」。
車検対応マフラーでは抜けが良い方と評判ですよね。

でも、僕等は効率を考えるので車検対応マフラーを選んでいる時点で「遊び程度ならOK」と考えます。

・車検対応マフラーの枠で抜けの良い物を選ぶのか?
・エンジンの排気効率を考えて抜けの良い物を選ぶのか?

この違いを判って無い方が多いのは事実!

「美味い寿司を食べたい」として、
・回転寿司チェーン店で美味い店を探すのか!
・ネタとシャリにコダワったお高い店で探すのか!
の違いと同じです。

人それぞれに求めている物が違うので、どちらも「アリ」って事なんですが、人には欲が有って比べちゃう方も居るんですよねぇ!!

排気音の診断については問題無い音だったのでオーナーさんに説明して納車しました。

次の依頼はクラッチ交換の予定だそうな。
コツコツと一つづつステップUPして行くのも楽しみ方の一つですね♪

Date: 2018/11/10(Sat) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか ㉔  
9347.jpg スパークプラグを外して点検してみたら…

ありゃ!電極が真っ白!!

電極部分を良くみたらブツブツが有ってデトネを起しているっぽい!

熱価がVK16と表示されているのでNGKで言う5番相当のプラグ。

ナット&ネジ山部分が錆ているしリークも起き始めている!!

サーキット走行をするなら7番は欲しいので、ついでに交換ですね。

Date: 2018/11/10(Sat) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか ㉓  
9346.jpg 追加メーター一式の取付が済んだら冷却水を入れて暖機しながら作動確認と水漏れ、オイル漏れの点検。

点検後は最後の依頼で排気音はコホコホする!という診断。

点火系をダイレクトに変更されていますが、まだコイルは新品っぽいのでプラグを点検。

ちなみにエンジン不調診断の基本であるコンプレッションの測定は以前やってあって、問題無いのを点検済み。

Date: 2018/11/10(Sat) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか ㉒  
9345.jpg Defiアンプは助手席の足元、CPUの隣に設置。

このアンプはまず触る事が無いので隠しちゃいます。

センサー&モニター配線、コントローラーの配線を引き込んで接続。

CPUからの各信号線も取り出して接続。

この配線の取回しと束ね方を見てどう思いますかね?

自分でやった事が無い方は何とも思わないんじゃないかな!

判ってくれる方が居たら…嬉しいですね♪(^^)

Date: 2018/11/10(Sat) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか ㉑  
9344.jpg 次にコントローラーの取付。

以前はDefiアンプ本体にコントローラーが付いていましたが、最新モデルは別体式。

コントローラーを運転席側に付けたがる人が多いですが、走行中に触れる場所には付けると走りながらイジる人も居ます。

イジろうとすると脇見運転になってしまい事故の危険性が出てしまうので、停車してからでないとイジれない場所に設置します。

この設置場所を決めるのにも安全性を考慮しているんですよ。(^^)

Date: 2018/11/10(Sat) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか S  
9343.jpg 水温、油温、油圧センサーからの配線を室内に引き込み。

その3本線とモニターに繋がる配線をコルゲートで巻いて助手席側へ引き込み。

何故まとめてコルゲートで巻くのか?!
見た目が純正のように綺麗にしたいから…ただそれだけ!(^^;

Date: 2018/11/10(Sat) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか R  
9342.jpg エンジンルーム内の作業が一段落したので、今度は室内の作業。

まずは追加メーターのリンクモニターをオーナーさん指定の位置に取付。

タコメーターが見えませんが…
モニターの上の丸い部分がシフトランプゲージになっているし、デジタルで回転数とスピードも表示されるので、オーナーさんいわく見えなくても良いみたい!

Date: 2018/11/10(Sat) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか Q  
9341.jpg クランク角センサーのカプラーの爪が折れているので、これも交換のご依頼。

ロックしなくても気にせず、そのままの車両ってたまに見掛けます。

このカプラーは特殊形状で純正部品でも補修パーツとして出ない部品なんですが…

メカドックでは問屋さんにお願いして海外から取り寄せて貰ってます。

1個800円とそんなに高価では無いので、カプラーが破損している方はお問い合わせください。

Date: 2018/11/10(Sat) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか P  
9340.jpg 昨日の夜中1時半位に病院から

「お父様が緊急搬送されました」

との電話が…(@@;

急いで掛け付けましたが、元々の持病の糖尿で体調が悪くなったみたい!

大事を取って入院となりましたが、入院手続き、入院準備、ケアマネージャーに連絡して母親の介護施設への手配、引き渡し。

工場へ戻ったのがお昼くらいだったんですが…
先日、寒い中遅くまで作業したのが原因なのか今度は自分の体調が悪化!

昨日は16時に早上がりして体を休めました。

昨日アップするハズだったブログの更新です。

インマニを外してフェールデリバリーの取付ボルトを修理した後、今度は油温、油圧計のセンサーを取付。

取付方法は一般的なアタッチメントを取付けて、そこにセンサーを取付ける方法。

この方法は特に面倒な事は無く意外に簡単。

でも、ちゃんと整備性を考慮して向きや方向を決めて取付てます。

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか O  
9339.jpg もう一踏ん張りしてインマニ+フェールデリバリーを取付。

この後ハーネスまで取付て終わったのが夜11時。。。

途中、何度も「ヘッド交換した方が楽か?」とも思いましたが…

ヘッド交換すると費用は倍以上!!

何とかして上げたいし、費用も抑えたいので頑張りました。

でも…日が沈むと寒くなって、夜露も出るくらいに寒かった!!!(><;

本日は残りの作業を急いでやらないと。

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか N  
9338.jpg M8×1.25のリコイルを入れてネジ山の修復が完成。

やっと治った♪

と今日の作業はココまで!と思ったが…

まだ油温&油圧センサーの取付、メーター&アンプ取付が残っているし、明日には納車したいし、、、

インマニを戻すまでもう一踏ん張りしますか!(><;

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか M  
9337.jpg 類似品が多いですがこれが本当のリコイル。

類似品も使った事が有りますが、安いですがコイルが伸びてしまったり固着しなかったりで余り良品では無いですね!

価格はお高いですが、やり直したりが無く1発で決まるので僕は正規品を使います。

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか L  
9336.jpg 純正のネジ山は破損したボルトが噛み込んで痛んでしまっているのでネジ山をリコイルで修正します。

リコイルを入れる為のネジ山を専用タップで切り込んで行きますが、角度が曲がってしまうとボルトが斜目になってしまいます!

隣のネジ山に同径のドリル刃を突っ込んで目印にして、同じ角度になるように合わせて切り込みます。

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか K  
9335.jpg ボルト径が8mmなので5mmドリル刃で下穴を開けてリューターで純正のネジ山まで削ります。

これがメチャクチャ時間が掛るんですよ!

手前から徐々にドリルで少し削ってリューターで広げて、またドリルで下穴を奥に進めてまたリューターで削っての繰り返し。

昼の4時から始めて削り終わったのが夜9時…。(−−;

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか J  
9334.jpg 削り落とすにはドリルとリューターを使うので作業スペースが必要。

インマニを外してスペースを確保。

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか I  
9333.jpg まずはマイナスドライバーで引っ掛かりが出来るように凹みを叩いて作り、そこを緩ます左方向に叩くと回る…

ハズなんですが…

回らない!

次の方法はマイナスネジのようにボルトに1本線を叩いて作って回して緩ます…

回らん!!
完全に喰い付いてます。。。(@@;

こうなると破損ボルトを削って除去するしか無い↓

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか H  
9332.jpg 緩ます際に折れたボルトより締め込んだ際の折れの方が抜き易いのですが…

これが飛んでもなかった!

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか G  
9331.jpg お次は折れたボルトの抜き取り。

フェールデリバリーパイプを止めているボルト3本の内の前側のボルトをネジ切ってしまったらしい。

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか F  
9330.jpg アッパーホースが綺麗に付くように角度を合わせたり、長さを微調整でカットしたりして取付ます。

「付けばイイじゃん」

という方もいらっしゃいますが、、、

ホースが鋭角に曲がったり、変な曲がり方をしていると「無理やり付けた感」が出るのは嫌い!

見た目は純正のように綺麗に付いていないと嫌なんですよねぇ。(^^;

付いていたサーモスタットの口径が小さい純正品だったので、ついでに流量が増える82Wサーモスタットに交換しました。

今交換すれば部品代だけで済みますからね♪

Date: 2018/11/08(Thu) 一元さんNA8、追加メーター取付ほか E  
9329.jpg 水温センサーの取付は一般的な方法。

アッパーホースにアタッチメントを割り込ませて取付ます。

アタッチメントで伸びてしまう分をマーキングして切り取り。




Copyright(C)2002 Mecha-Doc. All rights reserved. [Admin]
Based on - KENT -