Mecha-Doc Blog - メカドックが語る!そこまで言ってもホントにいいの?ぶっちゃけブログ!

[トップに戻る] [ワード検索] [Admin] -->

Date: 2018/02/21(Wed) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 O  
8519.jpg 壊れたギヤは焼き入れ処理を施した物。

それでも壊れたので、他に何か強度を上げる方法は無いのか?

他のSHOPさんに情報を聞いてみたら

「強度アップするメッキがあるらしい」との事!

僕はメッキに関しては全くの無知なので、川口工場の時にお付き合いしていた川口商工組合さんに問い合わせてみた。

すると、技術に関してピカ一の個人企業さんを紹介して貰えました。

ココは大手のメッキメーカーに出向いて技術指導や講演も行う程の技術を持っている所らしい!

電話してアポイントを取り、昨日の午後にギヤを持って訪問。

関西出身の社長さんとお話しして、僕と同様に仕事の話になると熱く語り出した!!

ギヤを見せて、こちらの要望(メッキ被膜で強度を上げたい)を話すとメッキ処理に関してコンコンと説明され始めて2時間の講義が始まった!

「本来鋳物へのメッキ処理はできない」と言われて、やっぱりダメか↓
と諦めかけたら
「ウチでは出来る」と嬉しいお言葉が♪

しかし追いかけて
「メッキの前処理で酸に漬け込む際に、鋳物の巣穴に酸が入り込んで剥離が起きてしまう」

またダメなのか?と思ったら
「ウチでは剥離しないように処理ができる」とまた浮足立つ言葉が♪

この社長…メチャクチャ熱いお方でしたね。(^^;

ギヤへのメッキは始めて、という事で
「やって見るから置いていけ」と言われてお任せする事に。

大手メーカーが出来ないメッキが出来る所(らしい?)のでココは企業秘密♪

今後のNAレストアでもお世話になる事も考えてお付き合いしてみようと思います。

Date: 2018/02/21(Wed) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 N  
8518.jpg 内径のサイズも同じだったのでカウンターシャフトに合わせて見ると…

何とスプラインも同じ!

使えそう?!

しかし、メイン側のギヤも破損しているのでまだ喜べません↓

今度はメイン側のギヤを注文して確認です。(−−;どうかなぁ…

Date: 2018/02/21(Wed) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 M  
8517.jpg 取り寄せたギヤを計測。

外径、厚み、歯数共に同じ!

Date: 2018/02/21(Wed) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 L  
8516.jpg 天気予報では何かしばらくの間、晴れの日が無いみたいですね!

現在の工場内の気温は4度。。。

寒いのは嫌いです↓(T。T;;

悩んでいた白アミリアのギヤに関して、一筋の光明が見えました!

BP搭載のギヤを探し尽して全てが生産終了…。
諦めモードでしたが、探し方を切り替えて検索したら使えそうなギヤが見付かった!!

しかし、現物を取り寄せてみないと使えるかどうかは判らない。。。

オーナーさんに許可を取り、ダメ元で取り寄せてみました。

一昨日入荷して破損したギヤと並べて見ると…スゲー似てる!!!

Date: 2018/02/20(Tue) B6、隼ピストン仕様 2−㉒  
8515.jpg 整備性、コスパを考慮してセンサーボスを外側に新規で取付。

ココならEXマニを外さずに簡単にセンサー交換が出来ます。

ってかNA8用はココに設置されているんですが…何故かNA6用は内側!

何でですかね??

Date: 2018/02/20(Tue) B6、隼ピストン仕様 2−㉑  
8514.jpg 昨日は父親の病院付き添い。

最近は落ち着いて来て、隔週の通院程度で良くなりました。

次は3月5日が付き添い。。。

薬が薬事法で2週間分しか出せないから隔週での診察になるのは仕方ないんですよねぇ!

さて、補機類を取付ているB6エンジン。
使うEXマニはマキシムワークス製。

EXマニはいろいろなメーカーから発売されていますが、高回転で抜けるのはこのマキシムとインテグラル神戸さんだけ!

他のメーカーは排圧が上がってしまうので「トルク型」仕様に向いてます。

この抜けの良いマキシムを欲しがる人は多いのに、何故か抜けの良いマフラーを選ばない人が多い!

今だに50φマフラーが良いとスポーツ走行をしている人も居るし…。
50φなら純正マフラーでイイんじゃないの?(^^;

話しを戻して、、、マキシムのNA6用のO2センサーボスはエンジン側に内側向きに付いている。

このままではA/F計のセンサーに交換するのに一々EXマニを外す事になります!

Date: 2018/02/20(Tue) B6、隼ピストン仕様 2−S  
8513.jpg 寝泊まり小屋で保護している猫が、また盛り始めました!

寝てる時も「ニャーゴォニャーゴォ」と鳴いてうるさいのでカゴに入れて外に出します!!

春なんですねぇ♪

俺はいつも発情しています。(^^;

確定申告の事務処理がやっと終盤くらいに♪
申告手続きの前に最終チェックしてからe-Taxで申告です。

昨日はB6エンジンの補機類のアイドリング・コントロール・バルブ(ISCV)を移設して取付。

以前はダイナモブラケットのステーに付けていたんですが、今回NB6エンジンをベースに制作したので移設が必要になりました!

移設作業の際、ドコに付けるのかを考えるのが何気に時間が掛るんですよ!!

取付場所のスペースや配管の向き、配線の長さや整備性も考えて位置決めをするんですが…

2時間掛ってやっと決まりました。
この考えてる時間はタダ働き!(−−;

ステー2本を1時間で制作して取付ましたが、請求できる金額は4,000円×2本の8,000円。
移設取付工賃を入れて計算しても…単価は全く割に合いません↓

でも…こういう作り物って好きなんですよねぇ♪

ただ着けば良いでは無く、見た目や整備性、コダワリを持って付けて
「綺麗に付いてますね」と言われる仕上がりにしたい!(^^;

お客さんの予算に合わせて妥協の作業をする事もありますが…
見た目の仕上がりにはコダワリたいですね。

Date: 2018/02/17(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−R  
8512.jpg 光学式センサーはホコリや水分は大敵!

エアでホコリを飛ばして、ゴムのOリングが部品で出ないので蓋に液体ガスケットを塗って密閉します。

光学式が使われていた事を知らなかった人は多いのでは?(^^)

Date: 2018/02/17(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−Q  
8511.jpg 参考までに!

画面右側のクラセンはNA8用ですが、NA6初期型以外は全てマグネット式センサーに変更になってます。

まあコスト削減でしょうね!

Date: 2018/02/17(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−P  
8510.jpg エンジンを10,000rpm回す対策の一つにクランク角センサーも重要な部品。

信号のピックアップにはマグネット式と光学式があります。

精度は赤外線センサーを使った光学式の方が良く、マグネット式は光学式に比べて低コストで作れます。

10,000rpm/分となると166rpm/秒!
クラセンが1回転する時間は0.006秒!!

1/1,000秒台の精度が必要になる訳です。(**;
となると光学式を使いたいですよね。

市販されている汎用の光学式センサー約4万円くらい。
純正でマグネット式センサーしかないエンジンで高回転まで回すには
光学式に変更するのがベスト。

しかし、ロドスタNA6の初期型には光学式が使われいたんですよ!

回らないエンジンなのに…変な所にコストを掛けるMAZDA製品。(^^;

でも、非常に助かるので、これをチョイスして使います。

Date: 2018/02/17(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−O  
8509.jpg B6エンジン搭載の方も進めてます。

ミッションはNB2用の6MTを取付。

エンジンの補機類、配線を取付中。

カムが288度だから純正のISCVで容量が足りるのか?
ちと心配です。(^^;

Date: 2018/02/17(Sat) MA70スープラ、ブロック制作 ㉔  
8508.jpg 最近、何もかもがすんなりと行かない仕事ばかりのような気が…!

他のSHOPの社長さんやお客さんにも言われましたが、、、

俺って引き寄せるんですかねぇ。。。(−−;

ギヤ探索やクランクの肉盛り対策など…
考えたり調べたりしている時間が相当掛っているのに、お金は貰えないですからねぇ↓

これもノウハウになって勉強なんですが…
重なり過ぎてる!!(T。T;;

まあ一つ一つ解決していけばいつかは終わりますよね。
うん、そう思う事にしよう♪(^^;

70スープラのオイル片寄りの対策が終わって、ろう付けで焼けた塗装を剥がして綺麗に再塗装しました。

どうです!新品のように綺麗でしょ♪
やはり綺麗に仕上げると気持ちがイイ♪♪

エンジン組立まで傷が付かないように保管して置かないと!

Date: 2018/02/16(Fri) MA70スープラ、ブロック制作 ㉓  
8507.jpg 白ファミリアのギヤでもう1週間悩んでますが…

70スープラのオイルパン加工も進めてます。

空き缶を切り出した筒をオイルパンにロウ付け溶接。

思ったより空き缶の肉厚が薄くて、バーナーを当てると直ぐに溶け落ちてしまい、溶かし込むコツを掴むのに結構苦労しました!(><;

なので溶接部の仕上がりが僕的には汚いので拡大アップの画像は無し!(^^;

筒を入れ込む他に、隙間が開いたサイドのプレートを叩いてピッタリと。

ココは綺麗に仕上げられました♪

本日、溶接時の熱で剥がれた塗装を綺麗に再塗装し、さいどのプレートの若干開いている隙間に液体ガスケットを注入して密閉させます。

Date: 2018/02/16(Fri) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 K  
8506.jpg 再度、ギヤ比の回転数計算表に当てはめてみると…
4速で5,500rpm以上になってフルブースト領域に入ってしまう!

ギヤの強度が持つならシフトアップしてトルクバンドに入ってるから加速力は一番良い回転数なんですが…

3速5,146rpmでも壊れるんだから、、、チト心配!!

0.970の4速ギヤが欲しい所なんですが…
これが問い合わせた車輌全てで「生産終了」↓↓(TT;;

無い物で悩んでも進まないので頭を切り替えましょう!

ギヤの強度、剛性を上げる加工が無いのか?
前回は焼き入れをしましたが、歯が破損したので他の方法を検討してみます。

また悩みそうだ。。。(><;;

Date: 2018/02/16(Fri) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 J  
8505.jpg 気になったので他のギヤ比も確認してみると

1速:3.454
2速:1.833
4速:1.030

あれ?1-2-3速はGTAeのギヤ比ですが、4速が違う!

それに前回、交換で注文した部品番号を再確認しましたが、GTR用!!
なのにギヤ比が1.310?? どうして??

Date: 2018/02/16(Fri) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 I  
8504.jpg ギヤ比の違うギヤを組んだのか?

心配になって歯当たりをもう一度確認してみると…

綺麗に中心で当たってました。
(画像で鏡状になっている所が歯当たり部分)

もしカウンターギヤだけギヤ比の違う物を組んだら、こんな綺麗な当たりは出ないし、異音が出るハズ。

何より組んだ際の確認時に回り方が可笑しくなって気付きますよ!(^^;

という事は…もしかして…。

Date: 2018/02/16(Fri) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 H  
8503.jpg 昨日の日中は温かかったですが…

今朝はやはり寒い!

早く温かくなってくれないかなぁ↓

3速ギヤが破損した白ファミリア。
中々対策方法が見付かりません!

BPエンジン搭載車のミッションギヤを検索、在庫確認をしましたが…
メインが有ってもカウンターギヤが無い!とか
カウンターが有ってもメインギヤが無い!!とかばかりで結局全滅↓

もしかして…と思って2,000ccエンジンのミッションも検索してみて、使えそうなギヤも当たりましたが…

こちらも有ったり無かったりと同じ在庫状況!

気分を変える為に壊れたギヤの歯数を数えてギヤ比を確認してみました。

メインギヤ:29歯 カウンターギヤ:38歯 
計算してみるとギヤ比は1.310

前回、分解する際にカウンターギヤが欠けたので、GTRのギヤを組んだから1.310です。

オーナーさんにまた相談したら「そのミッションはGTAeのラリー仕様です」
との事。。。

んっ?まさか??

Date: 2018/02/14(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 ㉒  
8502.jpg ドライバーでカリカリやる事3時間…。

やっと蓄積していた錆を取り除けました♪

でも…鼻の中が錆だらけ!(@@;

さて、次はオイルパンのバッフル加工です。

Date: 2018/02/14(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 ㉑  
8501.jpg 上からでは届かない場所があったので、メクラ蓋を取り外して錆を落としました。

Date: 2018/02/14(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 S  
8500.jpg エアを吹いてウォータージャケットからライトを照らして覗き込んでみたら…

底の方にまだ錆がギッシリと!

これは取って置かないと剥がれた際にラジエターやヒーターコアの目詰まりやウォーターポンプの破損に繋がります!

細くて長いドライバーでカリカリと地道に剥がしましたが…
これが結構硬かった!!(−−;

Date: 2018/02/14(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 R  
8499.jpg 半日漬け込んだら、サンポールが残らないように高圧洗浄機でひつこく洗浄。

ドバドバと錆が噴き出して来ました!

洗浄した後には必ず防腐剤を塗布しないと即効で錆が出始めます!!

防腐剤としてラジエター液を吹き掛けて、水溜りを無くす程度に軽くエアで吹きます。

Date: 2018/02/14(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 Q  
8498.jpg 日差しが暖かくなって来ましたね♪

でも日陰の所はまだ寒い!

今朝も水道は凍ってました!!(><;

70スープラに使う中古ブロックのウォータージャケットは錆がテンコ盛り!

錆は酸性。酸性の物は酸性の液体に漬け込むと溶けます。

酸性で価格が安い液体…そう!トイレ洗剤の「サンポール」。

このボトルサイズで1,500円くらいで買えます♪

ウォーターラインにメクラをして上からサンポールを流し込んで半日漬け置き。

Date: 2018/02/12(Mon) MA70スープラ、ブロック制作  P  
8497.jpg 空き缶の形状をオイルパンの底の形に合わせて切削加工。

これは助っ人の山さんにやって貰いました。

削っては合わせ、削っては合わせての繰り返し。

途中、水を入れて片寄り防止具合やオイルのリターン具合を確認しながらの作業。

良い感じにオイルが筒に溜まり、リターンもするし、片寄りしても筒内にオイルが残るようになりました♪

Date: 2018/02/12(Mon) MA70スープラ、ブロック制作  O  
8496.jpg オーナーの所長さんがお手伝いをしにご来店。

中古エンジンのブロックは表も裏も錆だらけ!

この錆を落とすだけでも一苦労、二苦労なの自作業でやって貰いました。

流石に自分のエンジンとの思いが強く、徹底して錆を落として綺麗にされてました♪

朝10時に来られて錆取りが終わったのが夕方の5時!
お疲れさまでした。(^^;

Date: 2018/02/12(Mon) MA70スープラ、ブロック制作  N  
8495.jpg オイル片寄り防止のバッフルに使います。

オイルストレーナーが入る穴が105φ。

この空き缶が108φなので、オイルパン側の穴を少し拡大すれば入ります♪

通常は鉄板を3本ロールで巻いて筒を作るのですが…
筒の制作加工だけで1万円以上掛ってしまいます!

しかし、この空き缶を使えば材料費はタダになります♪

プライベーター感が漂いますが…「使える物は使う」です。(^^;

Date: 2018/02/12(Mon) MA70スープラ、ブロック制作  M  
8494.jpg 70スープラーのオーナーの所長さんに持って来て貰った塗料の空き缶。

これをどうするのか、というと…

Date: 2018/02/12(Mon) AE86、4スロ交換+リセッティング 終  
8493.jpg エンジンのコンプレッションがおかしかったAE86はオーナーさんとお話しして中断する事に!

最低でもヘッドは降ろす事になるし、最悪の場合はエンジンOHしての修理になるので予算が無いらしい。

話しを聞いたら、このエンジンを制作したのは15年前とか。
距離は走っては居ませんが…
15年間ノーメンテはダメでしょ!!(^^;

こんな状態のエンジンに高負荷を掛けて全開走行をするセッティングはリスクが大き過ぎます。

4スロも交換した後の同調だって取れないしね!

このエンジンを直すか? 
5バルブのエンジンに載せ替えるか?
それとも車輛を手放すのか?

思案中だそうです。(^^;

Date: 2018/02/12(Mon) みんなで食べ歩き とんかつ鶴巻 part2  
8492.jpg 昨日の日曜日は
・黒HCRオーナーさん
・バッシーさん
・助っ人山さん
・MA70の所長さん
・久し振りのヒデさん
と大賑わいでお昼ご飯を食べに「とんかつ鶴巻」へ。

店は大将一人でやられているので大変だったかも!(^^;

今回、僕が頼んだのは普通のロースかつ定食。

これも2〜3cmくらいの肉厚でコロモはサクサク♪
ロースもジューシーで上手かった♪

今度はかつ丼を食べてみようかなぁ♪(^^)

Date: 2018/02/11(Sun) AE86、4スロ交換+リセッティング F  
8491.jpg 純正カプラーに合う端子を探しましたが…無い!

仕方なくカプラーを(純正チックな物に)交換して修理しました。

勿論、防水タイプです。

細かい事かも知れませんが、壊れる前に故障原因を手直しするのも「メンテ」ですよ。(^^)

Date: 2018/02/11(Sun) AE86、4スロ交換+リセッティング E  
8490.jpg 端子をカプラーに入れてもロックしないので覗き込んでみると…

ストッパーの位置が違うじゃん!

配線修理した形跡が有り、違う端子を使ってますね!!

着けばイイ、という典型的な修理です。

振動で抜けたり、何かの拍子に触って抜けたりして故障の原因になります。

僕はこういう事をするのは大嫌いなんですよ!

Date: 2018/02/11(Sun) AE86、4スロ交換+リセッティング D  
8489.jpg プラグを外す際に何気にクランク角センサーのカプラーを触ったら…

配線がスポンと抜けた!

「えっ!何で?」

抜けた端子をカプラーに戻してもカチンとロックしない!

これも何かおかしい!!

Date: 2018/02/11(Sun) AE86、4スロ交換+リセッティング C  
8488.jpg エンジン診断の基本であるコンプレッションを測定してみる。

この測定をしないで判断するSHOPさんが有りますが…
そういう店はお薦めしません!

測定結果は
@14.4k A11.5k B15.4k C9.7k

ありゃありゃ!!
これではリセッティング出来ませんねぇ。(@@;

オーナーさんは不調を感じては居なかったらしいですが…
僕が感じた「何かおかしい」事がやはり有りましたね。

再度、オーナーさんとご相談です。

Date: 2018/02/11(Sun) AE86、4スロ交換+リセッティング B  
8487.jpg プラグを外して点検。

1番、2番が真っ黒。
3番、4番は黒いがまだマシ。

気筒間で綺麗に燃えて無い!

Date: 2018/02/11(Sun) AE86、4スロ交換+リセッティング A  
8486.jpg まずは現状確認。

A/F計を付けて試走しようと思い、純正のO2センサーを外してA/Fセンサーを付けようとしたら…

O2センサーがカーボンだらけ!

このカーボンの付着量…何かおかしい?!

Date: 2018/02/11(Sun) AE86、4スロ交換+リセッティング @  
8485.jpg 去年、一元さんでご来店されたAE86。

イジっていたSHOPさんが店を閉められてから10年間、任せられるSHOPさんをアチコチと探し回っていたそうな。

昔、雑誌にも載っていたSHOPさんが閉店されていますよねぇ!

それだけイジるお客さんが減ったという証拠。
車好きに取っては悲しいですけど…それが現状ですよね。

メカドックは皆様のお陰で再出発できたし、飯も食べて行けています。

これは皆さんから仕事を頂けているからです。
心から感謝しております。m(_ _)m 本当にありがとう御座います。

AE86オーナーさんとはまずはお話しをして、今までの経緯や仕様、不具合、要望などをお聞きしてアドバイス。

気に入って頂けたのか4スロ交換とリセッティングの仕事を依頼して下さいました♪

この86…かなりイジってます!
AE92スーチャーエンジンを使って272度カム、OERスロットル、DLTイグニッション、フリーダム制御。

しかし、エンジン音を聞くと…何かおかしい?!
下からのレスポンスが悪いし排気音が綺麗じゃない!!

それでメンテも兼ねて9日に入庫となりました。

Date: 2018/02/10(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−N  
8484.jpg 見積もり漏れしたフライホイールを手配して、入荷するまでの間に出来る事を進めます。

ヒーターに繋がるパイプに錆が浮いて汚かったので、サンドスポンジで錆を落としていたら…

中々錆が落ちなくて、メッキが取れて地肌が出てしまった!

地肌のままだと直ぐに錆てしまう…んんんん!!

考えている内に耐熱シルバーで塗装しちゃいました♪
耐熱塗料は艶消し! 気に入らん!!

その上にクリア塗装して艶出しして綺麗になって満足♪

またやっちまった…(><;自己嫌悪!

Date: 2018/02/10(Sat) MA70スープラ、ブロック制作  L  
8483.jpg 中古エンジンのジャーナル部が削れて細くなってしまったクランク。

こういう場合、通常は削ってアンダーサイズのメタルを使ったりするんですが…

パワーを出すエンジンでは破損が怖いのでアンダーは使いません。
そして何より部品が廃盤…。

となると…ジャーナルを太らせるしかない!

ジャーナルにメッキをして肉盛りをし、設定メタルクリアランスになるように研磨をします。

何だ簡単じゃん。。。と思われがちですが…手間が掛るんですよねぇ。

まずメッキ屋に図面を出すので図面を制作します。

僕はCADが苦手(使い方が判らん)なのでいつもフォトショップで作成します。

この図面を描くのに半日!
パソコンに向かう作業が続きいております。(−。−;フー!

出来た図面をメッキ屋に送って初めて見積もりが出ます。

肉盛りしたメッキを削るのは内燃機屋(JUN AUOT)で行います。

この両方での費用は10万円超え!
しかし、新品クランクも出ないし、中古品もどれも同じような物。。。

ならば治すのが早いし確実。

古い車、エンジンにコダワルなら手間と費用は惜しんでは出来ませんよね。

費用を抑えたいのなら初期投資は掛りますが、まだ部品が出るエンジンに載せ替えるか車輛乗換ですね。

でもこのオーナーさんは「7Mにコダワリたい」との事なので、こちらもコダワラないとね♪

オーナー様、お見積もり提示までもう少々お待ちください。


Date: 2018/02/10(Sat) Mr,全噴のボヤキ  
今日の朝、メールを確認してから不機嫌な気分なのでチトぼやきます。

車両をイジる、と言う事は不具合も出る事もあるし耐久性も落ちて壊れる事も有ります。

何も問題が出ないようにメーカーが作った物に手を加えて変更するんですから出ない訳が無い!

でも、それをバランス良く、良いサジ加減で作り調整して行くのが腕の見せ所。

しかし、「車は生き物」と言われるように、何をやっても調子が出ない車。
直しても壊れ、また直しても壊れる車。
調子の良い時もあれば不機嫌な時もある車。
などなど、様々な問題が出る車も有ります。

原因が判っていればこんな車は存在しません!
でも…熟練の職人さんでも治らない車が存在するんです。

「プロなんだから直せるのが当たり前」と思っている方も居ます。
しかし、治らないからそいう車が現実にある訳です。

そういう時はどうするのか?
・根気良く故障診断をし、手を加え続ける
・車を買い替える
・違う店に修理を依頼してみる  これしか有りません。

故障診断とは、一つ一つの要因を潰して行く作業です。
当然、時間と費用が掛ります。

1回修理して治らなかったら後は全部保障で直す、という事は無理なんです。
新車でのメーカーディーラーは別ですが、そんなリスクを抱える町工場の店はドコにも有りません。

その車にコダワリって維持して行きたいのなら、根気良く店に依頼するしか有りません。

それにはオーナーさんと店とのモチベーションが必要。
それは信頼関係でも有ります。
「トコトン付き合う」「絶対に治す」

この思いが無いと言葉が悪いですが「やる気」が無くなります。

イジる方も人間です。
気持ちや思いがあります。そしてプライドも!

ブログに何回も書いていますが、僕等の仕事はお客さんの命を預かる仕事です。

だからこそ僕はお客さんとの信頼関係が無いと仕事は受けません。
「プロなんだから治せて当たり前」と言う方もお断りしています。

万能の商品が無いように、万能の店だってありません。
お客さんに合わない商品も有れば性格の合わない店もあります。

では何を基準に選ぶか?

価格の安さ…信頼性…その店の人柄ではないでしょうか。

お客さんをお客とも思わず敬語さえも使わないSHOPもありますよね!
でもそこには信頼があるから出入りする方もいると思います。

僕は信頼関係が無いお客様とはお付き合いは出来ませんのでご了承ください。

Date: 2018/02/09(Fri) B6、隼ピストン仕様 2−M  
8481.jpg 夕方にはエンジン搭載完了。

ヘッドカバーは後日に「赤ヘッド」に変わります♪

メカドックチューンを施したヘッドはメカドックブルーになりますが…
このヘッドはカム廻り以外はドノーマルなので!(^^;

エンジンが乗っかり、次はミッションを組付け。
部品棚からクラッチ部品を出していると…

アレ? フライホイールが無い(?。?;;

見積もり書を見てみたら…抜けてた!

(><;やっちまったぁぁぁ!!

オーナーのsoppyさんに連絡して早急に部品を手配しました。
部品が来るまで他の作業を進めて置きます↓↓m(_ _)mスミマセン

Date: 2018/02/09(Fri) B6、隼ピストン仕様 2−L  
8480.jpg いよいよ午後からエンジンを搭載。

赤いアルミプーリーは純正品よりクランクが小さく、W/Pプーリーは大きくなっているタイプ。

これで高回転での冷却水の泡立ちを防止します。

でも…アルミとベルトは相性が悪くて滑るんですよねぇ!

アルミプーリーを使う際にはベルトをタイミングベルトのような形状にして使う方が良いのですが…

そうなるとコストが掛ってしまうので市販で売っている物を使いました。

もし、高回転でベルトが滑ったり、切れたりしたらベルトギヤ式に変更かな!

Date: 2018/02/09(Fri) B6、隼ピストン仕様 2−K  
8479.jpg 年明けから確定申告の事務処理、NAレストアメニュー検討、見積もり作成、廃盤部品の対策検索などなどで作業がスケジュール通りに進みません↓

ってか部品が無いから組めない!
(T0T;;

しかし、作業を進めないと車が滞留してしまうだけなので、少しづつですが手を付けております。

出来あがった10,000rpm仕様のエンジンを搭載する前にホコリと汚れだらけのエンジンルームを洗浄。

ココにも錆や落ちない汚れが有りました!
(−−;綺麗じゃない!!

…………汚いメンバーをシャシブラックで塗りました。

また余計な時間を費やしてしまった。。。

でも綺麗になったので気分良く仕事が出来ます♪(^^)

Date: 2018/02/08(Thu) B6、隼ピストン仕様 2−J  
8478.jpg やる事が有って急いでいても手を抜けない性格。

錆が出て見た目が今二位だったA/Cとエンジンのブラケット。

錆を落として綺麗に再塗装。

他にも汚かったステーや燃料レギュレーターもついでに塗装しちゃいました。

動かして気持ち良いエンジンも大事だけど、見た目も大事ですよね♪(^^)

Date: 2018/02/08(Thu) B6、隼ピストン仕様 2−I  
8477.jpg また寒さがぶり返しましたね!

昨日、今日と朝に水が出ません!!

体調も風邪?インフル?なのかチトだるい↓

早く温かくならないかなぁ。。。

突発作業でミッションをバラした白ファミリアはギヤ制作の見積もりと同時進行で使える他車種のギヤを探索中。

しかし…使えそうなギヤを4車種見付けましたが、問い合わせるとことごとく「廃盤」(T。T;

エンジンをバラした70スープラのコンロッドも海外製なんですが、見積もりの連絡が来ない↓

これも他車種の物を探した方が早いか?!

レストアメニュー思案も進めて確定申告の事務処理も進めないとイケないし…
やる事が一杯。。。(@@;

ワンオフ制作したヘッドガスケットを組んだ10,000rpmB6エンジンは進めております。

ヘッドを組付けてクランクを回し、ピストンが当たらないのを確認。

販売する商品のサイズ表記はキチンとして欲しいもんです!
例えば81φピストンとして販売している物が80.5φだったら…
当たり前の事なんですけどね!

4連スロットルを取付けて補機類も取付。

Date: 2018/02/06(Tue) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 G  
8476.jpg シャフトから取り外した3速ギヤ。

メインシャフト側のギヤの1/4の歯が破損してます。

カウンター側は1枚の歯だけ折れてますが、他の歯もガタガタになってました!

この3速ギヤはメーカーに在庫アリ。

しかし…ギヤ比が気に入らないのと焼き入れをしても3,000kmで壊れてしまう!!

焼き入れの仕方を変更してみるか?!
それともギヤを制作するか?!

思案中…。。。(@@;

Date: 2018/02/06(Tue) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 F  
8475.jpg 壊れた3速ギヤをシャフトから抜き取り。

前回はプーラーで引っ張っただけで割れてしまいましたが、今回は焼き入れをしていたギヤなので引っ張っても割れませんでした。

Date: 2018/02/06(Tue) みんなで食べ歩き とんかつ鶴巻  
8474.jpg 日曜日の食べ歩きは新地開拓をしに埼玉県志木市上宗岡にある「とんかつ鶴巻」にバッシーさん、黒HCR32オーナーさんと行って来ました。

浦所通りから少し入った、通りからは見え難い所にある店。
駐車場は1台分しか有りません!

店内は小奇麗でイイ感じ♪

3人共に上ロース定食を注文。
出来あがって来るまでの時間はチト長くて30分ほど待ちました。

出てきたトンカツの厚さに皆してビックリ!
3cmくらいあるんじゃないか!!(@@;

厚さにも驚きましたが噛んで見ても驚き…皆して顔を見合わせて、

なんじゃこの柔らかさは!!(@0@

しかも…ロースに味付けをしていないのか、肉本来旨味が何とも上手い♪

お二人共に相当なグルメなんですが、「これは上手い!」とニコニコ顔。

こういう隠れた上手い店ってあるんですよねぇ。
しばらく通いそうです♪(^^)

Date: 2018/02/04(Sun) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 E  
8473.jpg ギヤ破損の原因を考えている際にギヤ比を計算してみた。

すると面白い事に気が付きました!

ラリー仕様のGTAeはクロスに成っていてシフトアップした時の回転数は5,000回転ちょっと。

対してGTRは3速以外は4,500回転ちょっと。

純正タービン(IHI:C7)は5,500回転で1.0kg/cuのフルブーストになる。

4.500〜5,000回転ちょっとならフルブーストにはなっていなくてトルクが出始めの状態なのでギヤに高負荷が掛らない?!

しかし、3速は繋いだ瞬間に一揆に高負荷、高トルクが掛るからギヤが持たないのではないか?!

まあ計算上での推測ですけどね。(^^;

3速ギヤの在庫を確認したら「在庫アリ」。
しかし、焼き入れをしたギヤが3,000km持たないんだから純正を組んでもまた壊れるような気が…。

オーナーさんと相談してギヤ制作で見積もりを検討中。

どうせ作るならギヤ比を変更したいですよね!
計算したら1.570が良さげ♪

この回転数ならフルブースト領域の手前で繋がるし、材質も変更するから壊れなくなる…かな?(^^;

Date: 2018/02/04(Sun) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 D  
8472.jpg これは前回3速ギヤが破損したときの画像。

全く同じ壊れ方です!

ファミリアBG8Zのミッションは3速が壊れるのが有名!!

ギヤ材質の問題もあるでしょが…根本的な原因が有るのではないか?

こういうのが気になってしまう性分。(^^;

Date: 2018/02/04(Sun) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 C  
8471.jpg 原因をハッキリさせないと不安になる性格。

各ギヤ廻りを点検していると…

オイルドレン上部に設置されている磁石に折れたギヤが付いていて、その破片がフロントデフに繋がるリングギヤに噛み込んでいた事が判明。

これが1,2速でも音が出ていた原因ですね!

Date: 2018/02/04(Sun) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 B  
8470.jpg エンジンからミッションを分離してバラし。

ケースを開けてギヤを回しながら点検してみると…。

メインシャフト側の3速ギヤの歯が折れてました!

また3速かぁ!!

でも1速、2速でもガタガタ音がしてたのは何だろう?

Date: 2018/02/04(Sun) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 A  
8469.jpg 最近は朝、水道の蛇口が凍らないようになりました。

そろそろ春の到来ですかねぇ♪

早く暖房を使わないで済む陽気にならないかなぁ!(^^;

ミッション廻りから異音が出た白ファミリア。

まずは診断するのでエンジンとミッションを降ろしました。

Date: 2018/02/03(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−H  
8468.jpg 10,000回転B6エンジンに使う注文していたヘッドガスケットが昨日の夜に上がって来ました。

スキッシュエリアを稼ぐ為に内径は82.5φ。

ロドスタ用はビードタイプしか販売されていませんが、これは高圧縮圧力に耐えられるストッパータイプ。

ストッパータイプはターボエンジンに良く使われますが、10,000回転も回すと圧縮圧力も当然高くなります。

どうせ作るならガスケット抜け防止にもなるストッパータイプで制作しました。

TODAレーシングのガスケットで抜ける方はこのガスケットをお薦めします。

「無い物は作る」で制作しましたが、欲しい方は
価格は¥38,000−(税別)で受注生産で販売できますよ♪

オーナーさん、お待たせしました。
これで作業を再開いたします。(^^)

Date: 2018/02/03(Sat) 白ファミリアGT-X、駆動系不具合 @  
8467.jpg 昨日の雪は焦りましたね!

夕方から降雪量も少なくなって積らなかったから良かった♪

除雪剤も撒く必要も無かった見たい!!(^^;


日曜日の夕方に積載車で入庫された白ファミリア。

上尾当たりを走行中にミッション廻りからガコガコと音が出るようになったらしい!

まずは試走してみると1速、2速と上げて行くと車速と共にガコガコ音の感覚が比例して短くなっている。

これは恐らくミッションのギヤでは無く、フロントデフまたはトランスファのギヤの不具合のような気が…。

どうなっているのか?!はバラしてみないと判らないのでエンジン+ミッションで降ろして、ミッションを分解して診断です。

Date: 2018/02/02(Fri) MA70スープラ、ブロック制作 K  
8466.jpg 7Mエンジンで問題発生!

メタルクリアランス設定を算出していると…

使いたいサイズの純正メタルが「廃盤」。

やはりクランクジャーナルが削れて小さくなってました↓↓

さて、どうするか!!(−−;

Date: 2018/02/02(Fri) 除雪剤=LLC 終  
8465.jpg 朝8時に撒いてお昼近くの現在の状態。

雪が積もって無い♪

でも溶けた水と一緒に流れてしまうから長くは持たないだろうなぁ。。。

夕方にはどうなってるか?!

降るのが止んでくれればイイが…(−−;

Date: 2018/02/02(Fri) 除雪剤=LLC @  
8464.jpg 昨日の夕方から降り始めた雪!

朝7時の段階で積雪量3cm。

また雪かきをするのが嫌だなぁ!!

そこで積らない内にゴムほうきで雪をどけてから試しに除雪剤としてLLC(冷却水)原液2Lを撒いてみた。

Date: 2018/02/01(Thu) MA70スープラ、ブロック制作 J  
8463.jpg 次にメインメタルが付くクランクキャップ内径をボアゲージで計測。

ココも十字方向で計測します。

通常、クランクに刻印されている数値とブロックに刻印されている数値からメタルを選択するのですが…

それはクランクが削れていないのが前提!

10万キロ以上使ったクランクが削れていない訳が無いですよね!!

なのでメカドックでは計測した数値とクリアランス設定数値を考慮してメタルを選択します。

TOYOTA(日産も)のメタルは厚さが選べるので計測数値から計算してメタルサイズを決めます。

メタルの在庫が有ってくれるとイイなぁ!(^^;

Date: 2018/02/01(Thu) MA70スープラ、ブロック制作 I  
8462.jpg クランクの歪み量は0.04mm。

限度値は0.03mmなので曲がり修正が必要ですね!

しかし、修正しても戻ってしまうクランクも有るので、真ん中のクリアランスは少し広く設定して置こうかな。

「0」調整したダイヤルゲージでクランクジャーナル部を測定。

1箇所だけでは無く十字方向の2箇所で計測します。

Date: 2018/02/01(Thu) MA70スープラ、ブロック制作 H  
8461.jpg 山岸板金との打ち合わせ後、7Mエンジンのクランク測定。

まずは計測器の「0」調整。

計測前に毎回調整を行ってから計測します。

Date: 2018/02/01(Thu) レストアメニュー打ち合わせ  
8460.jpg 昨日の残雪処理で2/3くらいは処理できました。

しかし、今日明日とまた雪の予報!

どの位積るのか心配ですねぇ。(−−;

昨日は山岸板金の新社長とロドスタレストアメニューについての打ち合わせをしました。

山岸板金さんへの要望は
「メーカー以上の仕上がりと錆防止加工」

山岸板金さんはメーカー板金で手に負えない新車の修理も行うので仕上がりはメーカー以上の腕を持ってます。

しかも2000万円以上する完全密閉&完全除湿の塗装ブースも完備してます。
このブースを持っている板金屋は中々無いんじゃないかな!(^^;

仕上がりには全く心配していないので、ドコにどう手を入れて他社との差別化を図るか!

・メーカーではやらない、出来ない事をやる。
・ボディ設計に問題の有るサイドステップ後ろの手直し加工(錆対策)。
・ジャッキアップポイントの潰れ修理+補強。

取り敢えずココまではやろうと言う事で話合いました。

山岸板金の作業コストも出してくれたので、後は部品をどこまで交換するのかと部品代の算出。

パソコンに向かう仕事ばっかり。。。(T。T

Date: 2018/01/31(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 G  
8459.jpg 残りの水を入れて水面の高さを計測すると90mm。

90mm−25mm=65mm(吸い上げられる油堆積)。

これだけ有れば横Gが掛っても吸い上げられるハズ!

なのに吸い上げ無くなる…
という事はオイルのリターンが間に合って無いのかも!!

バッフル加工と共にリターンのパイプ計を拡大する必要も有りそう。(^^;

Date: 2018/01/31(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 F  
8458.jpg エンジンオイル容量は4.2L。

ジョッキに4.2Lの水を入れ、オイルパンの底から25mmの所まで水を入れてみると、残りの水は3.2L。

Date: 2018/01/31(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 E  
8457.jpg 潰れた粘土の高さは15mm。

ストレーナーのパイプとネットの高さは10mm。

という事はオイルパンの底から25mmの所で吸い上げている事になります。

Date: 2018/01/31(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 D  
8456.jpg オイルパンを被せて粘土を潰します。

Date: 2018/01/31(Wed) MA70スープラ、ブロック制作 C  
8455.jpg 7Mエンジンのブロック制作のご依頼と一緒にオイルパンのバッフル加工もご依頼。

富士SPWのコーナーで油圧が「0」になる時があるとか!

コーナーリングの横Gでオイルの片寄りが起きているっぽい!!

闇雲にバッフルを加工するのでは無く、まずはオイルを吸い上げる油面の高さを確認します。

オイルストレーナーに粘土を貼付けて…

Date: 2018/01/31(Wed) 残雪処理  
8454.jpg 先週の雪がまだ溶け切っていない内に2月1日、2日にまた雪が降る予報が出てますよね!

また雪かきしたら積み上げるスペースが無い!!

積み上げた雪を少しでも減らそうと、日の当たる歩道の端に移動させて残雪処理。

これでも3日目! まだまだ残ってます。

チト腰が痛くなって来た↓(−−;;ヤバいか?!

Date: 2018/01/30(Tue) MA70スープラ、ブロック制作 B  
8453.jpg このエンジンは不動でしばらく放置していたらしく、ブロック廻りは外も内部も錆だらけ!

見た目を綺麗に仕上げたいのでオイルパンの錆も落として再塗装します。

こういう事をしてるから時間が掛って儲からないんですよねぇ。。。(^^;

Date: 2018/01/30(Tue) MA70スープラ、ブロック制作 A  
8452.jpg オーナーさんが手配した7Mエンジンは前期型。

後期型のクランクはフルカウンターなんですが、前期はフルでは無い!

チューンを考えるとフルカウンターの方が良いんですが…。

オーナーさんは6,500rpmでシフトするらしいので、フルじゃなくてもいいのかもね。

Date: 2018/01/30(Tue) MA70スープラ、ブロック制作 @  
8451.jpg もう1月末!

日が経つのが早く感じて仕方が無い!!

昨日の休日は両親の付き添いも無く、プライベートの時間が過ごせました♪が…

2月の予定は既に決まっており、休日は全て両親の付き添い↓(−。−;ハァ

介護は体力よりもプライベートの時間が無くなり精神的に来ますよね!

さて、オーナーさんが分解した7Mエンジンのパーツを洗浄。

洗浄は僕でなくても出来る仕事なのでお手伝いの山さんにお願いしました。

Date: 2018/01/26(Fri) 発電機 修理  
8450.jpg 雪の影響なのか夜が寒い!

毎週木曜日は唯一の楽しみ「おふろの王様」で入浴の日♪

2時間タップリと湯に浸かって体と頭を温めます。

工場に戻って夜10時に歯を磨こうと蛇口を捻ったら…

えっ!凍ってる!! (@@;;この時刻で?!

工場内の温度計を見たら…1度!!!!
寒い訳ですよね↓↓

さて、相変わらずPCに向かって事務処理をしているのでブログネタが有りません。(^^;

なので先週日曜日の事をアップ。

黒ファミリアのROUさんが発電機の修理をしにご来店。
MA70スープラのオーナーさんがエンジンをバラしている横で発電機をバラしてました。

燃料ホースが折れてしまっていたようでホースを購入。
その場でバラし、キャブを外して交換。

そしたらキャブが燃料劣化でデロデロ状態!

「こりゃバラして洗浄しないと掛らないよ」と教えてキャブもバラバラに分解。

噴いただけで終わらそうとしていたのでROUさんからキャブを強制的に強奪!

グリースサットルで劣化した燃料を綺麗に洗浄して返却。

燃料タンクに劣化した燃料がまだ残っていたようで、排出させて新しい燃料を注入。

頼まれていないのに手を出す私ことMr,全噴。(^^;

何だかんだ他にも有りましたが、発電機のエンジンが無事に始動♪

仕事より、こうやって皆でワイワイやるのが楽しいんですよねぇ。

皆でワイワイやりながらモンスター車を作ったら楽しいだろうなぁ♪(^^)

Date: 2018/01/25(Thu) MA70スープラ、冷却水エア噛み 終  
8449.jpg 「バラしは自分でやりたい」

との事で工賃を浮かす為にも自作業でやって貰いました。

自分のエンジンに自分の手が入るのは楽しいですよね♪

エンジンに付いて来た使わない部品(ダイナモ、コンプレッサー、タービンなど)はネットで売って資金にするとか。

ブロック内部を見たら6番でガスケット抜けしてシリンダー内に水が浸入してました。

オイルもデロデロのグリス状態で、ピストンはリングが固着。

パーツをバラし終えて、ココからはメカドックの作業。
クランクを計測してメタルサイズを出し、強化部品の検索をしつつ見積もり書を作成。

この他にも赤いファミリアの見積もりも作成しないと!

確定申告の事務処理もあるので最近はPCに向かいっ放し!!

PC触るのに飽きて来た今日この頃。。。(−−;

Date: 2018/01/25(Thu) MA70スープラ、冷却水エア噛み B  
8448.jpg 12月から7Mエンジンを探し始めましたが…

これが中々出て来ない!

知り合いのSHOPさんにも声を掛けたんですが…出て来ない!!

でも、オーナーさんがアチコチ探してやっと手に入り、18日に入荷。

しかし、不動との事…

クランクを回してみるとカクカクと引っ掛かって回る…大丈夫か?(−−;

Date: 2018/01/25(Thu) MA70スープラ、冷却水エア噛み A  
8447.jpg 冷却水が外に漏れずに圧が減る場合はエンジン内部や室内で漏れている場合も有ります。

室内は特に匂いはしないようなので取り敢えず減った水を足してエア抜き。

エンジンを始動して暖機して行くと…エア抜きタンクの大量の泡が出て来た!

えっ!と思いマフラーを見ると水蒸気が!!

しばらくそのままにして置くと水蒸気は消えたのでエンジンを止めて、また圧を掛けてエンジンを始動。

しばらくするとまた水蒸気がモワモワと!!

この症状…ガスケット抜けですね。。。
燃焼室とウォーターラインが貫通して抜けているっぽい。

燃焼室の燃焼圧力がウォーターラインに入って気泡が出てくるんですね。

その気泡でラジエターが一杯になり、リザーブタンクに冷却水が行って溢れて車の下に垂れたんでしょう!

折角調子良く乗れるようになったのに…(**;

ガスケット抜けならヘッドを外して交換するだけ。
しかし…

オーナーさんによると、このエンジンにして1年で3回抜けたそうな!

それは何かがおかしい。。。
ただ交換しただけでは同じ事が起こりますね!!

オーナーさんと修理方法についていろいろ相談して、修理と共に巣穴の開いたブロックを交換する事に決定。

何でメカドックに入って来る車両はスンナリと終わらないんでしょうねぇ?!

Date: 2018/01/25(Thu) MA70スープラ、冷却水エア噛み @  
8446.jpg 大雪の道路の影響がまだ続いてますね!

まだ首都高が「路面凍結で通行止め」しているとか!!

陸送業者さんは大変だろうなぁ。

工場の駐車場部分の雪はどけましたが、昨日は凍っている部分を除去。
今月分の水道代は高くなってるだろうなぁ。(><;

さて、昨年の話しですが…
11月に他SHOPさんでイジった不具合箇所を直して、VProのデータを新規で現車合わせして納車したMA70スープラ。

24日にのお客さんが意気揚々とメインコースの富士スピードWAYに向かったんですが、、、

途中のパーキングに寄って駐車していると車の下に冷却水が!

富士スピードWAYでの走行は断念し、Uターンしてメカドックへ。

ご来店して早々にラジエターに水を入れて圧を掛けて調べて見ると、圧は減るけど外に冷却水は漏れて来ない!

3回圧を掛けても同じ!!

Date: 2018/01/24(Wed) 雪かき 終  
8445.jpg RYO君の声掛けでYUTA君とお嬢も手伝いに来てくれました♪

パレットを紐でジムニーの4駆に付けて一揆に雪を除雪。

キャーキャー言いながら楽しんでました♪

気が重い雪かきも楽しいのがイイよね。(^^)

いつもは丸1日掛る雪かきが、皆のお陰で4時間で終了。

雪かき後は毎回「ギックリ腰」になるんですが…
皆さんのお陰で今の所、腰は痛く無いです♪

本当に助かりました。有難う御座いました。m(_ _)m

Date: 2018/01/24(Wed) 雪かき C  
8444.jpg 気が重い時にラインをくれたお客さん(RYO)さんが

「雪かきを手伝いに来ました」

とジムニーでご来店!

イカつい面構えのRYO君が天使に見えましたね♪(ToT)

軽といえど流石4駆!

あの積雪を物ともせずに入って来た!!

この時ばかりは「4駆もイイな!」と思いましたね。(^^;

Date: 2018/01/24(Wed) 雪かき B  
8443.jpg 膝下まで埋まりながら工場へ。

定規を持って来て計測。

積雪量は23cm!

これを一人で除雪するのか!

Date: 2018/01/24(Wed) 雪かき A  
8442.jpg ファミリアってこんなに車高が高かったっけ?!
(−−;

Date: 2018/01/24(Wed) 雪かき @  
8441.jpg 月曜日の定休日は父親の病院付き添い。

付き添いが済んで自宅に戻り、いつもなら11時に工場へ行って寝るのですが…

ニュースを見ていて「ヤバそう!」と思い、行こうかどうしようか?!悩んでいる時に工場近くのお客さんから

「渋滞がヤバい!」

とのラインが…(@@;

安全を優先して朝8時に自宅を出ましたが…広い道を選んだのでドコもかしこも大渋滞!

大宮バイパスから浦所街道に入るのに1時間!

工場に付いたのが11時半!!

工場前の7-11に車を止めて見てみると…
部品取りファミリアのタイヤ半分くらいまで積ってる!!!!(><;

Date: 2018/01/24(Wed) 赤いファミリア、コンプレッション測定  
8440.jpg 赤いファミリアさんが日曜日にエンジンの診断でご来店。

このエンジンの制作したのは2005年8月なので13年使用したエンジン!
でも距離数は50,000kmで少ないですが、そろそろメンテ時期!!

OH時期も大分過ぎているのでコンプレッションを測定、プラグの焼け色などをチェックしての診断。

コンプレッション圧力は
@10.8k A12.5k B12.5k C12.5k

標準値は11.0。
ABCが高くなっているのは恐らくカーボンの蓄積。

BG8Zのサージタンクは異常に小さく、4番側にスロットルが付いているので1番に勢い良く空気が送り込まれ易い形状!

それで空燃比が他気筒より薄くなるからカーボンが付き難いんですよ。
10.8なら基準値より少し低いくらいだし、アイドリングも安定していて白煙やオイルも吹いて無いからまだイケそう!!

プラグにもオイルは付着しておらず、1〜4番まで綺麗に焼けてました。

しかし、2番と3番がおかしいBPターボエンジンがある!

何でそうなるのか?! 頭を抱えて自問自答中!!(><;

Date: 2018/01/20(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−G  
8439.jpg TODAレーシングのヘッドガスケットを当ててみると…

シリンダーより大きくて内径は81.5mm。

B6ピストンはブロック上面から突き出さないので、今までは80.5mmでも当たらなかったんでしょうね!

しかし…シリンダーより小さいガスケットは良くありません!

シリンダーに飛び出した部分の先端が燃焼温度で「ヒートスポット」になりプラグ効果を起こしてしまうからです!!

つまりデトネーション(異常燃焼)が起きやすくなってしまうんですよねぇ。

セッティングで点火時期も入らなくなるし!

「ガスケットの内径はシリンダー径より大きくする」 これは常識!
型を治そうとせず問題ある物を売り続ける…

その姿勢と考えが僕には理解できませんね↓↓(−−;

Date: 2018/01/20(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−F  
8438.jpg ピストンを下げて指で触って確認してみると…

ガスケットが飛び出してる!

ノギスで計測してみると80.5mm。

ピストンはブロックより突き出すように設計したので、ガスケット0.5mmの小さくて当たってしまっていました↓↓

HPでは「メタルガスケット 内径81mm」って書いてあるんですが…!!

81mmのピストンを入れたいのに80.5mm、これって設計ミスですよねぇ、
と電話して確認したら、

「制作型を治せないので他のメーカーのガスケットをお使いください」
との回答。。。

オイオイ、販売元としてそんな回答で良いのでしょうか?(−−;

Date: 2018/01/20(Sat) B6、隼ピストン仕様 2−E  
8437.jpg 隼ピストンを使って組み上がったエンジン。

タイミングベルトを付けようとクランクを回して1番上死点を出そうと思ったら何かに当たってる!

気になったのでヘッドを降ろして確認してみると、ピストンとヘッドガスケットがくっ付いた所でピストンが止まってました。

まさか…

Date: 2018/01/20(Sat) ロドスタ 「本物の人馬一体レストア」メニュー検討中  
8436.jpg 今月からマツダの「NAロードスターレストアサービス」の受付が開始されます。

しかし、書類審査、現車確認があり、純正以外はNG!

聞く所によるとエアクリ、マフラーでも純正でないとダメとか!!

車好きなら吸排気系だけは純正より性能の良い物に変更ますよね。

「やりたいけど出来ない」という方も多いハズ!
そこでメカドック流のレストアメニューを検討中です。

コンセプトは“本物の人馬一体レストア”

純正パーツ以外にも社外品を多用してコスパを重視。
※例:純正カム¥45,900− TODAカム¥36,000−

古い型の8bitCPUは16bitCPUに変更、バタフライ式エアフロ(NA6)はホットワイヤー式に変更など、性能向上をしつつも低燃費になるよう検討しています。

性能アップでドコに何を使うか!
予算をどう抑えるか!!

メーカーには出来ない、他SHOPとの格差、相違性も考えてメニューを考えています。

ボディ廻りに関しては新車以上の仕上がりになるよう、山岸板金さんと検討中。
色変更、錆防止対策、各部補強をしつつコスパを検討して貰ってます。

特に良く潰れるジャッキアップポイント(サイドステップ廻り)、リヤパネル(フェンダー)は交換しつつ、修理補強を行います。

この作業は他では出来ないやり方で作業して貰う予定♪

マツダではリヤパネルは錆や穴が開いていても交換せずにパテ修理のみらしい!
※リヤパネル廻りは「保障対象外」…だそうな!!(^^;

メカドックが行うレストアは予定では予約制にして納期3カ月、2年で10台限定になりそう。

この時期は確定申告の準備で忙しいんですが…

毎日午前2時まで作業してメニューを制作中です。(@@;眠い

Date: 2018/01/17(Wed) B6、隼ピストン仕様 2−D  
8435.jpg soppyシルバー号は4年間放置状態だったので、工場内に入れてエンジンを載せる前に点検整備。

まずは洗車とエンジンルームの洗浄。

燃料ポンプユニットを外して錆の点検。

ブレーキローターの錆落とし。

車検に備えてフロントバンパーに付いているアンダーパネルとカナードを取外し。

ヘッドライト、コンビランプも純正に変えないとなぁ!

車検代も結構行きそう!!(^^;

Date: 2018/01/16(Tue) 車両入替  
8434.jpg soppyシルバー号に載せるエンジンの完成目途が経ったので車両を工場内へ移動。

黒HCR32オーナーさん、バッシーさん、山さんに手伝って貰って車両の入替。

ついでに部品庫ステップワゴン、サーキッドデモカー、ドラッグデモカーも移動。

しかし、車検が切れているので走行が出来ないからセッティングはまだ先になりそう!(^^;

Date: 2018/01/16(Tue) 金プロ3.24  
8433.jpg 昨日の休日は新居の引っ越しの片付けをしようと思っていたのですが…

父親から

「お母さん(妻)の見舞に行きたいから連れて行ってくれ」

との連絡が!

タクシーで行けるだろ!!と思いつつ、午後から実家へ向かう俺↓(−−;

それから父親の買い物に付き添って、帰宅したのが夜7時半↓↓

そして休日が終わった。。。(−−;;

日曜日は病み上りの黒HCR32オーナーさんがヤフオクで落としたVProを持参してご来店。

RB25のデータ入りらしいので、まずはプロテクトが掛っていないか!後日点検。

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル M  
8432.jpg 形状修正後、スロットルを組立。

お手伝いの山さんは4スロに興味深々だったので分解、洗浄、切削、組立、リンク調整のやり方を教えながら作業して貰いました。

組立後、リンク調整をしている際に
「4スロ付けたいと思います?」と聞いたら

面倒だから付けないかな!とのご回答。(^^;

街乗りならシングル+サージタンク。
レスポンス+パワー重視なら多連スロットル(ターボ車除く)ですね。

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル L  
8431.jpg 超硬バーでの粗出しの後は#120ペーパーで整形、#240ペーパーで仕上げて完成。

#240では砥ぎ目が粗い感じがしますよね!

でもね!以前のブログでも書き込みましたが、
キャブ(大容量インジェクター含む)のように噴射されたガスの粒が大きいようならポートをツルツル(鏡面)にして滑るようにした方が良いんです。

しかし、インジェクター噴射のガスの粒は小さいので、ポートが鏡面になって居てもヘバリ付くんですよ!

ガラスに霧吹きを吹くとヘバリ付いて、粒が大きくなってから流れるのと同じ!!

この大きな粒が燃焼室に入った時に燃調が狂います。

霧化率の良いインジェクターの場合には研磨目は粗くして表面積を増やし、付着した燃料を気化させて大きな粒に成らないようにした方が良いんです。

この考え方はチューナーさんによって違うとは思いますが…

L型で有名なSHOPさんが加工に出していた内燃機屋さんから教わった事なので、間違いでは無い…と思う!(^^;

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル K  
8430.jpg ケガいた線からハミ出さないように、且つ、形状を想像しなから超硬バーで切削。

ついでに段付き部も切削。

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル J  
8429.jpg ケガキ線に沿ってポート内を削る線をマジックで書き込み。

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル I  
8428.jpg マジックでケガクと奥まで線が掛けません!

千枚通しなら奥まで先が入り込むのでガスケット形状にピッタリとケガケます。

ケガいた山形状の部分がインジェクター噴射口の目の前にそびえる壁!

ポート外周も少し段付きが有るのが判りますよね!!

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル H  
8427.jpg ATTのポート廻りをマジックで黒く塗り、インマニGKを当てて千枚通しでケガキ線を入れます。

ポートの段付きもあったので、ついでにやっちゃいましょうかね!

Date: 2018/01/14(Sun) AE111、スロットル G  
8426.jpg 年明けから始めた確定申告の事務処理。
毎年嫌になります↓

時間と手間が掛って利益にならない作業↓↓(−−;

みんカラを閲覧してたら赤ファミリアのオーナーさんから夏頃に依頼されていたパーツ制作を忘れていたのを思い出した!

物忘れをする事はしばしば有るんですが…

物忘れが激しくなって来た自分が嫌になります!!(><;

物忘れをしなくなる薬って無いもんですかぇ↓↓


AE111スロットルの錆取りが済み、今度はインマニATTの加工。

付いていたATTは何処ぞのオリジナル商品らしいんですが、インジェクターの噴射口を塞ぐように壁になってしまってました!

このままでは霧化効率が非常に悪いので壁となっている部分を切削加工します。

Date: 2018/01/12(Fri) AE111、スロットル F  
8425.jpg グリースサットルで洗浄した金属パーツ。

新品のような輝きです♪

ここまでは依頼されていないんですが…

仕上がりは綺麗な方が気持ちが良いですもんね。(^^;

Date: 2018/01/12(Fri) AE111、スロットル E  
8424.jpg パイプやリンクなどの金属パーツは現在では廃盤のグリースサットルで洗浄。

サンエスK1よりも汚れやカーボンが直ぐに落ちて、この洗浄液が一番良かったんですけどねぇ↓

また探さないと!(−−;

Date: 2018/01/12(Fri) AE111、スロットル D  
8423.jpg バタフライに引っ掛かりが有ったのでスロットル内径を触ってみたら段付きが有った!

段付きが出てしまったら本来はボーリングして拡大加工して修正するんですが…

今回は予算を抑えたい!

余り削り過ぎてしまうと隙間が出来てしまうので段差を緩やかにする程度にサンドスポンジで研磨して修正。

Date: 2018/01/12(Fri) AE111、スロットル C  
8422.jpg サンドブラストを掛けて錆を落としたパーツ。

砂が入ってしまっては不味い部分はガムテープでメクラをして行ってますよ。

本来はこの後、表面処理をしたり塗装したりするんですが…
オーナーさんの依頼でこのまま。。。

Date: 2018/01/11(Thu) 使いパシリ!  
8421.jpg ブラックラインさんにお邪魔している際に父親から電話が!

「電子レンジが壊れたから買って来て」

とのご依頼!(@@;

今朝8時に工場を出て自宅へ!

電子レンジを見て見るとドアのカバーが脱落!!

これじゃ開けられないよね。。。

カバーの内側を見るとカバーを止める爪が4箇所の内3箇所が折れてる…(−−;

こりゃ買い換えるしか無い。

壊れた電子レンジを持ってヤマダ電機へ行って、新しいレンジを購入。

急いで工場に戻って作業開始。

年始4日に退院した母親が6日に緊急入院もしたり。。。

何か年始からドタバタとしてるなぁ↓(−−;

Date: 2018/01/11(Thu) AE111、スロットル B  
8420.jpg スロットルとインマニを分解して、いつもお世話になっているブラックラインさんへ。

ちと相談事もあり、メカドックでは持っていないサンドブラストをお借りして来ました。

ブラックラインの社長に相談に乗って貰っている間に、お手伝いの「山さん」がブラスト作業。

サビは直ぐに落ちたんですが、放置期間が長かったのか中々錆の模様が取れ無かった!

インマニ2分割、スロットル4個、ATTの全てを綺麗にするのに1時間も掛った!!(**;




Copyright(C)2002 Mecha-Doc. All rights reserved. [Admin]
Based on - KENT -