Mecha-Doc Blog - メカドックが語る!そこまで言ってもホントにいいの?ぶっちゃけブログ!

[トップに戻る] [ワード検索] [Admin] -->

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、アイドル不調 ㉞  
10578.jpg 折れたロングボルトは工場内にあった中古ボルトに交換してオイルパンを取付。

半日掛りましたがやっと治った!

ココから先はスンナリと行って欲しい!!(^^;;

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、アイドル不調 ㉝  
10577.jpg ビットドリルを左回しで回すと「パキン」と言って緩んだ!

このロングボルトが折れて治すのは3台目!!

でも他のはボルトがネジ穴の外で折れていたから簡単に外せましたが…。

材質に問題アリですね。。。

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、アイドル不調 ㉜  
10576.jpg 折れたボルトの真ん中に3mmドリルで少し穴を開け、ビットドリルを噛まして左回し。

ビットドリルは左に回すと刃がボルトに噛み込んで喰い付くので回る、という仕組みの工具。

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、アイドル不調 ㉛  
10575.jpg プライベーターご用達のアストロプロダクツさんに行ってお買い物。

買ったのはボルト抜き工具。

一般的にはビットドリルとも言います。

これだけ購入して工場へ。

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、アイドル不調 ㉚  
10574.jpg 水温計誤作動の修理が終わり、お次は中古エンジンの折れたボルトの抜き取り作業。

折れた場所はエンジン最後尾左側のボルト穴。

穴が貫通している所なら突き出しているボルトをバイスプライヤーで挟んで回せば取れますが…

ココのネジ穴は貫通しておらず、ネジ山の途中で折れているからこれまた厄介!

まずは細いマイナスドライバーを打ち込んで凹ませて溝を作り、溝にドライバーを引っ掛けて回してみましたが…回らず!

次に細いポンチを折れたボルトの端に打ち込み、打ち込んだ穴にポンチを斜めにして叩いて回そうとしましたが…これまた回らず!!

んんん、どうやって抜くか?!(−−;;

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、水温計誤作動 修理 I  
10573.jpg 右下部も修理してからメーターを取付。

エンジンを暖機して中古水温計の動きを点検。

問題無く動いているのでこれで修理完成。

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、水温計誤作動 修理 H  
10572.jpg プラリペアの「Q-Bond」で割れた破片を接着して修理。

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、水温計誤作動 修理 G  
10571.jpg 左上部分が割れてましたが、右下の部分も割れてました!

クリップがちゃんと固定されないとビスが締まらないので修理します。

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、水温計誤作動 修理 F  
10570.jpg 水温計を中古メーターの物に交換。

メーターASSYを戻して付けようとしたら…

んっ?!ビスが締まらない!

もう一度外してビス穴を見ると、、、

ありゃ!割れてる!(@@;

割れた破片とクリップが下に落ちてました。。。

Date: 2020/01/26(Sun) NA8、水温計誤作動 修理 E  
10569.jpg 水温計誤作動で修理しているNA8。

水温計センサーを交換後、オーナーさんとメーターを交換するかをご相談。

様子見でまたダメで再入庫するなら今回メーターも交換する事に決定。

これでもダメならハーネスの断線や接触不良の疑いが濃厚になります。

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、水温計誤作動 修理 D  
10568.jpg 純正端子を切り落として補修カプラー用端子に付替え。

んんん、やはり純正っぽいのはイイ感じになります♪

取り外した部品を元に戻して、冷却水を入れて暖機。

暖機後4,000回転で回し続けて水温計の動きを点検。

5分ほど回し続けても針は正常値を指していて振り切るような事は出ませんでした。

これで様子を見るか! メーターも交換して置くか!!

オーナーさんとご相談です。

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、水温計誤作動 修理 C  
10567.jpg ココのカプラー、、、

在庫持ってます♪

商品ラインナップに載せても「売れないだろう」と思って載せてません。

このカプラーはセルモーター、油圧センサーと同じカプラー。

普通のロック平端子を付けて治すのもいいですが…

純正のようにしたいコダワリが強くて!(^^;

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、水温計誤作動 修理 B  
10566.jpg このようにカプラーが割れて端子が剥き出し状態になっていたから!

この端子には本体にロックが付いていて、カプラー内部の突起で押す仕組みなのでこのままでは中々抜けないんです!!

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、水温計誤作動 修理 A  
10565.jpg 水温計の誤作動は

走行中にメーターを振り切ってしまう事がある!

との事。

実際にそこまで水温が上がったらエンジンは調子悪くなるし、冷却水は沸騰してリザーブタンクに蒸気が入り込んで冷却水が溢れるハズ!!

しかし、オーナーさんいわくエンジンは調子悪くならない。。。
リザーブからも冷却水が漏れた痕跡は無い。。。

という事はメーターの誤作動が疑わしい!

誤作動の原因で疑わしいのは水温センサー、またはメーター本体の2つ。

メーターは滅多に壊れないので、まずは水温センサーを交換してみる事に。

エンジンは熱いので来店されて直ぐには作業は出来ないので2時間冷却してから作業開始。

ヘッドカバー、クラセン、ヒーターホースを取り外してから水温計センサーを取り外して交換。

端子が無いのは外す際にワザと降りました!

その理由は…

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、水温計誤作動 修理 @  
10564.jpg 年末にツインファンの取付でご来店されたNA8。

その際に水温メーターの誤作動についてもご相談されて、今回修理での入庫。

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、アイドル不調 ㉙  
10563.jpg メタル交換後、オイルパン廻りの部品を洗浄して取付。

しかし、、、

オイルパン最後尾のM10ロングボルトが噛まない!

何で??

ボルトを見てみると…

ありゃ!折れてる!!(@@;;

ブロック側のネジ穴を覗き込むと…折れた先端が残ってる。。。

何ですんなり行かないんでしょう。。。。。

またオイルパンを外して追加修理作業です。(T.T)

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、アイドル不調 ㉘  
10562.jpg メタルの摩耗具合を確認しながら30分掛けて全メタルを交換。

腰を捻って覗き込みながらの作業だったのでキツかった!(><;;

現在制作中の500馬力BPエンジン、これから制作するロドスタNA最速エンジンに使うメタルを考えないと!!

純正メタルじゃ役不足で耐久性も無いですからね。。。(−−;;

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、アイドル不調 ㉗  
10561.jpg コンロッドの次にクランクのメインメタルを交換。

ブロック側のメインメタルを取る時は楽なんですが、入れる時に中々入りません!

これは抜くメタルは張りが無くなっているのでクルっと回せば取れるんですが、新品メタルには張りが有りって広がっているから入り難いんです。

これを入れるにはチトしたコツが要ります。

それは…企業秘密♪

判ると簡単なので知りたい方は考えてみてください。(^^)

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、アイドル不調 ㉖  
10560.jpg まずはコンロッドのメタルを交換。

元々使って居たのはマルハさんの「パワーメタル」。

このエンジンを組んだ時のデータがあるので同じサイズのメタルを在庫確認したら…

在庫ナシ、納期未定、、、との回答が。。。

注文が入らないから作らないのかなぁ。。。

SHOPさんが進んで使わないとドンドン良い物が無くなって行きます!

連鎖して良いエンジンが作れなくなる!!

作り手としては悲しい現実ですね。。。(−−;;

無い物はしょうがないので純正(ファミリア・ターボ用)を使う事に。

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、アイドル不調 ㉕  
10559.jpg メタル交換はブロックをオーバーホールしないと出来ない!

というイメージを持って居る方は多いと思いますが…

エンジンが車両搭載状態でオイルパンが外せるならエンジンを降ろさなくても出来るんですよ!!

日産の下請け工場での下積み時代良くやらされました。

エンジンの真下での作業なので顔や手がオイルまみれになりながら…。(^^;

ロドスタはエンジン搭載状態ではオイルパンが外れ無いので降ろしました。

Date: 2020/01/25(Sat) NA8、アイドル不調 ㉔  
10558.jpg 中古エンジンを搭載したNA8。

オーナーさんから
「長く乗りたいからメタルを交換して欲しい」とのご依頼で再びエンジンを降ろす事に。

Date: 2020/01/23(Thu) NA&NBインジェクター補修カプラー  
10557.jpg NA用のインジェクターカプラーはNB6と同じ。

NB8のインジェクターカプラーには固定用の爪が付いています。

これも見付けました♪

取り寄せるのに振込手数料¥330+送料¥250掛るので儲けには成りませんが…。

でも、これもクランク角センサー&NA8点火コイルカプラーと同じように無いと困る商品ですからね!

赤字にならずジュース代分くらいの利益でご奉仕感覚です。(^^;
近々ちゃんとした画像を撮影してパーツカタログに新商品で載せる予定です。

Date: 2020/01/23(Thu) インジェクターカプラーも 見付けた  
10556.jpg ISCVのカプラーを見付けた業者の商品でインジェクターのカプラーに似たカプラーも有ったのでついでに取り寄せてみた!

付けてみると…

これまたピッタリ♪

Date: 2020/01/23(Thu) NA8用ISCV補修カプラー 見付けた  
10555.jpg 探し回って居たISCVのカプラー!

「このカプラーは生産終了で手に入らない」と取引業者に言われましたが…

きっと使える物が有るハズ!と検索。

色も、見た目の形状も違いますが「使えそう?!」と思い試しに取り寄せ。

ISCVに付けてみたら…ピッタリ♪

もう執念ですね。(^^;

更にカプラーを仕入れて商品ラインナップに加えます♪

Date: 2020/01/23(Thu) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−㉖  
10554.jpg 車体は前のSHOPさんで2年半放置されていたそうな。

ブレーキのピストンは固着して居ませんでしたが、内部のシールゴムは硬化しているハズ!

エンジンやギヤオイルの漏れなら「今度やりましょう」と言えますが、ブレーキオイルの漏れは絶対ダメ!!

有無も言わさず「やりましょう」です。

前SHOPに預ける前にOHしたそうですが…
2年半放置されたブレーキは不安しか無いのでOHします。

Date: 2020/01/23(Thu) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−㉕  
10553.jpg GF31レパードのオーナーさんから

「車検に掛る費用を出して欲しい」とのご依頼。

エンジン搭載作業がまだ途中なんですが費用を前もって知りたいらしい。

エンジン廻りの点検は火が入ってからにして、下廻りの点検を先にやる事に!

まずはブレーキを分解。

ハブ面には長年の放置プレーで大量の錆が発生してました!!

ハブ面に錆が有る場合、メカドックでは必ず錆を落とします。

どうして錆を落とすのか?!

ハブの面が出ていないとローターが歪んで回ります。

ブレーキを引きずったり、パットを余計に摩耗させたり、パットが押し戻されてペダルにキックバックが出たりと色々な不具合が出て制動力(ブレーキング)に悪影響が出るからです。

僕等プロはお客様の命を預かっているんだからブレーキ廻りの整備は手を抜けません!

Date: 2020/01/23(Thu) NA6、2年2ヶ月でバッテリー上がり 終  
10552.jpg バッテリーも交換後、エンジンを始動して暖機。

暖機後、ダイナモの発生電圧を計測すると約14.5V。

若干高いですが回転数を上げても電圧変化は無し。

これで修理は完成してオーナーさんの引き取り待ちです♪

Date: 2020/01/23(Thu) NA6、2年2ヶ月でバッテリー上がり C  
10551.jpg 時間が経つのは早い物でもう月末なんですね!

ホント1日48時間欲しいと思うのは俺だけ??

年明けは毎年嫌いな「確定申告」の事務作業の時期。。。

毎日仕事を終えてから寝泊まり小屋で伝票整理と経理ソフトに打ち込みをしています。

早く終わらせて工場での作業時間を増やせるようにしないと!

さて、DENSOに手配していたダイナモとバッテリーが入荷。

早々に車両に取付。

ダイナモのB端子に付くプラスチックカバーは経年劣化で割れて壊れますよね!

この車両も取外しの際に割れて壊れました。

壊れてしまいそのままでカバーが付いて居ない車両を良く見掛けます。

この端子はバッテリーの(+)と繋がっているので整備している際に工具が振れるとショートして強いスパークを発生してしまう時があります!!

近くに燃料が通るパイプがあり、このパイプとB端子でショートが起こったら…

最悪の場合、車両火災になります。。。
去年、アニメ制作会社の火災もガソリン。。。

500円で予防出来るならした方がイイですよね!(^^;

Date: 2020/01/22(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−㉔  
10550.jpg 赤枠のホースが遊びを作った部分。

今まではココがL字で繋がってました。

前にも書きましたがエンジンに負荷が掛ると運転席側に倒れるので、ヒーターホースは運転席側に有りますから下に引っ張られる事になります。

ホースが無理に引っ張られるとホース内部のメッシュが切れて風船のように膨れてパンクしたり、亀裂が入って切れてしまったりします!

このホースにした事でエンジンが動いて下に引っ張られてもホースやピプに負担が掛らなくなった訳です。

これでホース破損の心配は無くなって安心してアクセル全開に出来ます♪

「付けばイイ」では無く「キチンと付ける」のがメカドック流なのでコダワってしまうんですよ!

このヒーターホース加工取付は取回し思考時間、ホース検索時間、加工作業時間を合わせると1日分近くの時間を使ってしまっているかな!

なのに請求は実作業時間のみの¥12,000−。。。

愛情とコダワリの作業だから仕方ないか?!(^^;

Date: 2020/01/22(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−㉓  
10549.jpg センターベアリング交換後、ペラシャを車両へ取付。

その後、ヒーターホースの加工取付。

遊びが無くて気に入らなかった取回しを手直し。

理想の取回しを頭に描いてホースを少しづつ切断して形にして行きます。

Date: 2020/01/22(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−㉒  
10548.jpg ペラシャに新品ベアリングを圧入。

圧入の際、油圧プレスには掛けられないのでナットをインパクトで締め込んで圧入します。

昭和62年式(1987年)から今まで使えたんだからこれで車両が朽ち果てるまで使える事でしょう♪(^^;;

Date: 2020/01/22(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−㉑  
10547.jpg NA8のエンジン載替はオーナーさんからの追加要望が有って、バッテリー上がりのNA6も合わせて部品の入荷待ち。

その間にGF31レパードの作業を進めます。

入荷したペラシャのセンターベアリングを交換。

破れたブーツをカッターで切り取り、油圧プレスでペラシャからベアリングを抜き取ります。

Date: 2020/01/22(Wed) NA6、2年2ヶ月でバッテリー上がり B  
10546.jpg 色々と原因を考えて

もしかしたらオーバーチャージ?!

と思いダイナモの発生電圧を測定してみると…

何と15Vも出してる!! 
※基準値:13.6〜14V

空吹かしで15Vだから走行状態で負荷が掛って居る状況だともっと高い電圧を出しているのかも。。。

やはりダイナモ内のICレギュレーターが不良になって高い電圧を出してオーバーチャージしてしまっているみたい!

恐らくオーバーチャージでバッテリーが熱くなり、バッテリー液が蒸発して徐々に少なくなってしまったのかも。

ダイナモがダメになる時って大概電圧を出さなくなるんですが…
まれにICが飛んでオーバーチャージになる事もあります。

DENSOにバッテリーとリビルトダイナモを手配して入荷待ち。

Date: 2020/01/22(Wed) NA6、2年2ヶ月でバッテリー上がり A  
10545.jpg 待機電流がどの位なのかサーキットテスターで測定してみると0.04A。

差ほど大きい訳では無い!

気になってバッテリーの電圧を計測すると12.6V。

電圧はあるのにバッテリーが上がり?!

もしかして、、、バッテリーの蓋を開けてバッテリー液の量を調べてみると…

バッテリーを傾けても液が見えない程少なくなってしまってました!

バッテリー液の比重はちゃんと有るけど液量が少ないから小さいバッテリーと同じ状態になってセルが回らなくて「バッテリー上がり」と同じ状況になっていたようです。

チャージすればセルは回ってエンジンが掛るので、バッテリーを交換すればOKなんですが…

でも何故2年2ヶ月でバッテリー液が少なくなってしまったのか?

この原因を調べないと同じ事の繰り返しになるのでは?!

Date: 2020/01/22(Wed) NA6、2年2ヶ月でバッテリー上がり @  
10544.jpg 日曜日にレッカーで運ばれて来た一元さんのNA6。

2年2ヶ月前にバッテリー上がりで新品に交換したのにまた上がってしまったらしい。

安い再生バッテリーなら考えられますが、新品バッテリーなら4年以上は持つハズ!

こういう短期間にバッテリーが上がる場合は後付けパーツの待機電流(メモリー電源など)が大きい場合が殆ど。

Date: 2020/01/19(Sun) NA8、アイドル不調 ㉓  
10543.jpg エンジン本体の補機類はEXマニ取付のみまで進めたらISCVカプラーの検索。

カプラー取り扱業者のHPを検索して3社探しましたが…無い↓

でも使えるカプラーがきっと有るハズ!

根気強く探します。。。

Date: 2020/01/19(Sun) NA8、アイドル不調 ㉒  
10542.jpg ヒーターホースは新品に交換。

街乗りならそのままでOKですが、スポーツ走行をする車両には断熱材を巻くようにしています。

今まではSARDの「CAGホース」という断熱チューブを巻いていたんですが…
廃盤になってしまった↓

なので今回は工場内に転がっていた断熱チューブを巻き付け。

Date: 2020/01/19(Sun) NA8、アイドル不調 ㉑  
10541.jpg ISCVに繋がるカプラーの爪が折れ、配線の被覆も破れて導線が剥き出しになってしまってました。

これも経年劣化で硬くなり押したり、曲げたりして破損してしまうんですよ!

しかし…このカプラーは無いんですよねぇ。。。

爪が折れた状態をそのままにしている車両も多いんじゃないかな。

ISCVの信号は電圧や電流では無くパルス信号なのでキチンと付けないと不具合の原因になります!

爪折れでの接触不良や被覆破れでのノイズ拾いはアイドル不調になりますからね。

今回探してみるか。。。

Date: 2020/01/19(Sun) NA8、アイドル不調 S  
10540.jpg 昨日の天候とは打って変わって今日は晴天♪

昨日の寒さは堪えました!

寒さで体は動かないし、水道の水は氷のように冷たいし!!

足先が冷たいのを通り越して痛くなるので2時間置きに足湯に浸かり温めてました。

工場の有る場所は「埼玉のモンドル」と言われていて、冬は寒く夏は暑い!

早く春になって欲しい!!

さて、NA8のエンジン搭載後、補機類を取付。

スロットルをN14用70φを移植しているので純正のISCVをインマニ後ろに移動して取付けてあります。

そのISCVに繋がる冷却水のバイパスホースが経年劣化で硬化してメチャクチャ硬くなってました。

ホース口にはひび割れも生じ始めていたので新品に交換しました。

亀裂が延びて水漏れが始まる前に交換する「メンテナンス」ですね。(^^)

Date: 2020/01/18(Sat) NA8、アイドル不調 R  
10539.jpg もう一人居れば30分も掛らずに載るんですけどねぇ!

ミッションを上げ下げたり、クレーンを動かしたり、コンプレッサーをどけたりしながら一人で位置出しすると時間が倍以上掛ります!!

1時間掛けてエンジンを搭載。

搭載してからまだまだ作業は続きます。

補機類取付、ハーネス取付、ラジエター取付、燃料ポンプ交換、VPro書き換えなどなど。。。

オーナー様、エンジンに火が入るまでもうしばらくお待ちください。m(_ _)m

Date: 2020/01/18(Sat) NA8、アイドル不調 Q  
10538.jpg そしてクレーンで吊っていよいよエンジンを搭載。

何度も思いますが、搭載の時には人手が欲しい!

Date: 2020/01/18(Sat) NA8、アイドル不調 P  
10537.jpg エンジンのお次はエンジンルームの洗浄。

洗浄前の画像を撮り忘れたのですが、オイル汚れでメンバー廻り、ステアリングラック廻りが真っ黒でした!

ついでにミッションのベルハウジング内も洗浄。

洗浄は程々にしたのですが、それでも半日掛ってしまった!

お客さんに注意されなければ1日掛ってたかも!!(^^;;

Date: 2020/01/18(Sat) NA8、アイドル不調 O  
10536.jpg 中古エンジンのインマニには日産用のISCV(ACCバルブ)が付いていたのでインマニも移植。

白サビが浮いていたのでついでにブラッシングして綺麗にして置きました。

Date: 2020/01/18(Sat) NA8、アイドル不調 N  
10535.jpg 元のエンジンから取り外したクラッチも洗浄して組付け。

ちなみにこのクラッチはOS技研に特注で作ったメカドックのオリジナルシングルクラッチ。

現状は廃盤ですが、フライホイールは超軽量の3.0kg。
圧着力は690kg/cuでハイチューン用(9,500回転、200馬力対応)で制作した物。

でも半クラも使えて扱い易いクラッチでしたが…。

先を行き過ぎたのか引き合いが全然無かった商品↓

今も変わりませんが、市販品の吊るしパーツで制作して終わり!の車両が殆どなので、吊るしのクラッチで十分なんでしょうねぇ!!

Date: 2020/01/18(Sat) NA8、アイドル不調 M  
10534.jpg いやいや、今日はかなり寒いと思ったら初雪が降り始めた!

そう言えば去年は降らなかった…よね?!

積り始めたらラジエター液を撒くか思案中。。。

さて、昨日は中古エンジンと補機類を洗浄して組付け、搭載まで行いました。

ブログを見られていた兵庫へ転居したお客さんから
「洗浄の際に余りコダワラないで進めてくださいね!」
とのご注意を頂いたので、肝に銘じて洗浄作業を行いました。

まずは中古エンジン本体を洗浄。

次に補機類のP/Sポンプブラケット、A/Cコンプレッサーブラケットを洗浄して組付け。

Date: 2020/01/17(Fri) NA8、アイドル不調 L  
10533.jpg 載替るエンジンは白楽天さんの酒パワNA8の載って居た「筑波1000仕様エンジン」。

低回転からのトルク立ち上がりとレスポンス重視で制作したエンジン。

このエンジンも踏み込むとアイドリングから気持ち良く立ち上がってくれます♪

まずはインマニ交換を含めて綺麗にしてから載替ます。

Date: 2020/01/17(Fri) NA8、アイドル不調 K  
10532.jpg オーナーさんのご要望で、降ろしたブロックにヘッドを組付けて保管。

中古部品販売品となりました。

売り物としては
・IN&EX264度10mmリフトカム(TODA)
・インナーシムKIT(TODA)
・超軽量T断面コンロッド(メカドック)※廃盤品
・先端延長クランク(純正)
・N14スロットル70φ付きインマニ

販売価格はこれからオーナーさんに決めて貰います。

Date: 2020/01/17(Fri) NA8、アイドル不調 J  
10531.jpg ブロックをクレーンで持ち上げた際に見付けた左エンジンマウントの破損!

赤枠部分に付いているハズのマウントが切れて剥離してしまってました!!

エンジンは前回にすると運転席側に倒れて左マウントが引っ張られます。
更に左側はEXマニの熱が影響して硬化して切れ易いです。

載替る中古エンジンのマウントにはマツダSP製のエンジンマウントが付いているのでそのまま使いましょうかね。

Date: 2020/01/17(Fri) NA8、アイドル不調 I  
10530.jpg 今日は久し振りに寒い!

朝、水道の蛇口がまだ凍って無いのでまだまだ温かいんだとは思いますが…。

早く過ごし易い春になって欲しい。。。

GF31レパードのヒーターホース接続はC33用とHCR32では合わないので合いそうなヒーターホースを追加注文して部品待ち。

1番ピストンのひび割れ破損が発覚したNA8は合い見積もりを提示して連絡待ちでした。

合い見積もりは
@ブロックOH、ピストンのみ交換+3番燃焼室修理&容積合わせ
A中古ブロック新規制作+3番燃焼室修理&容積合わせ
B中古エンジン載替
の3種類。

13日月曜日にオーナーさんからご連絡があり、中古エンジンへの載替に決定。

部品を手配して昨日入荷したので作業開始。
ボディに残ったブロックを降ろします。

Date: 2020/01/16(Thu) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−S  
10529.jpg このRB20はC33ローレルに載って居たエンジン。

なのでC33用のヒーターホースとHCR32のホースを取り寄せて形や向きを合わせて繋げるんですが…

これが中々に手間が掛る作業!

元々付いていたホースを合わせてみたら余裕が全く無く、エンジンを全開にした際にエンジンが傾くと抜けてしまいそうに付いてました!!

ヒーターホースには必ず遊びを作らないと切れます。

が…この短い距離でどうやって遊びを出して繋げるか、、、
考える時間が長い。。。(−−;;

Date: 2020/01/16(Thu) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−R  
10528.jpg 先日発覚したペラシャのセンターベアリングは部販に在庫が有ったので一安心♪

次はエンジン搭載後の手間が掛る作業の一つ「ヒーターホース加工接続」。

GF31レパードはVG型が載ってますが、これはRB型。
そう、ヒーターホースに繋がるパイプの位置が違うのでホースが純正のままでは付かないんですよ!

しかもRBが載っている車両のヒーターは助手席側に繋がるパイプがでていますが、このレパードは運転席からパイプが出て居る。

ヒーターホースが長ければ途中のストレート部で繋げる事が出来るんですが、、、
距離が短いとホースを繋げる位置出しが中々難しい!!

Date: 2020/01/15(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−Q  
10527.jpg ペラシャは2軸なので繋ぎの所にセンターベアリングを使って居ます。

ベアリングは剥き出しでは無くラバーで覆われていてリングで固定されているのですが、、、

ラバーが切れまくってリングが外れてしまっている!

このまま付けたらペラシャが回転した際にリングが暴れて音がするし、何より車検にも通りません!!

まずはまだ部品が出るのか調べてみますが、もし廃盤だったら…
また使える物を検索。。。(−−;;;

Date: 2020/01/15(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−P  
10526.jpg クラッチ取付後、オーナーさんに手伝って貰いながらミッションを搭載。

次にペラシャを取付けるのですが…

またまた問題が発覚!

Date: 2020/01/15(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−O  
10525.jpg フェース面にまだサビが付いていた模様が残ってますが…

この程度で終わらせないとフェース面を削り過ぎてしまうのでジャダが出る事もあるんで研磨終了。

しかもフェース面がクラッチ板で削れて凹んでいるようで廻りが削れるようになったのもココまでにした理由の一つ。

外周に多数の穴が開いて軽量になっているので、これはノンターボ用のフライホイールだと思われます。

ターボ車は圧縮比が低いのでブーストが掛るまでの低回転でのトルクが細くなるから街乗りではフライホイールは余り軽くしない方がイイ。

次回のクラッチ交換の際にターボ用に交換する事をお薦めして置きました。

Date: 2020/01/15(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−N  
10524.jpg フライホールのフェース面の手削り面研は非常に難しい!

面が斜めになってしまうと半クラ時にジャダが起きるようになってしまうんです!!

なのでWアクションサンダーで錆を落としたら終わりにします。

Date: 2020/01/15(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−M  
10523.jpg クラッチ板が当たるフェース面の約半分にサビが発生!

純正フライホイールなら布ペーパーでササッと削れば取れるんですが、、、

これは軽量クロモリ。

クロモリは硬いので中々削れないんですよ!!

旋盤屋もクロモリの修正面研は受けてくれません↓

Date: 2020/01/15(Wed) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−L  
10522.jpg ミッション洗浄後、クラッチを取付。

パーツはトランク内に入って居たんですが…

Date: 2020/01/12(Sun) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−K  
10521.jpg オイル汚れを長年放置していたのかグリス状になって更に硬化していて洗浄剤では中々落ちませんでした!

こういう時には灯油で洗うと落ち易くなります。
が…

それでも落ちない所がある!!

下水に垂れ流しにしても大丈夫な「重曹ブラスト」で綺麗にしたいと思いましたが…

お客様のご予算もあるのでココは我慢。。。

灯油で出来るだけ綺麗にし、灯油を洗浄剤で洗い流して終了。

欲しい工具の一つ、温水スチーム60度設定で流せばもっと綺麗になるんですけどねぇ。。。

本日、オーナーさんに手伝って貰って洗ったミッションを搭載予定です。

Date: 2020/01/12(Sun) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−J  
10520.jpg 昨日はボルトの検索半日近く時間を費やしてしまいました!

昨日の時点で取付ボルト&ナットが無い補機類はミッション、A/Cコンプレッサー、パワステポンプ、ダイナモ、カップリングファン。

取付けられているエンジンや廻りの補機類はC33ローレル用RB20。
ミッションはHCR32スカイライン。
ボディーに付くリレーやユニットはGF31レパード。

それぞれのパーツリストで調べてイラストと照らし合わせて部品検索。

検索で出した部品番号を問屋に在庫確認。
中には「廃盤」になっている部品も有り、無い場合は他の車種で使えそうなパーツを検索する。

これが何気に結構手間が掛ります!

でも探し出さないとキチンと付きませんからね。。。

部品検索して問屋からの回答待ちの間に持ち込まれたミッションを洗浄。

シフトレバー、バックランプSW廻りがオイルだらけ!!

オイル漏れで自分で交換したそうですが洗浄はしなかったそうな。。。

載せる前についでに綺麗にして置きます。

Date: 2020/01/11(Sat) レパードGF31、エンジン&ミッショ ン搭載 2−I  
10519.jpg 一人で載せる時はEX側のエンジンマウトを緩まして下向きにして置くのがコツ。

緩ましたマウントのボルトがスンナリとメンバーに入るようになります♪

載せてみるとエンジンルームにピッタリと納まるので違和感を感じませんね。

ココからハーネスの取回しと固定、補機類を取付けるボルトの検索がまた始まります!(^^;

Date: 2020/01/11(Sat) レパードGF31、エンジン&ミッショ ン搭載 2−H  
10518.jpg いよいよエンジンを搭載です。

本当はVGエンジンが載る所にRB20を載せます。

日産の良い所は載せるエンジンのマウントブラケットを使えば殆どが載ってしまう、という所。

L型エンジン搭載車にもRB系エンジンは楽に載ります♪
まあ、載せた後の補機類のセットアップに手間が掛りますけどね!(^^;

S30にRB26を載せて800馬力、西部警察で使われて居たR30角目ジャパンにRB25を載せて500馬力などを作って乗ってみたい♪

もちろんエアコン、パワステ、カーナビ付きでね♪♪(^^)

Date: 2020/01/11(Sat) レパードGF31、エンジン&ミッショ ン搭載 2−G  
10517.jpg EXエクステンションをタービンから外して万力に固定。

酸素バーナーで熱して赤めてからプライヤーで回すと…

途中でポッキリ…!(@0@;;

赤めても回らないみたい!!

他の2本もこうなる可能性が大。。。

こうなるとドリルで穴を開けてリューターでネジ山手前まで削ってネジ山を切り直す修理方法になりますが…

3箇所やると社外品のエクステンションが買える金額になってしまう!

治すか? 社外品にするか? 中古品にするか?
オーナーさんとご相談ですね。

Date: 2020/01/11(Sat) レパードGF31、エンジン&ミッショ ン搭載 2−F  
10516.jpg 昨年から作業しているGF31レパード。

エンジン本体やエンジンルームに取付ける補機類を固定するタイラップやクリップ、ボルト、スクリューが無いので調べるのも時間が掛るし、取り寄せて見たら使われている部品とは違って再度調べて注文、などなどで結構時間と手間が掛っております↓

調べる時間は請求できないので割りが合わないのですが…
でも、誰かがやらないとこの車両は復活しませんからね!

割りが合わないからと言って手を抜いて「付けばいい」の作業はしたく無い!!
やるからにはキチンと仕上げたいですからね。

持ち込まれた搭載するエンジンのタ−ビンのエクステンションに付いているスタッドボルトが3本共折れてました。

高温に晒されているボルトは大概完全固着しているのでバーナーで赤めてからバイスプライヤーで挟んで回して取り除きます。

が…

Date: 2020/01/08(Wed) NA8、アイドル不調 H  
10515.jpg これは1番ピストンなんですが…

ひび割れが生じて3箇所の大小の穴が!

穴は貫通していないようですが…(@@;;

これを見付けてしまったら交換をお薦めするしか無いですね!!

何でこうなってしまったのか?はバラしてピストンの状況を診断してみないと何とも言えません。。。

兎に角、ピストンは使い物に成らないのでオーナーさんに画像を送ってご相談。

各修理方法を検討して合い見積もりを作成して提示する予定。

んんんん、、、年明けからスンナリと行かない!!!(−−;;

Date: 2020/01/08(Wed) NA8、アイドル不調 G  
10514.jpg 3番気筒のピストンを点検すると…

ピストンにも異物が暴れた痕跡を発見!

しかしもっと問題なピストンを見付けてしまった!!

Date: 2020/01/08(Wed) NA8、アイドル不調 F  
10513.jpg シリンダー側の点検をしてみると…

スポーツ走行メインで8万キロ使われたのでスラスト方向は削れ、2番ピストンは頭も振って擦れている感じ!

Date: 2020/01/08(Wed) NA8、アイドル不調 E  
10512.jpg 更に点検をしてみると

3番気筒の燃焼室、スキッシュエリアに異物が暴れた痕跡を発見!

凹傷はそんなに深くは無いので削り落としてしまえば修理できますが、他の燃焼室も同じように削って圧縮比を揃える必要があります。

Date: 2020/01/08(Wed) NA8、アイドル不調 D  
10511.jpg シリンダーヘッドを降ろしてまずは燃焼室を目視点検。

デトネーション跡は有りませんでしたが、2番気筒以外のINバルブ廻りにオイルが付着している量が多い!

バルブが痩せてリップシールも硬化してオイル下がりが起こっているのかな?!

Date: 2020/01/08(Wed) NA8、アイドル不調 C  
10510.jpg スロットルのケーブルを外すとカシメ部から被覆が抜けてしまってました!

こうなってもアクセルは踏めるので街乗りなら使えない事は無いんですが…

スポーツ走行などのコーナーリングでの微妙なアクセル操作を行うなら交換した方が良いですね。

Date: 2020/01/08(Wed) NA8、アイドル不調 B  
10509.jpg 昨日はNA8のヘッド降ろし。

このエンジンはメカドックにて「街乗りHiレスポンス仕様」で制作したエンジン。

制作当所のオーナーさんの要望が
「青信号での発信時、相手を置き去りにしたい」との事だったので、ピストンとコンロッドを軽い物にして、低回転からトルクが立ち上がるように制作しました。

大まかなエンジン明細は
・鋳造86φ軽量ピストン(メカドック)
・超軽量T断面鍛造コンロッド(メカドック)
・ヘッド 0.5mm面研 ※圧縮比 11.8
・264度10mmカムシャフトIN&EX(TODA)
・インナーシム(TODA)
・クランク先端延長加工
・N14パルサー用70φスロットル

エンジンを制御する補機類はVProとMSD・DIS-2で点火を強化してました。

Hiレスポンスなエンジンはメチャクチャ気持ちイイ♪

Date: 2020/01/07(Tue) NA8、アイドル不調 A  
10508.jpg 年末に「アイドル時エンジン不調&時々空燃比が突然薄くなる」という症状で入庫されたんですが、エンジンを診断してみるとコンプレッション圧力が 18.5kg/cu !

これは高過ぎ!!

カムシャフトの度数やバルタイによってもコンプレッション圧力は変動しますが、11.0〜11.5の圧縮比でのコンプレッション圧力はおおよそ15.0〜17.0kg/cuくらい。

18.5kg/cuという事は圧縮比12.0より高い状態になっていると思われます。

プラグホールからピストンTOPを覗いたら結構カーボンが付着してました。

このエンジンを制作してから7万キロ以上走行(ほとんどスポーツ走行)しているのでメンテOHの時期でもあるんですが…。

オーナーさんとご相談して今回はアイドル不調の原因と思われるカーボン落としのみのご依頼。

さて、鼻の中が真っ黒になる仕事から始めますか。(^^;

Date: 2020/01/07(Tue) NA8、アイドル不調 @  
10507.jpg 皆さま、新年に成りましたね♪

昨年、義母が亡くなってまだ喪に服しているので新年を祝えないんですが…。

2020年で節目の今年はどんな年になるんでしょうね!

東京オリンピック開催前で取り締まりが厳しく成っていますが、オリンピックが終わったらまた走れるようになって欲しいですよね。

さて、4日・5日は工場の大掃除をしておりました。
が、やはり一人では工場の半分くらいが限界でした!!

今日から仕事始めで、年越しのNA8のヘッドを降ろしてカーボン落としの作業。

Date: 2019/12/28(Sat) 年末年始 休業のお知らせ  
10506.jpg 令和元年ももう終わりですねぇ!

昭和、平成、令和と3年号を生きて来ましたが、、、
長生きすれば次の年号も生れるかな?!(^^;

今年の営業は29日(日)まで、年明けは7日(火)からです。

故障や事故などでの緊急の連絡は携帯までご連絡ください。
出来る限り対応させて頂きます。

工場には恐らく4日から居ますが、普段出来ない事や大掃除をしております。

大掃除を手伝って頂ける方は前もってご連絡ください。

川口工場閉鎖時の大掃除の祭もでしたが、もしかしたら
「これ要らないから上げるよ」と欲しい部品が手に入る可能性が有ります♪
※手に入らない方は昼飯でご勘弁を!(^^;

今年のブログはこれで最後になる、、、かも。。。

皆さま、良いお年をお迎えください。m(_ _)m

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−E  
10505.jpg 塗装が乾いたら車両へ取付。

愛情サービスでステーも塗装しちゃいました♪

んんん〜〜〜綺麗になると気持ちがイイ♪♪

これで次回漏れた際に漏れが確認出来安い。

ただ単に綺麗にしたい訳では無く、次回の診断時に判断し易くする為に綺麗にしています。

と言いつつ、綺麗にするのも好きなんですけどね。。。(^^;;

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−D  
10504.jpg 錆ていたマスターバックは錆を落として塗装。

錆止め黒スプレーを吹いた後、純正と同じような艶になる「サッシュブラック」という塗料で塗装。

塗装後、焼き入れしました。

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−C  
10503.jpg タンク、キャップ、シリンダーなどパーツを綺麗に洗浄。

インナーパーツを組み込んで組立。

新品とまでは行きませんが、綺麗に直した部品は気持ちがイイ♪

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−B  
10502.jpg シリンダーの中から金属粉が出て来た!

磁石には付かなかったので恐らくシリンダー内が削れたアルミ片!!

今回は内部(インナー)パーツを交換するだけですが…

次回漏れた際にはシリンダーASSYで交換した方が良いですね。

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−A  
10501.jpg マスターシリンダーとマスターバックを取り外し。

まずはシリンダーを分解。

すると…

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 2−@  
10500.jpg マスターシリンダーの後ろからブレーキオイルが漏れてマスターバックに伝わり錆びているのが判りますか?

こういう風にマスターバックが錆ている場合は大概ブレーキオイルが漏れています。

現状エンジンが無いので今やった方が楽に出来て工賃も安く済むのでオーナーさんとご相談してオーバーホールする事に。

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 ㊿  
10499.jpg ご依頼のメイン作業はエンジン搭載。

その後、車検も取るのですがブレーキのマスターシリンダーからオイル漏れを起している痕跡を発見!

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 ㊾  
10498.jpg クランプした所のホースが潰れて戻りません!

こうなったホースはもう使えません!!

フェールホースはINとリターンの2本あるのでストレートパイプで繋いだり、メクラパイプをホースに差し込めばホースを痛める事は無いんですけどねぇ。

知らないのか、ワザと潰して交換費用を稼ごうとしたのか、、、

皆さまも初めての店にはお気を付けください。(^^;;

Date: 2019/12/27(Fri) レパードGF31、エンジン&ミッション搭載 ㊽  
10497.jpg 今年の営業も後3日。

29日(日)まで営業致します。

皆さまのお陰で今年も年を越せそうです。

お客様から仕事を頂き費用を頂いて飯を食べてるんだから本当に感謝ですよ♪

関西に転居したお客様から
「知人が詐欺(ぼったくり)SHOPに遇って懲らしめて来た」との連絡が有りました!

やってもいない作業や交換してもいない部品を請求されたそうな!!

そういうSHOPってまだ存在してるんですね。
同じ職種に携わる者として恥ずかしい限りです。

車業界は経営が厳しいのは現実。
車に興味が無い若者が増えている中、特にチューニングをメインにしている店は厳しいです。

しかし、犯罪まがいに騙して請求をする店があるのも現実なんですよねぇ!

メディアも広告を出して貰って居る店は悪い事は書けないですからね!!

さて、ヘッドのポート拡大研磨の作業と並行してGF31レパードの作業も進めてます。

オーナーさんいわく、交換したばかりのフェールホース。

秋田のSHOPさんがエンジンを降ろした際にホースをクランプで締めて止めてしまってます。

点検などで直ぐに外すならイイんですが、、、こんな止め方をして放置すると…

Date: 2019/12/23(Mon) 青NBターボ号、エンジン制作 ㊷  
10496.jpg バルブ側のポート。

ガイドからシートまでの形状も奥に削り込んでいるのが判りますかね?!

純正は指1本がギリ入る位の径なのでドンだけ狭くしてるんだ!って感じ!!

これでは高回転でメチャクチャ抵抗になってしまう。。。

専門雑誌(今では廃刊)でも取り上げて無かったから知らないユーザーさんも多いんじゃないかな?!

原因は元編集長の独身オバさんの性だろうなぁ。。。
「ロドスタはイジる車じゃない!」って言ってましたからね!

潜在能力(余力)の有るエンジンなのにレベルが上がらなかったのはメディアの影響も有ったかなぁ。。。
記事の取り上げ方や内容がお客さんに影響しますからねぇ。。。

嫌な人の事を思い出してしまった!!(−−;;

話しを戻して、、、
このポート拡大はサーキット走行でタイム狙いのエンジン制作の際には必ずやる作業。

デモカー(ドラッグ仕様&サーキット仕様)、赤いハードトップ号(ロードスター最速AT車)、赤ファミリア、愛知NB8などには行っております。

ってか、やらない理由が判らない!

もちろん街乗り仕様にはヤラないしお薦めしません。が…

「パワーを出したい」「タイムを縮めたい」「あの車をブチ抜きたい」
と思って居る方はやった方が良いと思いますよ。

やる事をやらないでバリっとしたエンジンなんて出来上がりませんから!(^^;

Date: 2019/12/23(Mon) 青NBターボ号、エンジン制作 ㊶  
10495.jpg 最近めっきり寒くなりましたね!

「師走」って感じです。

毎年、年明けの度に思って居る「厄払い」に今年も行けなかった!!

来年は行けるかなぁ。。。(^^;

さて、しばらく更新をしていませんでしたが、ポート拡大研磨の作業に没頭しておりました。

バルブシート内径に合わせて削ったバルブを使いポートを拡大。

画像右が純正ポートで画像左が拡大したポート。
ほぼ正円で削ってます。

バルブガイトの穴の位置が大分下がってるのが判りますかね?!

それだけ純正ポートは(極端に)狭くなっている、という事。

他メーカーのエンジンと比べても純正は狭過ぎなんです!

砂肌を落としただけの研磨を「ポート研磨」と言う方やSHOPさんも有りますが…。

確かにポートを研磨しているから間違いではないですが…整形はしてない。

呼び方って難しいですよねぇ。。。

Date: 2019/12/19(Thu) 青NBターボ号、エンジン制作 ㊵  
10494.jpg まずはポート内の砂落とし。

超硬バーで粗出しします。

そしていよいよ研磨整形なんですが…

ポート上部(バルブガイド)側を削り過ぎとウォーターラインと貫通してしまうのでポートをドライバーなどで叩いて、音で厚さを確認しながら研磨します。

さて、辛い作業を始めますか!(−−;;

Date: 2019/12/19(Thu) 青NBターボ号、エンジン制作 ㊴  
10493.jpg NA8:BPのポート拡大は何度もやってますが、NB8:BPは初めて。

NA8とNB8ではポート角度が違うので削り方も異なります。

まずはポートを触って、眺めて、混合気の流れを思い浮かべながらどういうポート形状にするかを検討。

考えているだけでも平気で30分とか過ぎちゃうんですよねぇ!

Date: 2019/12/19(Thu) 青NBターボ号、エンジン制作 ㊳  
10492.jpg 今回、バルブシートは再使用するのでシート内径に合わせたポート径で拡大します。

ロドスタは設計上バルブ径を1mmしか拡大出来ないのが難点!

本当は2mmは拡大したいんですけどねぇ。。。

ちなみに純正のバルブ径は
BP:IN=33mm、EX=28mm
B6:IN=31mm、EX=26mm

Date: 2019/12/19(Thu) 青NBターボ号、エンジン制作 ㊲  
10491.jpg 今回行うポート研磨はポート拡大加工。

純正ポートはベッチュリー形状でバルブに向かう程ポート径が小さく成っています。

ベンチュリー形状のメリットは低回転でもシリンダーに混合気が入る際に流速が増して混合気が入り易くなるのでトルクが出ます。

しかし…高回転ではこの狭さが抵抗になって逆に混合気が入り難くなるのがデメリット!

このエンジンは550馬力狙い。

小排気量でパワーを出すにはいかに効率良くシリンダー内に混合気をより多く入れてより多く排気を抜くか!!

ビッグバルブにするとトルクもパワーも上がるでしょ。
その理論と同じ。

まずはポート径を拡大する為の治具を制作。
使わない廃棄するバルブを拡大ポート径に合わせて研磨。

Date: 2019/12/19(Thu) 青NBターボ号、エンジン制作 ㊱  
10490.jpg ポート研磨をする際にはバルブガイドを抜いてから作業するのが基本。

ガイドも削り落としてしまう方も居ますが…

僕は余りお薦めしませんね!

バルブの先端位置が安定しなくなり、バルブが閉じる際に位置がズレてバルブシートに当たるのでシート面&フェース面が変摩耗してしまう。

また、ガイド先端はエッジ効果があり、バルブに付着したカーボンを落としていまず。

ガイド先端を削り落とす事でエッジ効果が無くなり、ガイドとバルブの間にカーボンや異物が入り込んでしまって傷付けてしまう事もあります。

吸入抵抗に成ってでも僕はエンジンの寿命を優先しますね!

Date: 2019/12/19(Thu) 青NBターボ号、エンジン制作 ㉟  
10489.jpg この寒さに足湯に浸かりながら必死に耐えて作業をしております。

やはり僕は寒いのは苦手です↓

寒い時期にキツイ作業の一つでもあるポート研磨作業。

エアリューターを使うのでリューターが冷えて持っている手が冷えるし、顔に排気のエアが掛るので顔も冷たくなる。

何しろ動かずに作業するので体がどんどん冷えて行く!

この時期になるとエンジン室が欲しく成りますね!!(^^;

急ぎ作業で黒NB8の2台の磨き作業が済んで、バルブガイド抜きから上がって来ていた青NBターボ号のヘッド加工を再開です。

Date: 2019/12/15(Sun) バッシー青号、オイルクーラーホース交換 終  
10488.jpg ホースを交換してオイル交換もご依頼されて交換。

オイル量をチェックしようとゲージを抜いたら…ポッキリ!

ロドスタでは良くある事ですが、、、折れた所が悪い!!

いつもならストッパー部の上側で折れるのですが、今回は下側。。。

ゲージパイプ内に残ったゲージが取れない。(@@;;

パイプを外すしか無いか?!と思っていたらバッシーさんが

「少しゲージの金属が見えるからノズルプライヤーで咥えてみたら」

と言われたのでやってみると…何と取れました♪

取れた時は皆して「おおおおおお」と歓喜の声を上げてました。

プライベーターさんと一緒に考えて解決できた時の喜びは嬉しいもんです♪

しかし、、、スンナリと行かない車ばかりです。。。(^^;

Date: 2019/12/15(Sun) バッシー青号、オイルクーラーホース交換 D  
10487.jpg バッシーさんともう一方の遊びに来たお客さんが暖房用の赤外線で温まりながら作業が終わるまで待機。

その間に赤外線にコーヒー缶を吊るして温めて飲んでおりました。

こういう活用方法もあるんだと感心。(^^;

Date: 2019/12/15(Sun) バッシー青号、オイルクーラーホース交換 C  
10486.jpg 交換して使うホースとフィッティングはキノクニ製。

この商品も海外の中国製という話しも聞くんですが…。

販売開始当初から使い始めてますが、今の所ノートラブルなので良く使ってます。

ホースの長さを合わせてフィッティングを取付てホースを作成して交換。

Date: 2019/12/15(Sun) バッシー青号、オイルクーラーホース交換 B  
10485.jpg 漏れたオイルがコアに垂れている。

メッシュ内部を通ってホースの最下部でオイルが溜まって垂れてます。

H27年にsoppyさんより中古で譲って貰い取付けたのですが…この商品は海外製。

やはり海外製は耐久性が無い。。。(−−::

Date: 2019/12/15(Sun) バッシー青号、オイルクーラーホース交換 A  
10484.jpg ホースはステンメッシュですが、フィッティングは工業用のカシメタイプ。

SHOPさんで良く使うフィッティングは取り外せるんですが、工業用は交換不可なのでホースごと交換になります。

画像では余り漏れて無いように見えますが…

Date: 2019/12/15(Sun) バッシー青号、オイルクーラーホース交換 @  
10483.jpg 磨きの黒NB8は午前中に完成。

午後にバッシー青号が入庫。

以前取付けた中古のオイルクーラーのホース部カシメからオイル漏れが始まってしまったので交換修理する事に!

黒目線の方がオーナーのバッシーさん。

誰にでも隔たりなく接してくれるとても親切で優しい方で大好きなお客様です♪(^^)

Date: 2019/12/15(Sun) 黒NB8、ボディ磨き 終  
10482.jpg 昨日今日と風が強いですね!

春一番の風なら嬉しいんですが…

5日間掛けてやっと磨き作業が終わりました。

時間は掛りましたが納得の仕上がりに出来ました。

次回同じように塗膜が硬いのが入って来たらバフ工具を一つ買い足すかな!

でもメカドックは「磨き屋」では無いから工具を揃える設備投資をしてもどうかと思いますが…。(−−;;

磨きの工賃を上げるか!!

Date: 2019/12/13(Fri) 黒NB8、ボディ磨き G  
10481.jpg 磨いたトランクと磨き前のフェンダーとの比較画像。

蛍光灯の写り具合と傷の有無が判りますか?

この位に下地を仕上げないと納得出来ないんですよ。

外注のコーティング屋ではココまでやってくれません。
やってくれないから自分でやるしか無いんですよ!

「そんなに磨いて地肌が出ないの?」と思う方もいると思いますが…

前にも述べたように爪に引っ掛かる深い傷は取り切れない程度の研磨なので地肌までは傷らないようにしています。

角は地肌が出易いので慎重に磨き作業をしているので時間が掛っております。(ーー;;

ってか、この車両の塗膜が硬い?!

通常なら手持ちの研磨剤ですり傷は消えるんですよ!
こんなに消えないのは初めて!!

残るは左ドア、左右リヤフェンダー、リヤバンパー…
今日中に終わるのか??(@@;;;;

Date: 2019/12/13(Fri) 黒NB8、ボディ磨き F  
10480.jpg 昨日の風は強かったですね!

黒NB8の磨きはシャッターを締めて作業をしてました。

研磨中に砂がボディに付いてしまうと傷が付いてしまいますからね。

しかし、、、何度も愚痴ってしまいますが、、、

すり傷が手強い!!

昨日は午後出勤だったので22時まで作業しましたが…
右ドアとトランクの磨きで終了。。。

Date: 2019/12/12(Thu) 黒NB8、ボディ磨き E  
10479.jpg ラビングから始めて艶出しまで行ったダクト部。

やっとすり傷が綺麗に消えました。

バンパー全体に施工するのに3時間!

このような作業を2日間でボンネット、左右フェンダー、フロントバンパーしか出来上がっていません!!

全て終わるのにまだ2日は掛りそうな予感。。。(−−;;




Copyright(C)2002 Mecha-Doc. All rights reserved. [Admin]
Based on - KENT -