Mecha-Doc Blog - メカドックが語る!そこまで言ってもホントにいいの?ぶっちゃけブログ!

[トップに戻る] [ワード検索] [Admin] -->

Date: 2017/08/22(Tue) 携帯 機種変更  
7892.jpg 2年間使っていた携帯に不具合が続出!

・通話時、相手に聞こえずらい
・撮影画像が曇った感じ

しばらく我慢して使っていましたが、画面タッチの反応不良も置き始めたので買い替える事に!

定休日の月曜日、新居の片付けと粗大ゴミの処理(まだまだ終わりそうも無い!)をした後にドコモSHOPへ。

以前使っていたのはSONY製のXperia。

ドコモSHOPの店員に
「2年以上持つ安い携帯で」と伝えて選んだのがAQuOS製のAndroid。

携帯は通話とメール、ライン、スケジュール帳、メモ帳、画像撮影しか使いません!

ってか、それしか知らない!!

アプリがどうの!と言われても判りません↓(^^;

個人的にはガラ携でも十分です。が…
LINEだけの事でこれを選びました↓


旧携帯のバックアップを取って、新携帯にインストール。
LINE設定、Wi-Fi設定、メール設定…

LINEのバックアップに失敗して会話履歴が全て消えた!!!!!!

(>0<;;やってもぉたぁぁぁ!!!


あああああ、面倒臭い! マジで面倒臭い!!


これで半日終わった。。。。(−−;

Date: 2017/08/22(Tue) 白楽天 シトロエン・2CV 終  
7891.jpg エンジンルームも見せて貰いましたが、

「シンプルisザ・ベスト」

と言わんばかりに何も無い!

いろいろ見ていて目に止まったのがシングルのキャブ!!

フロート室と思われる部分に「SOLEX」との文字が!!!

多連キャブのイメージしか無かったのでシングルキャブも出してたんですね!

しかも純正パーツ!!(**;へぇぇぇ

箱スカGT-RやS30の「432」でも純正でSOLEXは使われていましたが多連式。

シングルは初めて見ました♪

まだまだ勉強不足ですが…
だからコソ、こういうのを見るとワクワクしちゃいますね。(@^^@)

Date: 2017/08/22(Tue) 白楽天 シトロエン・2CV B  
7890.jpg この車両はエアコンレス!

窓は全開にならず下半分を上に上げる「折りたたみ式」!!

これじゃあ暑くて死ぬだろうなぁ…

と思ったらオーナーの白楽天さんが

「フロントガラスしたからのダクトから外気が入って来るので屋根の幌を開ければ結構涼しいです♪」

との事!

ちゃんと考えて作られているみたい!!(@@;

でも…雨の日、ガラスは曇らないのかなぁ?!

Date: 2017/08/22(Tue) 白楽天 シトロエン・2CV A  
7889.jpg 旧車好きの僕は見ていて楽しくてしょうがない♪

このシトロエンをネットで調べたら販売期間は1949年〜1990年。

乗車定員は4名。
エンジンは空冷水平対向2気筒でOHV。
グレードは5種類で
・typeA:375cc
・typeAZ:425cc
・typeAW:ツインエンジンの四輪駆動
・2CV-4: 435cc
・2CV-6: 602cc
※白楽天さんのは2CV-6。

ミッションは4速で全開走行で120km/hが最高らしい!

27年以上前の日本製軽カーでも120キロ以上出せたか?!(^^;

黒HCR32オーナーさん、バッシーさんも興味深々♪

Date: 2017/08/22(Tue) 白楽天 シトロエン・2CV @  
7888.jpg 日曜日の昼前に工場の駐車場に古めかしい排気音を轟かせながら入って来た車両。

降りて来たのは「白楽天さん」!

この車両はアニメ、ルパンV世の「アリオストロの城」でクレア嬢が城から逃げる際に乗っていたので知っている車両。


いや〜〜〜このレトロ感…ステキです♪

Date: 2017/08/22(Tue) みんなで食べ歩き noodle kitchen KYO 終  
7887.jpg 黒HCR32オーナーさん、バッシーさん、白楽天さんと4人で再チャレンジ!

濁りの無い透き通ったスープ。

白い豚のチャーシューは「トロチャーシュー」らしい!

普通のチャシューに見えるのはローストビーフ!!

ラーメンに合うのか?! と思っていましたが、これが意外に上手い♪

塩ラーメンのお味も以前食べた醤油とは比べ物にならない位に上手い♪♪


味覚には個人差があるので僕には塩ならイケますね。

麺は多分自家製。
スープだけだとあっさりしているのに、麺にスープを絡めると上手い!

麺には何か隠し味を付けていると思われます!!

結構面白いお味でした。(^^)

Date: 2017/08/22(Tue) みんなで食べ歩き noodle kitchen KYO @  
7886.jpg 日曜日は「新しい店の開拓」でララポート近くにある

noodle kitchen KYO

というラーメン屋に行って来ました。

実は以前、黒HCR32オーナーさんと食べに来た事があった店なんですが…

その際に僕が注文した「醤油ラーメン」が思いのほか不味かった!(><;

しかし、黒HCR32オーナーさんが注文したのは「塩ラーメン」。

Date: 2017/08/22(Tue) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−S  
7885.jpg サーモハウジングを部品棚から取り出した時に気になったサーモスタット。

これは純正では無く社外品。

小さい方のサブバルブが85度で開いて、メインは88度で開くタイプ。

このサーモは水温が安定するので「街乗りには最適」です。

が、、、メインのバルブ径が小さい!

メカドックの82Wサーモと比べると2,3回りくらい小さい!!


これではサーモを通った冷却水の水量を制限(水流抵抗)されてしまいます。

オーナーさんに連絡を取って82Wサーモに交換する事に。

部品は使用方法と適材適所のパーツを選択しないとね♪

Date: 2017/08/22(Tue) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−R  
7884.jpg 純正のフェールデリバリーを真鍮ブラシとサンドスポンジで、こびり付いた汚れを落としつつ塗装の足付け。

撮影したデリバリーパイプ、サーモハウジングの他に
・A/Cコンプレッサー、ブラケット
・EXマニ、遮熱板
・INマニ、補強プレート
これらも綺麗にして塗装しました。

んんん、綺麗になると気持ちがイイ〜〜〜♪

Date: 2017/08/22(Tue) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−Q  
7883.jpg 毎日、雨、雨、雨、、、

観測史上最高記録と並ぶ22日連続の雨!

慣らし走行をしないと進まない!!

しかし…走れません↓(T。T::

米や野菜の値段も高騰するらしい、とか!!


自然には敵わないので出来る事を進めます。(^^;

本体は組み上がった白ファミリアのエンジン。

補機類の取付を行うのですが…

僕の体内に住む「コダワリの虫」がウズウズ!

白サビが浮いていたり、塗装が剥がれて見た目が今一な補機類を綺麗にしたくなってしまう!!

「やると時間が掛る」とは判っているんですが…

汚い部品に目が行って気になってしまう!(−−;


仕事は気持ち良くしたいですよね。
我慢するのは良く無い!

はい、やりましょ♪

Date: 2017/08/20(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−P  
7882.jpg タイミングベルトを取付けてバルタイを調整。

カムは272度らしく?!サーキット走行をするなら通常はオーバーラップを少し広く取りますが…

このエンジンはアイドリングが非常に不安定でした!
制御系(モーテック)のせいかも知れませんが、、、

それにオーバーラップを広くして排圧を出せるようにしても…
マフラーが詰まって排気が抜けませんから↓


ちなみにRB系やSR系のエンジンで272度以上のカムを組む際には100°〜108°にセットするのが常識です。

しかし、これは排気がキチンと抜けている事が条件!

日産車やトヨタ車の社外マフラーはちゃんと排気効率を考えているから太いマフラーが多いですよね!!

市販マフラーでは75〜80φ、レース用マフラーは90〜100φのサイズですから!

この白ファミリアのマフラーは60φなので、大人し目のIN:110°EX:115°でセットしました。


エンジンをタダ組むのでは無く、車両に付いている補機類やオーナーさんが必要とするトルクバンドに合わせてセット値を決めています。

そこから煮詰めて再度セット値を変更する!
これが「本当のチューナーが組むエンジン」だと僕は思ってます。

組んだら終わり…そんなのプライベーターでも出来ますからね。(^^)

Date: 2017/08/20(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−O  
7881.jpg 組立たブロックにロドスタ流用ヘッドと合体。

規定締付トルク(kgf・m)は8.0k。

これを4.0k→6.0k→8.0k→30分後確認締め
の順で締め付け。

Date: 2017/08/20(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−N  
7880.jpg いや〜毎日「雨」ですね!

昨日、昼間は晴れていたのに…
夕方から豪雨!!

一昨日の夜、昨日の夜と鳥取ファミリアの慣らし走行をする予定でしたが…2日間も雨に見舞われるとは…↓↓


4メリの車検と70スープラのブレーキ廻り交換の作業が済んで白ファミリアのエンジン組立を再開。

メカドックにはエンジン室が無いのでブレーキダストや鉄粉が出る作業をするその日にはエンジン組立は行いません!

組立の際にはオイルや添加剤を塗りながら組み立てるのでゴミやホコリが付き易いんですよ!!

他の作業中はシリンダー上面にダンボールを置き、ビニール袋で覆って保管していました。

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊾  
7879.jpg パットを付ける前に一手間。

パットの角を削って「鳴き防止」を行います。

パットを交換してキーキー音が出るようになった方も居るハズ!

これはパットとローターの材質の相性もあるんですが…
パットの角を削る事で角がローターに引っ掛からなくなり、ある程度の音の発生が抑えられます。

こういう一手間掛けるのもメカドック流の作業です♪(^^)


ブレーキの修理が終わったのでセッティング走行の作業に入れるのですが…

部品の入荷が早まりましたが、予定では月末だったのでオーナーさんには少し待って頂き、
鳥取ファミリアの慣らし走行、セッティング+排圧&排気温のデータ取りを先に行います。

m(_ _)mスミマセン↓↓

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊽  
7878.jpg リヤパットも炭化していたのでフロントと同じ摩剤で制作。

ワンオフ制作でこの値段なら高くは無いでしょ?!

今回は耐久レース用で900°まで対応の摩剤を使いました。

後は制動の立ち上がりや操作性をオーナーさんに合うように摩剤を調合する事になるかも!(^^;

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊼  
7877.jpg 右側が付いていて炭化したXYZパット。

炭化して使えないXYZのパットは特注で制作。

古いパットがあれば大概のパットは制作できます。

まずはこれを試して貰い、不満ならインプレを聞いて次回摩剤を変更して再度制作予定です。

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊻  
7876.jpg ヤスリ、布ペーパーでサビを落とし、ワイヤーブラシで仕上げ。

ココも削り過ぎると凹になって歪んでしまうので、新品の際に見える旋盤の研磨線が見えたらソコまで。

気持ち的にはもっと綺麗にしたいけど…(^^;


メカドックではこういう手間を掛けた交換、取付を行います。
なので時間が掛っちゃうんですよねぇ!

そうか!だから儲からないのかぁぁぁ!!(><;;冗談♪

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊺  
7875.jpg ローターのボルトが伸びるのを待っている間にハブ面のサビ落とし。

画像から見ても判る程のハブ面のサビ!
今まで一回も清掃された事が無いと思われるほど蓄積されてます!!

ココのサビを気にしない人が多いんですが…僕は気になるんですよねぇ。

ブログで数回アップして説明していますが、このサビの分、ローターが外に持って行かれますよね。

しかもサビは均一では無いし、ローターを外して戻す際には元の取付位置は気にせず付けるからハブ側のサビとベル側のサビが重なり、ローターのパット当たり面が斜めになってしまう事もあります!

そうするとローターが振れてパットは削れるし、走行中にシャリシャリ音が出るし、パットとローターのクリアランスが広がってしまうのでブレーキペダルの踏みシロが奥になってしまう!!

こういうのを気にしない人も居ますが…僕は気になるので手を入れます。(^^;

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊹  
7874.jpg ベル内側を綺麗にしたらローターを専用ボルトとナット12本で取付。

対角線上に締め付ける際にこれだけボルト数が多いとドコだか判らなくなってしまう!

そういう時は締めたらマーキングすると判り易いですよ♪

更に締付ボルトが多い物は一揆に締めてはダメ!

最初に締めた所に部品が寄ってしまったり、位置(センター)が出ていないまま付いてしまったりします!!

こういう場合には「仮締め→本締め→30分ほど置いて確認締め」の3回で締付ます。

本締め後、30分ほど置く理由は…ボルトは伸びるから!

このボルトが伸びて縮まろうとする力でくっ付く面圧が生まれます。

しかし半面、伸びると面圧が弱くなるので30分ほど置き、ボルトが伸びてから再度締め付けるようにしています。

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊸  
7873.jpg 新品ローターを組付ける前にベルとハブの面に付いた汚れ、サビをワイヤーバフで綺麗にします。

ベルはアルミ製なので余り強く当てられませんが、指に引っ掛かる物が無くなったらOK。

必要以上に削ると面が凹になってしまうので少し汚れていても仕方が無い!

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊷  
7872.jpg 新しいローターはベンチレーテッドの口径も拡大されてます。

口径の大きさや焼き入れ品か焼き入れナシに関してはチューナーさんそれぞれに考え方が違います。

「フィンを多くしてより多く空気を出した方が冷える」
というチューナーも居れば
「口径を大きくした方が抜け安くなるので冷える」
という考えのチューナーもいる。

焼き入れに関しての僕の考えは、
「焼き入れ」した方が硬くなり、ローターの持ちが良いので街乗りのストリートや峠を楽しむ程度の方に薦めます。

「焼きナシ」のローターは当然削れ安いのですが、削れる事で放熱効果が上がり制動力が上がります。
制動力に重点を置き、タイムアタックやレースをする方に薦めます。


いろいろな部品が市販されていますが、
適材適所に合った部品を使い、使い方に合わせた部品選択が重要ですよね!

付け方も間違えてはいけません!!
このローターの向きは左右逆に付けられてましたから↓(^^;

Date: 2017/08/18(Fri) MA70スープラ、VProセッティング ㊶  
7871.jpg 世間一般の会社は今日から仕事ですよね。

皆様、疲れは癒えたでしょうか?

僕は盆休みは取れず↓
疲れまくっております↓↓

50肩は痛いし、体はダルいし、、、

でもヤル事はやらないとね!(^^;


納期1ヵ月、8月末入荷予定だったMA70スープラのローターが入荷しました。

予定より早く上げって来たので助かります♪

中を開けて確認したら仕様が変更されてました。

・取付穴6mm→8mm拡大
・スリット8本(未貫通)→6本(未貫通)

ローターに焼きは入ってません。

Date: 2017/08/17(Thu) 4メリGC110、車検整備 終  
7870.jpg 雨天が続いた性か少し肌寒くなりましたね!

半袖のツナギでは寒いくらい!!

まさかこのまま夏が終わるのか?!


昨日は4メリを所沢陸事へ持込。

エアコンが無い車両には雨は大敵!
窓ガラスが真っ白になってしまうので雨が降っていてもガラスは閉められません↓

ガラスが曇らないように室内に置いてある扇風機を「強」で回し、外気を室内に導入しつつ陸事へ。(^^;


世間は盆休みとあって場内はガラガラ。

湿度や気圧の変化のせいか、3日前に工場で測った排ガスはCO:2.0%、HC:860ppmだったのが
検査場ではCO:2.8%、HC:1186ppmとHCがギリギリ!

でも規制範囲内なので無事に合格♪

工場に戻り「納車整備」をして完成しました。


メカドックではこういう古い車両や故障修理、メンテナンスを得意としております。

何かお困りの方やご相談のある方はお気軽にお問い合わせください。(^^)

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㊴  
7869.jpg 塗装が乾燥したらインマニに取付。

ワイヤーの遊びを出しつつドラムの位置も調整。

GC10用のアクセルワイヤーが付き、これで安心してアクセルを思いっ切り踏み込めます♪

本日、所沢陸事に持込んで検査です。

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㊳  
7868.jpg 最後の仕上げに錆止め塗装をして3cm長くしたブラケットが完成。

当たり前の事ですが、角の面取りもちゃんとしてあります♪

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㊲  
7867.jpg ワイヤーが通る切り込みを入れ、曲げ加工の際に傷付いた表面をベルサンで研磨して綺麗に仕上げます。

シャーリングを持って居たらこの表面研磨はしなくて済むんですけどねぇ↓(^^;

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㊱  
7866.jpg 曲げ加工した後に穴開け加工。

穴開け加工をする手順は

元のブラケットの穴を採寸してマーキング。

穴を開ける位置にポンチで凹を作り、下穴(今回は3.5mm)を開けます。

次に本穴サイズのドリルで穴を開ける。

メカドックでの穴開け加工はこの手順で行います。

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㉟  
7865.jpg GC10用のワイヤーが長いのでキャブに付くワイヤーブラケットにワイヤーが固定出来ない!

取付けるには3cm延長しないと固定出来ません!!

元のブラケットを切断して延長しても良いのですが…。

オーナーさんがGC110用の純正ワイヤーを持っているそうなのですが、探すのに時間が掛るので今回はGC10用を付ける事にしただけ。

それだと見た目が綺麗では無いし、持っているワイヤーが使えなくなってしまう!

元付いていたブラケットはそのまま残して置く事にして、GC10用ワイヤーに合わせてブラケットを制作する事に。


厚さ3mmの鉄板から切り出してモンキーレンチとハンマーで曲げ加工。

こういう「曲げ加工」はシャーリングという専用の折り曲げ機を使うと曲がりも綺麗なんですが…

儲かって無いので買えません↓(T。T;;
使わないシャーリングを持っている人が居たら譲って欲しい!

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㉞  
7864.jpg ピンに入る部分の厚さはGC110用は5mm。

圧着した丸端子は1mmなので足りない4mmを平ワッシャーをスペーサー変わりに5枚入れて取付ます。

これでペダル側の取付は終了。

このやり方が販売元から説明された取付方法、なんですが…
これだと5mmの面接点では無く1mmの線接点になってしまいますよね!

何かペダル側のピンが削れてしまうような気が…
持つのかなぁ?!

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㉝  
7863.jpg 次に配線のアースに使う丸端子を小さくした球に圧着します。

これでペダルのピンに付くようになりました。

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㉜  
7862.jpg まずはペダルに付く球をベルサンで研磨して小さく削ります。

Date: 2017/08/16(Wed) 4メリGC110、車検整備 ㉛  
7861.jpg 昨日も雨、、、
今日も雨、、、

鳥取ファミリアの慣らし走行が出来ない↓

ニュースでは「8月としては記録的な日照時間の少なさ」らしいですけど…

スケジュールがまたズレ込みそう!(T。T;;


注文していたアクセルワイヤーが入荷しました。

4メリ用(GC110)はペダルのピンに入れるんですが、取り寄せたワイヤーは箱スカ用(GC10)で、ペダルの溝に入れるタイプ。

当然このままでは付きません!

販売元の「リバイブジャロピー」さんから加工方法は聞いて居たのでこれから加工作業。

Date: 2017/08/15(Tue) 4メリGC110、車検整備 ㉚  
7860.jpg デスビキャップとローターを外すと内部に赤外線センサーが入っています。

説明すると長くなるので省きますが、要は点火コイルのリレーみたいな役割をしています。

赤外線のレンズが汚れていると誤作動を起こす事があるので綿棒で掃除しました。

赤外線(光センサー式)はリニアに動作をするので精度は良いんですが…
僕は誤作動の心配が無いマグネット式の方を選びますね!

純正のクランク角センサーもマグネット式ですから。


レンズを掃除して組み直してクランキングしてみると…やはりキックバックが起きる!

う〜〜〜ん! 圧縮比か点火系を変更しないと直らないかなぁ↓↓(ーー;

Date: 2017/08/15(Tue) 4メリGC110、車検整備 ㉙  
7859.jpg 昨日は元自宅の引っ越しの後片付け。

不要なゴミを最後にまとめてゴミ出し!

粗大ゴミでは出せない一般の不燃ゴミを新自宅に持ち帰り!!

最後の最後はやはり旦那が尻持ちして何とかしないとね。(^^;


片付けしている最中にアクセルワイヤーの問合せをしていた業者さんから連絡が来た!

盆休み中なのに「困っているだろうから」と連絡をくれました。
こういう事情を考慮してくれるSHOPさんて有り難い♪

やはりケンレリ用は無いようでしたが、箱スカ用のワイヤーを加工して使えるとか!

商品代、加工内容を聞いて見積もりをオーナーさんに提示。
3万円ほど予算が掛ってしまいますが…無い物は仕方が無い!!

OKを貰って早々に注文し、本日入荷予定です。


アクセルワイヤーが入荷して交換すれば車検整備は終了なんですが…。

一つ以前から気になっていた症状に手を入れてみました。

それは「クランキング時のキックバック」。


キックバックとは「跳ね返る」という症状。

バイクのキックスタートの際にペダルが跳ね返る症状を経験した方は居ると思いますが、車の場合はセルを回して途中で止まってしまう症状の事です。

これは燃料や圧縮比、点火時期などの不具合でも起きます。

この車両には亀有EGワークスの「レース用デスビ」が装着されていて、点火時期が30°BTDC(上死点前)で固定になっています。

CPU制御の場合は通常、始動時の点火時期は「0°〜10°ABDC(上死点後)」で点火します。


しかし、このデスビだと点火時期が固定なので始動時にも上死点前で点火してしまうのでピストンが上がり切らずに止まってしまい、キックバックが起きて止まってしまう!

セルが止まってもスターターキーを回したままだと大電流がながれるのでスイッチやセルモーターが焼けてしまうんです!!

実際、この車両のセルからも煙が!!!!

Date: 2017/08/12(Sat) 4メリGC110、車検整備 ㉘  
7858.jpg ワイヤーの回答待ちの間にエンジンを暖機して点火時期とキャブの同調+CO・HCを調整。

この車両は排ガス規制前のキャブなので触媒が元々付いてません。

しかし、車両検査では排ガスをCO:4.5%以下、HC:1200ppm以下にしないと不合格になってしまうので調整が必要!


足廻りのブレーキオイル交換後、ホイールボルトの修正。

これはホイールボルトを外す際にインパクトが重たく回った!

こういう「違和感」があると気になってしまう性格!!

ネジゲージで確認したらネジ山が伸びていました。

43年間引っ張られ続けてたら、そりゃ伸びますよね。(^^;

修正すればまだ使えるくらいの伸び量だったので、ダイスでネジ山を修正しました。

でも、スポーツ走行する車両の場合は危ないので修正せずに交換ですよ!

この車両は街乗り、通勤にしか使わないから再使用するだけですから!!

しかし、次また伸びたら交換です!

Date: 2017/08/12(Sat) 4メリGC110、車検整備 ㉗  
7857.jpg アクセルワイヤーをナットで挟み込んで留めるネジ山がナメってナットが噛まない!

以前から削れていたのは判ってはいたんですが…
まだ固定出来ていたので使ってました。

このネジ部はアルミ製で柔らかいから削れてしまうんですねぇ↓

純正品は勿論「廃盤」!

足廻りのロアボールジョイントを注文したSHOPさんに問合せ中ですが…

無かったらどうするか?!

RB20やRB25のワイヤーが使えないかなぁ。。。

Date: 2017/08/12(Sat) 4メリGC110、車検整備 ㉖  
7856.jpg タコ足を取付けた後にキャブを取付。

アクセルワイヤーを取付ようとした時に問題が発生!

Date: 2017/08/12(Sat) 4メリGC110、車検整備 ㉕  
7855.jpg 昨晩から雨…。

今朝も小雨…。

やっと鳥取ファミリアがマフラー制作から上がって来たのに慣らし走行が出来ない↓

盆明けくらいには完成させて納車するスケジュールを組んでいるんですが…。

何か前の時も雨で中々セッティング走行が出来なかったような…。(−−;

どこか遠出でもして短時間で距離を稼ぐしかないか?!
誰かを誘って日帰り温泉にでも行くか?!(^^;


亀有EGワークスに注文していたガスケットがやっと入荷。

メカドックでは「現金仕入れ」なので、
注文依頼→見積もり回答→振込→入金確認→発送→入荷

この手順になり入荷まで少し時間が掛ります!

Date: 2017/08/11(Fri) 4メリGC110、車検整備 ㉔  
7854.jpg ベアリング交換をしたペラシャを車両に組付けてマフラーも取付。

亀有EGワークスに注文していたガスケットがまだ入荷待ちなので、エンジンのタペット調整を先に作業。

L型エンジンはOHCでロッカーアーム方式。

このアーム式はタペット調整をマメにやらないとエンジン不調の原因になります!

僕がS130Zに乗っていた時は1ヵ月毎に調整してました。


オーナーさんにも「マメに調整するように」と指導していたのですが…
2年間全く調整しなかったそうな↓


ヘッドカバーを開けてシクネスゲージでクリアランスを測ってみたら…
案の定、全てのタペットクリアランスがスカスカ↓↓(−−;

大事に乗りたいならマメに手を入れて上げないといけませんねぇ。。。

Date: 2017/08/11(Fri) BG8Z、75φストレートマフラー 終  
7853.jpg そのままだと間違い無く車検には通りません!

排気効率と排気音は反比例しますから仕方が無い!!

排気音重視なら市販のマフラーを購入すれば良いんですから。(^^;


メカドックのマフラーは効率重視です。

でも車検が通らないとお客さんが苦労してしまうので40φインナーサイレンサーも制作して付属しました。

はい、ココで注意が必要!
インナーサイレンサーを付けたら絶対に「全開で高回転まで回してはいけません!!」

ブーコンを付けている方はお手数ですがノーマルブーストに設定してください。(^^;


販売価格は今の所、車両を預かって現車合わせ制作で¥204,000−(税別)です。

治具を作って市販化の予定でしたが…
購入希望者が3人しか集まらず、治具代の元が取れないので市販は辞めました!

良い商品、売って無い商品を一品物で作ると高価になるのは仕方ないですからね!!

欲しい方だけご依頼ください。(^^;

さて、これから慣らし走行をしてその後データ取りです。

Date: 2017/08/11(Fri) BG8Z、75φストレートマフラー B  
7852.jpg テールパイプは80φで依頼していたのですが…

4人乗車+トランクに工具や荷物を載せて、車高が4cm下がると仮定すると、テールパイプの位置と駐車場の縁石の高さがギリギリ!

制作依頼先が計算してくれており、75φのテールにしてくれました♪


テールパイプが75φだと見た目が大人しいからスマート感が有りますね♪

でも排気音は…結構低音が太くなって「抜けてる音」になり腹に響く音になりました。(^^;

Date: 2017/08/11(Fri) BG8Z、75φストレートマフラー A  
7851.jpg メインパイプ径は76.3φ。

通称75φと呼ばれるパイプ径です。


出来るだけストレートになるようなパイピングレイアウトです。

サイレンサーは既製品の140φ×300mmサイズを中間とテールに2個使用。

Date: 2017/08/11(Fri) BG8Z、75φストレートマフラー @  
7850.jpg KUNIさんに付き合って貰い、引き上げて来た鳥取ファミリア。

当所は80φでの制作予定でしたが、コストが掛り過ぎる!
概算見積もりで28万円超え…。

無理!ムリ!むり!! 高過ぎます!!(@@;

依頼先と再度検討、交渉して75φの既製品を多様し制作する事に。

Date: 2017/08/11(Fri) 自作業での幌交換  
7849.jpg お客様からの依頼で部品を交換して要らなくなった部品でも、それが欲しい方も居る!

お客さん同士で仲良くなり、部品のやり取りをする方もいらっしゃいます。

今年の4月から毎週のように遊びに来てくださるKUNIさん。

KUNIさんと青NBターボのオーナーさんとも顔見知りの仲に成り、先日ハードトップ化して取り外した幌をKUNIさんがタダで譲り受ける事になりました。


KUNIさんの幌はかなり痛んでボロボロ!
中古の幌でもオークションで4万円くらいの値が付いてますよね!!

SHOPに出入りしていると、こういう得点があります♪

KUNIさんは工具の扱いが慣れている方なので、幌の外し方を教えて、レインレールとモールディングの交換を指導。

幌を載せる際には手伝いましたが、殆ど一人で作業して交換終了。

新品ではないのですが、以前の幌より綺麗になってご満悦♪


鳥取ファミリアのマフラーが出来上がったとの連絡が依頼先から入ったので、工場からの帰りがけに載せて行って貰い引き上げて来ました。

Date: 2017/08/10(Thu) 4メリGC110、車検整備 ㉓  
7848.jpg センターベアリングを止めているブラケット。

塗装が剥がれて見た目が汚かったので剥がれる塗装だけ剥がして再塗装。

もちろんサービスです♪

「下廻りなんて見えないんだから!」と良く言われますが…

・見えない所で滅多に手を入れない所だからこそ手を入れたくなる!
・他がやらないからこそやりたくなる!
・ソコまでこだわるか、と言わせたい!
そして、「お客様に喜んで貰いたい」という思いが強いですね♪

さて、急いで車検整備を進めないと!!(^^;

Date: 2017/08/10(Thu) 4メリGC110、車検整備 ㉒  
7847.jpg スプラインを整形研磨する事1時間半!(**;

やっとすんなりと入るようになりました。

次は外さないだろうから打ち込んで付けちまえ!
って工場も有るでしょうけど…

次の整備性も考えて作業するのがメカドック流なのでちゃんと直します。

新品のセンターベアリングを打ち込んでフランジを取付。

スプライン部には固着し難くなるモリブデングリスを塗って組付けました。


フランジにマーキングしてあるのは取り外す前に付けた「位置出し」のマーク。

フランジの位置が変わるとペラシャが暴れて振動が起きてしまうので注意が必要!

Date: 2017/08/10(Thu) 4メリGC110、車検整備 ㉑  
7846.jpg フランジのスプラインにこびり付いた金属片をヤスリで削り落としてスプラインを整えました。

これが結構神経を使う研磨で、削り過ぎるとガタが出るし、削らなさ過ぎると噛み込んで入らない!

削っては確認、削っては確認の繰り返し。

Date: 2017/08/10(Thu) 4メリGC110、車検整備 S  
7845.jpg 画像では判り難いですが…

スプラインが箇所箇所で剥がれて凹になってます!

この凹になっている所が剥がれてフランジ側のスプラインにくっ付いてしまってました!!

そりゃ抜けないわな↓(^^;

Date: 2017/08/10(Thu) 4メリGC110、車検整備 R  
7844.jpg フランジ側のスプラインを確認すると…

何か点々と付着しています!

錆かな?!と思ってブラシを掛けても取れない!!


まさか…シャフト側のスプラインを確認してみると…

Date: 2017/08/10(Thu) 4メリGC110、車検整備 Q  
7843.jpg センターベアリング外周に付いているゴムダンパーを切り落としてプーラーを引っ掛けって抜き取り。

しかし、ここも完全固着!

流石に43歳は頑固者!!
一筋縄では行きませんね。。。(^^;

少し動くまで銅ハンマーで叩いて、それからプーラーを掛けたら抜けました!

Date: 2017/08/10(Thu) 4メリGC110、車検整備 P  
7842.jpg 2分割のペラシャを外してヨークフランジを取外し。

が…外れ無い!

銅ハンマーで叩いてからギヤプーラーを強くネジ込んでもビクともせず!!

こんな長い物はプレスには掛けられないし…。

仕方なく浸透剤を吹き掛けて一晩放置。

昨日の早朝(朝6時)から銅ハンマーでカンカン叩いてやっと外れた!(^^;

Date: 2017/08/10(Thu) 4メリGC110、車検整備 O  
7841.jpg 4メリのスパイダーベアリング交換と同時にセンターベアリングも交換。

2分割になっているペラシャには必ずこのセンターベアリングが付いています。

このベアリングは滅多に交換しません!

何故なら…このベアリングは回転方向にしか負担が掛らず、余り痛まないから!!

クラッチ交換の際にペラシャを外した時に手で回して、ゴリゴリ感やガタが無ければまだ使えます。

これもまだ使えそうでしたがご依頼されたので交換。

Date: 2017/08/10(Thu) 粗大ゴミ処分 終  
7840.jpg 粗大ゴミを持ち込んでの処分は初めて!

書類に氏名、住所、連絡先を書き込み、処分する物品を記入。

免許証を見せて受付。

処分場へ車を移動し、物品を降ろして終了。


以外に簡単で早く終わる事にチト驚き!

これを4回繰り返したのですが…
まだゲタ箱やイス、物干しざおなどが残っていて処分し切れて無い↓

これ以上続けて仕事を休むと4メリの車両検査に間に合わないので休日14日まで仕事に専念しないと!!

体を休めたい!!!!(++;

Date: 2017/08/10(Thu) 粗大ゴミ処分 @  
7839.jpg 一昨日の引っ越しに続き昨日は後片付け。

「片付けられない主婦」の残留物をVOXYに載せて、自宅近くにある「鳩ヶ谷衛生センター」へ持込。

壊れたイスやお風呂マット、ガスレンジ台、食器棚、物干し用具などなど!

荷台を満載にする事4回!!
何で使わない物を捨てずにこんなに貯め込むんでしょうね↓(−−;;

Date: 2017/08/09(Wed) 4メリGC110、車検整備 M  
7838.jpg ペラシャ本体側、ヨーク側とを合体。

劣化したベアリングでブランブランだった動き新品になって少し重たくなった。

内部に入っているグリスも新品で硬くなっている分動きが少し重い訳。

決してカジっている重たさではありません!(^^;

スパイダーベアリングの交換工賃は1箇所8,000円です。

Date: 2017/08/09(Wed) 4メリGC110、車検整備 L  
7837.jpg 古いスパイダーを外して新品に交換。

このスペーサーを組むのにちとコツが必要。

きちんとセンターが出るように組む必要があります。

やってみれば判るけど…センター出しがチト面倒!(^^;

Date: 2017/08/09(Wed) 4メリGC110、車検整備 K  
7836.jpg 4メリのミッション交換の後、プロペラシャフトのスパイダーベアリングを交換。

前回、デフ側のスパイダーを交換して、今回はミッション側。

スパイダーはペラシャに3個使われているから残るは1個。

ロドスタも交換できればいいのにねぇ↓

Date: 2017/08/09(Wed) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−M  
7835.jpg 強化したオイルポンプ、バッフル、オイルパンを取付けてブロック本体が完成。

何かオーラが出ている気がする♪(^^)

Date: 2017/08/09(Wed) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−L  
7834.jpg ピストン&コンロッドをブロックに組付け。

規定トルクで締め込む際も一本ずつ締めたら回し、締めたら回して重さを確認しながらの作業。

こういう細かい作業がエンジン性能に直結しますから手は抜きません!

Date: 2017/08/09(Wed) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−K  
7833.jpg 重量バランスを取ったピストンとコンロッドを組付け。

ピストンにリングとメタルを取付け。

Date: 2017/08/09(Wed) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−J  
7832.jpg 新品クランクをブロックに組付け。

メタルを組んだクランクキャップを一つずつ締め込む度にクランクを回して、回り方が重たくならないかを確認しながら締め込みます。

Date: 2017/08/09(Wed) 11年間住んだ自宅を引っ越し  
7831.jpg 昨日は台風5号が関東に近づいている中の引っ越し。

結構被害が出ているようですね!

引っ越しが出来るのか?!と心配していましたが何事も無く進みました♪

8/2(土)にトラック2台、そして昨日が2回目でトラック3台に荷物を積み込み!

家族5人分の荷物と「片付けられない主婦」が貯め込んだゴミとしか思えない物や袋などの荷物!

兎に角凄い量の荷物!!(@@;

工場にお手伝いに来て頂いている「山さん」も引っ越しを手伝いに来てくれて

「これ終わるの??」
と、一目見て思ったそうな!(^^;

僕の荷物は1ヵ月前から荷造りしてゴミも処分してあったし荷物も移してあったので、VOXYに積み込んで工場に2往復し終わり♪


この自宅には11年間居住していました。

その内5年間、この自宅の駐車場で作業して生活していた!
これも仕事を依頼してくれたお客様が居たからこそ生活できたんですよね。

本当にお客様には感謝しております。m(_ _)m

態度がデカくて、どっちがお客なのか判らないSHOPさんもありますが…
僕はお客さんには感謝と敬意を重んじたいですね!

お客さんの命を預かる仕事なので「信頼関係」が一番重要だと思ってます。

でも、どんなお客でも受け入れる訳ではありません!
気が合わない! 信用できない! 命を守りたくない! 
こういう方はお断りしております。

僕は「金儲け」の為に営業はしていないし、社長らしくない社長なので!!(^^;


今日も午後から残留物の片付けをしに自宅に行かないと…。(T_T;

Date: 2017/08/07(Mon) 4メリGC110、車検整備 K  
7830.jpg 付いていたミッションから交換するのは僕が以前乗っていたS130Zのミッション。

年式的にもS130の方が新しいのでお譲りしました。

保管期間が長かったのでオイルシールとパッキンは交換。

この作業も若いお客さんが手伝ってくれて大助かりです♪

20代の頃は人力で一人で積み下ろしをしていましたが…

50を過ぎると楽をしようとします!(^^;

手伝ってくれたお礼に昼飯をおごって大人の対応♪

ありがとう御座いました。m(_ _)m

Date: 2017/08/07(Mon) 4メリGC110、車検整備 J  
7829.jpg 遊びに来ていたお客さんが

「EXポートに溜まったカーボンを落としましょうか!」

と言ってくれて、二人掛りで綺麗にしてくれました♪

「エンジン不調のままにしてると、こんなにカーボンが溜まるなんて…勉強になります!!」

少しでも若い人のノウハウや知識にご協力できれば、こちらも嬉しいです♪

Date: 2017/08/07(Mon) 白NC、LLC交換  
7828.jpg 去年の5月にタコ足を入れたNC。

久し振りのご来店で最初誰だか判らなかった!(^^;

今回はLLCの交換のご依頼。


NAやNBのリザーブタンクはラジエターキャップで圧を調整した後の冷却水を溜める仕組みですが、
NCのリザーブタンクはラジエターとホースで貫通しているのでキャップを開けたままのエア抜きが出来ません!

これは外車に良く使われている仕組みと全く同じで、エア抜きは冷却水を「F」マークまで入れたらキャップをしてエンジンを暖機し、エンジンを止めて冷えてからキャップを開けて補水します。

補水後、またエンジンを暖機して水量を確認し、まだ足りないようならまた冷やしてから補水します!

10時に預かって作業が終わったのが13時。。。

NCのエア抜きは凄く時間が掛ります!!(^^;

Date: 2017/08/07(Mon) ドラッグロドスタ移動 終  
7827.jpg 昨日の午前中に自宅に取りに行き、お客さんが集まり始めた13時に積載車から降ろし。

皆さんの手を借りて「デフロック」してある動きが重い車を押して貰いました!(^^;

降ろし終わった後、初めて見るドラッグ専用車両を皆さんマジマジとご観覧♪

ロドスタでドラッグを本気でやろう何て思う人もSHOPも無いでしょうからね!

でも…誰もやってない事をやるから楽しいと思うんですけどねぇ。。。(^^;


「このサージタンク欲しい」
「ステンタコ足欲しい」
「デカいタービンが欲しい」

などなど言われながら、談笑しながらの会話は楽しいですね♪

どんな車両なのか、興味のある方は見に来てください。(^^)

Date: 2017/08/07(Mon) ドラッグロドスタ移動 @  
7826.jpg 両親が練馬の自宅に戻った後、今度は僕ら家族が引っ越し。

移り住む借家には駐車スペースが無いので、自宅の庭に置いてあったドラッグロドスタを工場へ移動。

7年以上放置していたのでブレーキの固着が心配でしたが…
動いたので一安心♪(^^;

Date: 2017/08/06(Sun) 4メリGC110、車検整備 I  
7825.jpg セルモーターを外したらミッションは14mmボルト4本、12ボルトナット2本を外せば降ります。

しかし…昔のミッションは重い!

ちなみにロドスタより重いです。(**;;


前回オイル漏れを修理しましたが、また漏れてました!
もうケースが歪んでますね!!

交換して正解ですね。(^^;

Date: 2017/08/06(Sun) 4メリGC110、車検整備 H  
7824.jpg タコ足を外した際に目に止まったEXポート!

カーボンがびっしり!!

右側のポートのカーボンをドライバーで落として見たら…

取れるは取れるは!!


画像で比較してみても判りますよね。(^^;

キャブ車で不調のままにして置くとこうなります↓

時間が有る時に掃除して上げようかなぁ!

Date: 2017/08/06(Sun) 4メリGC110、車検整備 G  
7823.jpg 吸排気パーツを取り外した画像。

何も無い!

昔の車はみんなこんな感じになります。(^^;

Date: 2017/08/06(Sun) 4メリGC110、車検整備 F  
7822.jpg 次の作業はミッション交換。

EXにはタコ足が付いていて、ミッションがこのタコ足に当たって降ろせないので取り外しが必要!

更にタコ足を外すにはキャブを取り外す作業が必要!!

面倒臭いけど…
昔イジってたエンジンなので楽しい♪(^^)


吸気系には定番のソレックスが付いてます。

インジェクション仕様からキャブにすると公認が必要ですが、この車両は排ガス規制前の元々がキャブ車なので公認を取らなくてもこのままでOK♪

Date: 2017/08/06(Sun) 4メリGC110、車検整備 E  
7821.jpg 部品を交換して取付。

一旦タイヤを付けてガタを確認しましたが、ガタが無くなったのでOK♪

今まで出ていたと思われるフラフラ感も解消されたでしょう。(^^)

Date: 2017/08/06(Sun) 4メリGC110、車検整備 D  
7820.jpg 問い合わせて注文したロアボールジョイントが入荷。

純正が廃盤で手に入らない代替え品を作ってくれるのはホントに有り難いです♪

そんなに壊れる部品では無いので重要は非常に少ないハズ!

しかし、この部品が無いと車検も受からないし、安心して走行も出来ないですからね!!

メカドックもそういうSHOPになりたいですね。(^^;

Date: 2017/08/06(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−I  
7819.jpg 次が最後のコンロッドメタル内径を測定。

@〜Cまで45.01mmで揃ってました。

クランク側も44.94mmで揃っていたのですべてが0.07mmのクリアランスでOK。


今日はこの測定作業で終了。
4メリも進めないと!!

Date: 2017/08/06(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−H  
7818.jpg 次にコンロッドの重量を測定。

@581.5g
A580.9g
B581.7g
C582.2g

これを均等になるように入れ替えて気筒間誤差1.0gにしました。

Date: 2017/08/06(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−G  
7817.jpg 次にピストン重量を測定。

@399.3g
A399.3g
B399.2g
C399.0g
で誤差は3g。

これが普通!

先日5/31にアップしたメカドックのピストンの誤差が0.2gなのがいかに凄い事なのか判りますよね。(^^;

Date: 2017/08/06(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−F  
7816.jpg @とCのメタルを入れ替えて再度測定。

@C共に0.07mmになったのでクランクメタルの測定&調整作業は終了♪

Date: 2017/08/06(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−E  
7815.jpg 次にクランクメタルの内径を測定。

@50.01mm
A50.02mm
B50.015mm
C50.02mm
D50.015mm

クランクの外径値とを計算するとクリアランスは
@0.06mm 
A0.07mm 
B0.065mm 
C0.08mm 
D0.07mm

@が最小でCが最大値!

Date: 2017/08/06(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−D  
7814.jpg コンロッドのメタル跡、クランクのメタル跡を消したら測定作業。

クランクの外径を測定します。

ちなみにこのクランクは新品♪

まだ出るのは嬉しい♪♪

ちなみにL型の純正クランクはもう出ません!(^^;

Date: 2017/08/06(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−C  
7813.jpg メタルが暴れた痕跡はサンドスポンジで研磨して消して置きます。

次回また痕跡が有ったらF112を薦める判断に成りますからね!

次の整備やメンテナンスを見越した作業です。


研磨してもミクロ単位だし、クリアランスは後で揃えるので問題有りませんのでご安心ください。(^^)

Date: 2017/08/06(Sun) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−B  
7812.jpg ここの所ずっと曇り空で蒸し暑い!

何か「夏」って感じがしない!!

海水浴やプールに行っている人は晴れて欲しいですよね↓

そろそろ盆休みの時期。
ですが…今年も休みは取れそうも有りません↓(T0T)

引っ越し後の片付けもしないとイケないんですが…

一昨日はNA8に可変バルタイのBP-VEスワップと4メリの車検の見積もりを2件作成。

メカドックの見積もり書は内容がお客様が判るように細かく記入し、部品番号も記入するので時間が掛ります。


HONDAでフロントマンをやっていたので「見積もり書はそういうもん」と思っているので苦にはなりませんが…

300万円超えのデカイ仕事だと、見積もり書制作に2〜3日間掛る時もあります!
それでキャンセルされると痛いので、デカイ仕事の場合には話しがまとまってから作成します。(^^;


昨日は朝から15時までエンジン組立の作業をやって、その後4メリの作業。

メタルが付いていた部分の汚れのような跡はメタルが暴れた痕跡。

マツダのメタルは張力が弱くて暴れやすいんですよねぇ!

マルハさんのパワーメタルはNISMOが扱っているF112という素材で3層構造で張力も強いからこういう跡は余り付きません。

しかし、「メタル調整」という作業をしないとイケないので工賃が高くなってしまう!

なので「本気仕様のエンジン制作」でないと薦めてません!

営業しろよ!!俺っ。。。(^^;

Date: 2017/08/04(Fri) 4メリGC110、車検整備 C  
7811.jpg しかし…問い合わせたら…案の定「廃盤」。

そうでしょう!
そうでしょう!!
そりゃそうでしょうよ!!!
(^^;;;;


こういう場合、部品情報を一番知っているのはオーナーさん。

連絡したらやはり販売しているSHOPさんを知ってました♪


現在、在庫状況と納期を問合せ中。

Date: 2017/08/04(Fri) 4メリGC110、車検整備 B  
7810.jpg エンジンの点検後、足廻りを点検。

フロントのハブのガタを点検していたら右フロントでガタが!

左は何とも無い。
という事はステアリング関係では無く足廻り?!


下に潜って動かしながらガタが出ている所を探すと…

ナックルアーム下のボールジョイントがガタガタになってました!

まあ43年間使えばベアリングにガタが出るのは仕方ない。
逆に良く持ったもんですよね。(^^;

Date: 2017/08/04(Fri) 4メリGC110、車検整備 A  
7809.jpg 車検の度に少しずつメンテして部品を交換していますが、今回は5MTを交換するご依頼。

この車両は昭和49年式。

今年で43歳の車両です。
後7年乗れたら「半世紀」!!

いろいろと手を掛けて上げて大切にして欲しいですね♪


しかし、この歳なら人間でもガタが出るお年頃!

ヘッド前側からのオイル漏れで真っ黒!!

ヘッドが歪んだか?!

Date: 2017/08/04(Fri) 4メリGC110、車検整備 @  
7808.jpg 黒NA6の16bitCPUスワップを納車し、入替で入庫のスカイラインGC110。

GC110は通称「ケンメリ」と呼ばれてますが、この車両は4ドアなので「4メリ」です。

この前、車検をやったと思ったらもう車検の時期!

歳を取るとホントに時間が経つのが早い!!(^^;

Date: 2017/08/04(Fri) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−A  
7807.jpg 合い口の狭いリングと広いリングを入れ替えて、それでも合わない分を研磨してクリアランスを調整します。

研磨する際、ヤスリを使うチューナーさんも居ますが、僕は#240布ペーパーで研磨します。

理由はヤスリだと太いので合い口同士が平行に成らないからです!

布ペーパーは薄いのでリングを握って合い口でペーパーを挟み込み研磨します。

これなら合い口が斜目にならずに研磨できます。

TOPリング:0.30mm 2nd:0.45mm で揃えて調整終了♪

Date: 2017/08/04(Fri) 白ファミリアGTX、エンジン破損 2−@  
7806.jpg 次に「ピストンリングの合い口」を計測。

以前ブログでも書きましたが、日本製なら精度が出ているので合い口は揃いますますが、海外製は危ない!

「動くんだから」「組めるんだから問題無い」の感覚の人種ですからね!!


TOPリング、2ndリングの合い口を計測した結果は…
TOP:@0.30mm A0.30mm B0.31mm C0.27mm
2nd:@0.43mm A0.43mm C0.45mm C0.47mm

TOPの4番が狭くて2ndの4番が広い。。。

誤差が0.04mmはデカイ! ピストンクリアランス分の差!!

Date: 2017/08/04(Fri) 白ファミリアGTX、エンジン破損 ㊿  
7805.jpg ボア計測の後、ピストン外径を計測。

メーカー指定のオイルリング溝から24mm下にマジックでマーキングし、そこをマイクロゲージで計測。

ボア径−ピストン外径=クリアランスの計算をして確認。

内燃機屋の指定した「0.065〜0.07mm」でキチンと上がってました♪


このクリアランスが「広い」と感じた方…。
アメリカやドイツ製のピストンは熱膨張率が大きいので日本製より広めにしないと高負荷で発熱した際にカジります!


TODA製やメカドックのピストンは日本製なので0.04mm、0.05mmくらいですよね。

これは素材や鍛造制作時のプレス圧力に関係しているので訳の判らないピストンはメカドックでは使わないし組まないんです!!

Date: 2017/08/04(Fri) 白ファミリアGTX、エンジン破損 ㊾  
7804.jpg 「0」調整をしたマイクロゲージでボアゲージも「0」調整し、各気筒のシリンダーボアを計測。

内燃機屋から加工後の計測結果表も貰えてるんですが…
信用しない訳では有りませんが、メーカーでも外注から納品された物は社内検査しますよね!

それと同じでメカドックでも検査します。

上、中、下の3箇所で横方向、縦方向の2点計測を行います。

滅多に無いですが、もし違和感が有った場合には三角方向の3点計測をします。

Date: 2017/08/04(Fri) 白ファミリアGTX、エンジン破損 ㊽  
7803.jpg 何か曇りの日が続きますねぇ!

小雨も降るし…
こちらは今朝も小雨が降ってます!!

本当に梅雨は明けたのか?

桜の開花や梅雨など…全ての時期がズレているような気がするのは俺だけ??

予報がことごとく外れている気象庁、、、どうなんだい?!(^^;


白ファミリアのエンジンは組立前の計測から開始。

まずはシリンダーボアとピストン外径を計測。

計測に使うマイクロゲージは計測前に毎回「0」調整を行います。

ゲージも気温により熱膨張するので必ず計測前に調整するのは基本中の基本!

Date: 2017/08/03(Thu) 白ファミリアGTX、エンジン破損 ㊼  
7802.jpg MA70スープラのA/Fセンサーボスを制作しながら白ファミリアのブロック塗装も同時進行。

まずはマスキング。
エアでホコリを飛ばしてシャッターを締めて塗装を開始。

ミッチャクロン:1回塗り
 ↓
白サフェ:3回塗り
 ↓
本塗装:4回塗り
 ↓
クリア塗装:1回塗り

各塗装をして乾燥させている間にセンサーボスを制作してました。


その間にビートのお客さんが
「追加メーターが動かなくなった!」とご来店。

見たらアース線が抜けて頂けなのでチャチャっと繋げて修理完了。
※忙しいと画像を取り忘れるのはご愛敬♪(><;;


昨日塗装し終えて一晩乾燥し、本日から組立作業を開始します。

Date: 2017/08/03(Thu) MA70スープラ、VProセッティング ㊵  
7801.jpg 仕上げに耐熱塗装をして完成。

この手順で加工すれば綺麗に出来上がります♪


穴を開けるプレートを切り出す際の手順は同じですので、プレイベーターさんのご参考になったら幸いです。(^^)

Date: 2017/08/03(Thu) MA70スープラ、VProセッティング ㊴  
7800.jpg 全体の面が出なくても真ん中の面がでれば排気漏れはしないのでこれでOK。

ガスケットを当てて外周にマーキングをして、最後に整形します。

Date: 2017/08/03(Thu) MA70スープラ、VProセッティング ㊳  
7799.jpg プレートも熱変形するので、そのままでは排気漏れを起こします!

ダイヤモンド砥石でガスケット面を研磨し面出し。

Date: 2017/08/03(Thu) MA70スープラ、VProセッティング ㊲  
7798.jpg 穴開け加工の後、プレートを切り出しますが、万力に咥えたいので鋭角に切り出します。

僕は万力が大きく強く咥えられるので8角形に切り出しましたが、小さい万力のプライベーターさんなら□形の方が良いと思います。


19mmで開けた穴にセンサーボスを溶接。
※画像取り忘れ!

溶接すると必ず熱変形するのでタップでネジ山を修正。

Date: 2017/08/03(Thu) MA70スープラ、VProセッティング ㊱  
7797.jpg プロの方は判っていると思いますが、このブログを見ているプライベーターさんの為に、


こういうプレートを制作する時のコツは大きいプレートのまま先に穴を開けます。

先に切り出して固定せずに穴を開けようとするとプレートが動いてしまい綺麗な穴になりません!


切り出す前に大きいプレートのままならシャコ万力などで固定し易いから、プレートが暴れず正円で穴が開けられます。


まずは8mmドリル刃、19mmホルソーで穴開け。

Date: 2017/08/03(Thu) MA70スープラ、VProセッティング ㉟  
7796.jpg MA70スープラはフロントのブレーキローターとパット待ち。

ブレーキがしっかりしていない車ではブレーキを踏みながら全開にして、最大負荷を掛けながらのセッティングは怖くて出来ません!

部品待ちの間に他の作業を進めます。


A/F計を取付るセンサーボスを制作。

メカドックでは純正O2センサーが付いている所にA/Fセンサーを取付ます。

触媒ストレートの部分にA/Fセンサーを取付けるSHOPさんも居ますが…

僕はメーカーが研究開発して位置を決めた純正位置が一番正確だと思うからです!!

通常のO2センサーはネジ込み式なのでそのまま付け替えれば良いのですが、7MはO2センサーにプレートが付いていてナット2個留め。

ロドスタやファミリアで言うと排気温センサーのような形。


そのままでは付かないのでセンサーボスを制作して取付ける訳です。

付いていたガスケットを元に採寸し、鉄板に図面を記入。

Date: 2017/08/02(Wed) 白ファミリアGTX、エンジン破損 ㊻  
7795.jpg 最近、雨や曇りの天候が続いてますねぇ!

雨が降るとシャッターを半分以上閉めないと工場内に雨が入って来てしまうから蒸し暑い!

今日の曇行きも何か嫌な感じの雲です!!

もう8月なのにねぇ↓


さて、スーパーテックのピストン傷のおおよその原因が判明した後、ボーリングに出した白ファミリアのブロックが昨日やっと上がって来ました!

1ヵ月掛ったのは長かったぁ!!

出した時に「今メチャクチャ混んでるので3週間は見てください」と言われてましたが…

それだけ内燃機屋さんが潰れてしわ寄せが来てるんですね↓


年々衰退して行く車業界。。。
でも必要としているお客さんは必ず居るハズ!

その必要としているお客さんに選ばれる店に成るよう努力が必要!!

それは「コダワリ」と「信用」だと思ってます。

・作り手が納得しないとお客さんも納得しない。
・時間が掛っても、赤字になっても、納得行くまで追求する。
・何処のSHOPさんに見せても恥ずかしく無い仕上がりにする。

ぶっちゃけブログなのでぶっちゃけた話し、
短時間で安く上げたいなら他のSHOPさんの方が良いと思います。

メカドックは工賃の安売りはしません!
配線の引き回し、配管の通し方、それもコダワリが有り純正のような仕上がりにします。

なので他のSHOPさんより取付や作業に時間が掛るからです。

「付けば良い」だけの作業は大嫌い!

見た目と次回の作業、整備性も考慮して取付ます。

もちろん「安全性」は最優先ですよ。(^^;
僕らはお客さんの「命」を預かっている仕事をしているんですからね!


さて、前説が長くなりましたが…

メカドックでイジった(チューン)部分はメカドックブルーに塗装します。
※勝手に塗るので工賃は請求しません。(^^;

まずは機械油をガソリン洗浄して落とします。

その後、ワイヤーブラシ、真鍮バフ、スクレッパーなどで汚れを落とし、バリ取りも行います。

更にガソリン洗浄し、シンナーで塗装前の脱脂。

昨日は雨が降っていたので塗装出来なかったので本日塗装します。

Date: 2017/07/30(Sun) 黒NA6ターボ、ウォッシャー詰まり D  
7794.jpg 汚れた水を入れ替える事3回。

端には少し汚れが残ってますが…

これだけ綺麗になれば十分でしょう♪

良い物みっけ♪♪(^^)


今度、リザーブタンクでも試して見たいですね。

Date: 2017/07/30(Sun) 黒NA6ターボ、ウォッシャー詰まり C  
7793.jpg タンク1/4ほど水を入れて買って来た物を入れて「フルフル」。

すると…

おおおおおおおお♪(@@;

外から見ていても汚れが取れて行く!




Copyright(C)2002 Mecha-Doc. All rights reserved. [Admin]
Based on - KENT -